事業 名古屋大学に関するニュース

地方創生時代の地域再エネ事業の旗手が集結!グリーンパワー全国サミット2017 in 東京

@Press / 2017年02月10日14時30分

経済産業省資源エネルギー庁は、再生可能エネルギー(以後 再エネ)の地域での事業化を生む人材育成を目的とした「まちエネ大学」を実施しています。この度、事業実施4年間の集大成として、地域で再エネ事業を行い活躍している事業者が集い、地方創生として再エネを活用する意義や可能性、「まちエネ大学」から生まれた地域発再エネ事業プランを発表する「グリーンパワー全国サミット [全文を読む]

「ICT活用による、サービスイノベーションとエリア魅力開発~情報おもてなし都市・なごやの創造~」松坂屋名古屋店×名古屋大学

PR TIMES / 2017年05月11日16時04分

松尾総長は、栄エリアをフィールドとした多彩な研究や事業を進め、名古屋の魅力開発に貢献していきたいとあいさつしました。今後、両者は広範な領域において、連携事業を進めていきます。 [画像2: https://prtimes.jp/i/25003/60/resize/d25003-60-232132-1.jpg ] 企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップ [全文を読む]

名古屋大発のスタートアップが「40年ぶりの革新」を興す

Forbes JAPAN / 2016年08月19日17時00分

伊藤毅が社長を務めるBeyond Next Venturesは16年、1億円の投資を行い、事業展開を支援している。伊藤は前職ジャフコ時代、CYBERDYNE、Spiberなどへの投資を手掛け、社外取締役として支援した経験を持つ。伊藤:出会いは、15年。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のテクノロジー・コマーシャライゼーション・プログラム(TCP [全文を読む]

WhiteFoxベンチャーズ株式会社がブリーズECig社の議決権株式の過半数を取得し新たな経営チームを発表

JCN Newswire / 2016年04月07日10時58分

「当社は事業を進めていくうえで、ビジネスに成功してきた二人の経営幹部を任命できて光栄である。WhiteFoxは、迅速に収益を上げて成長する可能性を秘めた魅力的なビジネスモデルを作り上げてきた。中野氏と阿部氏と共に、当社の大いに成功する未来を構築していくことを楽しみにしている。」CEO就任について、中野慎介氏は次のように語った。「我々はブリーズECig社の株 [全文を読む]

【情報処理学会主催】10月17日開催セミナー 「モバイル・クラウド時代を加速するIOT(Internet of Things)」のご案内

DreamNews / 2014年10月10日09時00分

本講演では、920MHz無線やマルチホップネット ワークの動向を解説し、OKIのM2M事業への取り組みを紹介します。講師:福永 茂(沖電気工業株式会社 シニアスペシャリスト)[11:20-12:10]セッション2:NTTドコモの取り組むM2M事業とIoTビジネスへの展望近年、さまざまなセンサやデバイスをネットワークにつなぐM2M(Machine to Ma [全文を読む]

日本式周産期医療をベトナムへ輸出 経産省プロジェクトに愛知の葵鐘会が採択

PR TIMES / 2013年08月19日12時06分

経済産業省の平成25年度「日本の医療機器・サービスの海外展開に関する調査事業」において、医療法人葵鐘(きしょう)会(愛称ベルネット、愛知県稲沢市、理事長:山下守)の「ベトナムにおける日本式周産期医療提供プロジェクト」が採択されました。安倍内閣の「三本の矢」の一つ「成長戦略」において、日本の質の高い医療が有望な輸出産業と位置づけられています。本プロジェクトの [全文を読む]

トヨタ・モビリティ基金、名古屋大学による「愛知県豊田市足助地区におけるモビリティ活用型モデルコミュニティの構築」の共同研究契約の締結

JCN Newswire / 2016年03月29日16時53分

本プロジェクトは、TMF設立以来4件目、日本国内においては2件目の支援事業となる。国内では、足助地区はじめ多くの中山間地域において過疎化、高齢化が進み、地域住民の買い物や通院など移動に不自由が生じるとともに、外出頻度の低下による健康寿命への影響や、医療・介護などへの財政負担の増加が懸念されている。このような状況において、名古屋大学未来社会創造機構では201 [全文を読む]

