工学部 名古屋大学に関するニュース

2014年ノーベル物理学賞受賞後初の著書!『天野先生の「青色LEDの世界」 光る原理から最先端応用技術まで』

PR TIMES / 2015年09月17日10時27分

1983年、名古屋大学工学部卒業、88年、名古屋大学大学院工学研究科博士課程後期課程単位取得満期退学。名古屋大学工学部助手、名城大学理工学部教授を経て現職。学部生時代から赤崎研究室に所属し、以降一貫して青色LEDの開発に取り組む。2014年、青色LEDを発明した業績に対し、赤崎勇博士、中村修二博士とともにノーベル物理学賞を受賞。同年文化勲章受章。 福田大展 [全文を読む]

ニチベイ 「2012年度日本建築学会大会」にて研究発表のお知らせ

@Press / 2012年09月06日11時00分

■開催概要 名称 :2012年度 日本建築学会大会 http://news-sv.aij.or.jp/taikai/2012/index.html 会期 :2012年9月12日(水)~9月14日(金) 会場 :名古屋大学 東山キャンパス(名古屋市千種区不老町) ■株式会社ニチベイ 研究発表概要 <講演内容> 『ベネシャンブラインドの冬季日射熱取得と断熱効 [全文を読む]

月面レースに挑む3人の経営者が、その先に見る宇宙ビジネスとは

Forbes JAPAN / 2017年02月22日15時30分

その後、名古屋大学工学部機械・航空工学科に進学した袴田にとって、大学は宇宙への足がかりとなるはずだった。しかし、袴田が気づいたのは、研究の多様性を阻害しかねない、「まじりあわない専門性」である。「宇宙に関する研究分野はかなり細かく細分化されています。構造、制御、流体力学、化学……。宇宙産業では、それら細かい専門領域で経験を積んだ人々が、最終的な設計判断をく [全文を読む]

ゴミの分別とはなんだったのか。日本人が騙されていた不都合な真実

まぐまぐニュース! / 2017年01月16日05時00分

筆者が『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』という本を執筆したきっかけは、名古屋大学工学部を卒業した技術者が筆者を訪れ、「先生、私はウソをつくために勉強したのではありません」と言った言葉が忘れられなかったからです。彼はある「リサイクル工場」に勤務していたのですが、分別されたものを引き受け「リサイクル証明書」を出し、工場の裏で焼却していたのです。そんなこと [全文を読む]

芝浦工業大学 次期学長に村上雅人教授を選出

@Press / 2014年11月27日10時30分

■次期学長 村上雅人(むらかみまさと)プロフィール 年齢:59歳 任期:2015年4月1日~2018年3月31日(3年間) (現 芝浦工業大学学長、工学部材料工学科教授) <略歴> 学歴 :東京大学工学系大学院博士課程修了 学位 :工学博士(東京大学) 専門分野 :材料科学 超伝導 本学在任期間:2003年4月 芝浦工業大学工学部材料工学科教授 2006 [全文を読む]

日常生活の問題をズバッと解決! 超実践的な数学思考を集めた『スウガクって、なんの役に立ちますか?』刊行

PR TIMES / 2017年01月23日13時31分

91年東京大学工学部教授、2001年同大学大学院情報理工学系研究科教授。2009年4月より明治大学 研究・知財戦略機構特任教授。2010年より科学技術振興機構(JST)CREST研究代表者。専門は数理工学。だまし絵や錯視の数学的研究も行っており、ベスト錯覚コンテスト優勝2回、準優勝2回。著書には、『不可能物体の数理』(森北出版)、『トポロジー』(朝倉書店) [全文を読む]

戸塚宏氏 男児置き去り事件に「父がいい教育施していた」

NEWSポストセブン / 2016年07月05日07時00分

名古屋大学工学部卒。1975年、沖縄海洋博記念「サンフランシスコ─沖縄単独横断ヨットレース」優勝。1976年、愛知県美浜町に戸塚ヨットスクールを開校。 ※SAPIO2016年8月号 [全文を読む]

『神経ハイジャック ― もしも「注意力」が奪われたら』発売! 飲酒運転以上の衝突リスク、20分の1まで視野低下、記憶が曖昧に…… 「ながらスマホ」のリスクと根本原因、その最新研究がわかる!

DreamNews / 2016年06月22日14時00分

マット・リヒテル(著)、小塚一宏(解説)、三木俊哉(訳) 四六判ソフトカバー 544頁 定価:2,400円+税 ISBN978-4-86276-214-9 2016年6月21日(火)発売【解説者】 小塚 一宏(こづか・かずひろ)氏愛知工科大学教授(工学部情報メディア学科)。名古屋大学大学院工学研究科修了(工学博士)。専門は交通工学。(株)豊田中央研究所にて [全文を読む]

これまで独学で学ぶしかなかった!英語論文の読み方をわかりやすく解説

PR TIMES / 2016年03月25日11時48分

西山聖久(にしやま・きよひさ) 名古屋大学工学部工学研究科講師。工学博士。2003年に早稲田大学理工学部卒業、2008年英国バーミンガム大学機械工学科博士課程終了。株式会社豊田自動織機を経て、現職。専門は工学分野を中心とした高等教育の研究(とくに英語教育、留学生教育、創造性教育など)。 【書籍概要】 書 名:『理工系なら必ず知っておきたい 英語論文を読み [全文を読む]

後発でも勝てる顧客構造の作り方「IPO企業にみる成長企業のビジネスモデル」セミナー“(株)ベクトル”に学ぶ「ナンバーワン事業の作り方」を5/20(水)解説

DreamNews / 2015年04月02日09時00分

2012年グロービス経営大学院大学入学 経営研究科 経営専攻 -前川 和也 <経歴> 2001年名古屋大学工学部卒業後、日本テレコム(現、ソフトバンクテレコム)にて技術力を背景にプロジェクトマネジメントなど担当。 その後、大手ISP会社でサービス企画業務に従事。2012年MBA取得後、ネットサービス系のビジネスを創業。現在はベンチャー系IT企業にて新規事 [全文を読む]

フォーカス