ヘルステックベンチャーFiNCと名古屋大学医学部発ベンチャーPREVENTが業務提携 ~中高リスク層向け重症化予防プログラムを強化~

DreamNews / 2017年03月29日14時00分

会社名 : 株式会社 FiNC 設立 : 2012 年 4 月 11 日 代表 : 溝口勇児 資本金 : 3,612百万円(資本準備金含む) 所在地 : 東京都千代田区有楽町1丁目12-1 新有楽町ビル 5階 URL : https://www.finc.com/ 〈提供サービスURL〉 ・ヘルスケアプラットフォームアプリ「FiNC」:https://f [全文を読む]

月面レースに挑む3人の経営者が、その先に見る宇宙ビジネスとは

Forbes JAPAN / 2017年02月22日15時30分

過去の宇宙事業はほとんどが国家プロジェクトです。資金は、国費や税金で賄われているため、安全かつリスクがないこと、つまり失敗しないことが大前提です。革新的な技術でも、検証されなければ使えない。許容できるリスクの幅が、民間企業と比べてどうしても狭くなってしまいます」 宇宙開発はこれまで公共事業だった。しかし、進歩のためには民間の力を使った方がいい。だから、袴田 [全文を読む]

【カンボジア】名古屋大学協力・酒の品質向上で、酒造農家の収入増を支援ーJICAカンボジア事務所

Global News Asia / 2015年07月22日09時00分

その技術を酒造農家に身に付けてもらおうと、両大学によるJICAの草の根技術協力事業「伝統産業の復興による農産物加工技術振興プロジェクト」が2010年12月から3年間、タケオ州にて実施されました。 事業では、104軒の農家を対象に、酒のカメやシートをきちんと洗うなど、衛生・品質管理を学ぶ基礎研修が行われ、さらに、高い品質の付加価値商品の製造・販売を目指す農家 [全文を読む]

体感!データドリブンマーケティングセミナー ユーザー目線で感じるリード獲得モデル~夏の旅行が決まるまで~ 2014年8月4日(月)開催のお知らせ

DreamNews / 2014年07月15日17時00分

ユーザー視点の重要性は理解しつつも、目標達成に追われ、つい事業者目線でWebサイト運営をしてしまう…今回のセミナーではそんな課題を抱えるマーケターの皆様とともに、「自分がユーザーだったらどうするか?」の視点に立ち戻り、ユーザーの思考や行動に基づくデータからメッセージを読み取り、アクションにつなげる方法を学びます。旅行サイトを中心としたユーザー行動をテーマに [全文を読む]

日商エレと名古屋大学、サイバーセキュリティ分野に関する共同研究を開始

@Press / 2017年03月01日11時00分

日商エレではマルウエア検体(※1)の取り扱いや運営方法に課題があり、名古屋大学では研究対象とする機材の調達が容易ではないため、それぞれ単独研究に制約がありましたが、今回サイバーセキュリティを注力事業とする日商エレの知見と名古屋大学の調査・研究手法の相乗効果をねらい、産学連携での共同研究に至りました。また、両者は技術協力だけでなく、セキュリティアナリストの [全文を読む]

クルマの自動運転、いまいち「盛り上がり」に欠けるワケ 高いハードルとリスク

Business Journal / 2015年09月11日06時00分

ZMPは、2001年に谷口恒社長が二足歩行の人型ロボット関連の研究を事業化するかたちでスタートした、ロボット開発のベンチャー企業だ。社名のZMPというのは、二足歩行ロボットの歩行実現において最重要な「ゼロモーメントポイント(動力学的な重心位置)」を意味する。 同社が自動車関連の事業を始めたのは、09年だ。実車の10分の1サイズで自動運転の実験車両を発表し [全文を読む]

産婦人科キャッスルベルクリニックが名古屋区西区にて新たに診療開始 医療法人 葵鐘会

PR TIMES / 2013年10月28日12時12分

----------------------------------------------------------------- 産婦人科キャッスルベルクリニック 院長 高橋 秀憲 先生 ☆略歴 2006年 福島県立医科大学 医学部卒業 福島県立三春病院 産婦人科 医員 福島県立医大 NICU 公立岩瀬病院 産婦人科 科長 福島県立医科大学 産科婦人科 [全文を読む]

ソフトバンク子会社SBドライブが「喋る無人運転バス」を実証実験開始!

clicccar / 2016年11月07日06時03分

今回の実証実検は、愛知県が実施している自動走行社会受容性実証実験事業の一部を「SBドライブ」が受託。アイサンテクノロジーやZMP、名古屋大学が開発した自動運転車に会話機能を搭載しています。 クラウドAI(人工知能)サービスなどに取り組んでいる「Cocoro SB」が無人タクシーを疑似体験できるアプリケーション「cocoro Drive(ココロドライブ)」 [全文を読む]

『知るカフェ』が商品プロモーション事業を開始 大学生のみが出入りするカフェを活用し、企業の新商品をPR

@Press / 2016年02月10日10時00分

『知るカフェ』の企画・運営を行う株式会社エンリッション(所在地:京都市上京区、代表取締役CEO:柿本 優祐)は、大学生が無料の飲料を飲みながら企業を「知る」ことができるカフェ『知るカフェ』で、企業の商品プロモーションを行う事業をスタートいたします。 『知るカフェ』: http://shirucafe.com/ 『知るカフェ』は企業からのスポンサー費用で運営 [全文を読む]

シリコン太陽電池の発電コスト低減に向けた新プロジェクトを始動「先端複合技術シリコン太陽電池プロセス共通基盤に関する研究開発」

@Press / 2015年11月11日17時00分

明治大学理工学部・電気電子生命学科 小椋 厚志 教授らの研究グループは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)による『高性能・高信頼性太陽光発電の発電コスト低減技術開発』事業における研究テーマ公募に対し『先端複合技術シリコン太陽電池プロセス共通基盤に関する研究開発』についての採択を受け、その取り組みを開始しました(期間:20 [全文を読む]

後発でも勝てる顧客構造の作り方「IPO企業にみる成長企業のビジネスモデル」セミナー“(株)ベクトル”に学ぶ「ナンバーワン事業の作り方」を5/20(水)解説

DreamNews / 2015年04月02日09時00分

【ご参加いただきたい方々】 1.IPOを目指している経営者・経営幹部の方 2.新規事業やベンチャービジネスに興味のある方 3.実在企業を通して実践的な事業戦略を学びたい方■開催概要 日時 2015年5月20日(水) 19:00-21:00 場所 田中八重洲ビル 2階会議室 東京都中央区八重洲1-5-15(http://www.kaigisurunara. [全文を読む]

環境にやさしい電気の共同購入をめざす会社「(株)生活クラブエナジー」の設立記念フォーラムを開催します。

PR TIMES / 2015年02月10日09時54分

生活クラブでは、2014年秋に再生可能な自然エネルギ―で発電した電気を供給する会社「(株)生活クラブエナジー」を設立し、2015年4月から生協等の事業所に電力を供給する事業をスタートします。さらに、2016年の電力小売自由化後に向けて、組合員家庭への電力供給事業の準備を開始しました。 このたび設立した“(株)生活クラブエナジー”と2013年度に策定した“生 [全文を読む]

消えた383億円 “グッドウィルの亡霊”テクノプロ上場に暗い影落とす、闇の買収劇

Business Journal / 2015年02月04日06時00分

技術者派遣・請負事業を行うグループ会社を統括、運営するテクノプロ・ホールディングス(HD)が、昨年12月15日、東京証券取引所の市場一部に新規株式公開(IPO)した。初値は1852円で、公開価格(1950円)を5%下回った。その後の高値は12月17日の2032円で、公開価格をようやく上回った。安値は上場初日の1799円である。 公募増資による新株発行は行わ [全文を読む]

フォーカス