現在 西城秀樹に関するニュース

BOYS AND MEN ニューアルバム発売記念イベントが大盛況

dwango.jp news / 2016年12月14日10時38分

現在東海地方、東南アジア含め歌・ダンス・芝居だけでなくミュージカルなどもこなし大活躍中のボイメン。 2015年2月には日本ガイシホールでの1万人ライブも成功させ、2016年オリコンデイリーランキング シングル3作連続1位獲得し、第58回日本レコード大賞 新人賞を受賞した名古屋発、エンターテイメント集団BOYS AND MENは、今最も勢いのあるグループの一 [全文を読む]

芸能活動45周年の集大成。『THE45 西城秀樹デビュー45周年フォトエッセイ』が本日(9月15日)取次搬入です。

DreamNews / 2016年09月15日17時00分

往年のアイドルとして絶大な人気を誇り、ボーカリストとしての評価も高く、現在も旺盛な活動を続ける西城秀樹。 近年では、二度の脳梗塞からの復活など、波乱万丈だが、前に向かって全盛期と変わらない歌声・声量で、年間に100回近くのステージに立つ。 あの日のヒデキがここにいる! 僕が「恋する季節」でデビューしたのは、1972年。16歳のとき。それ以来、芸能界の第1 [全文を読む]

「紅白歌合戦とジャニーズ事務所」の歴史に田原俊彦が残した功績

ソーシャルトレンドニュース / 2015年12月28日15時00分

同じ事務所からの大量選出に批判的な声もあるが、事務所設立から53年間の紆余曲折を経て、現在の地位を勝ち取ったことは忘れてはならないだろう。ジャニーズ事務所は、設立当初から紅白歌合戦を席巻していたわけではない。初出場は1962年の事務所設立から3年後の65年、あおい輝彦など4名で構成されていた「ジャニーズ」が成し遂げた。ただし、ジャニーズの出場はこの1回きり [全文を読む]

テリー伊藤対談「西城秀樹」(1)8年ぶりの新曲は僕そのものですね

アサ芸プラス / 2015年05月07日09時55分

右半身の麻痺と一部言語障害が残るもステージに復帰し、現在もその熱唱で多くの観客を沸かせている。今年の4月13日に還暦を迎え、同日に記念アルバム「心響─KODOU─」を発表した。 約8年半ぶりの新曲を加えた“還暦記念アルバム”がオリコンデイリーのCDアルバムのランキングで3位に輝いた西城秀樹。2度の脳梗塞を経験しながら60歳にしてみごとな記録を打ち立てた男の [全文を読む]

「DREAMS COME TRUE」吉田美和を祝福した元メンバー・西川隆宏の現在

サイゾーウーマン / 2012年04月01日08時00分

※画像は『LOVE CENTRAL』(NAYUTAWAVE RECORDS)【関連記事】・あの王子様はいま? 渋谷系アーティストたちの現在を大捜査・理想を追求しすぎたのか...... 芸能界から解放された高樹沙耶の現在・「秀樹、感激~♪」を封印し、意外性を打ち出している西城秀樹の現在 [全文を読む]

「待たされてばかり…」森昌子がチクリと嫌味を放った“永遠のスター”

アサジョ / 2017年05月29日07時15分

「花の中3トリオ」と呼ばれた山口百恵、桜田淳子らとの現在の交流を聞かれ「何年か前に体調を崩してお休みした時に、百(恵)さんとか淳ぺい(桜田)からメールとかお手紙が来たり、という程度」「時々、ふっとメールが入ったりするとすぐにその瞬間に戻れる。戦友ですね」と明かし、スタジオと視聴者を和ませた。 ところが、森と同時期にデビューし現在も活躍する“スター”に対して [全文を読む]

中居正広 「舞台に立ち続ける」脳梗塞リハビリ中の西城秀樹の姿に感動

Smartザテレビジョン / 2017年05月20日11時57分

現在はリハビリ中でテレビ番組の出演を控えていた。しかし、芳村真理のリクエストに応え、今回特別に『金スマ』に出演。歩く姿はゆっくりなものの「ヒットスタジオぶりだよね」と芳村との30年ぶりの再会を懐かしみ、当時の西城の映像を見ながら「髪長いな〜(笑)」と会話に花を咲かせていた。西城は昨年70回のライブを行い、今でも積極的に公演を行っている。「舞台に立ち続けるの [全文を読む]

相本久美子が歌手活動再開 秘蔵カットと共に意気込みを披露

NEWSポストセブン / 2016年07月14日07時00分

現在では当たり前のようになっている“マルチタレント”という存在。相本久美子(58)はその先駆者だった。 「アイドルは歌手か役者という選択肢しかなかった1970年代に相本さんはバラエティに進出。『TVジョッキー』でのミニスカート姿と臨機応変な対応ぶりが印象的でしたね。美貌とスタイルの良さに加え、ファンの間では、イニシャルとかけて『IQ』と呼ばれる知的さを兼ね [全文を読む]

歌手の西城秀樹さんが登場!~「2度の脳梗塞を乗り越え、生まれ変わった自分を見て」~特集◎退院マニュアル「病院の退院前後でやるべきこと」

PR TIMES / 2016年03月24日10時44分

◎月刊介護情報誌『あいらいふ』 現在、お試し購読キャンペーン中! ≪発送手数料無料≫ http://i-life.net/lp01/企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

鼠先輩、月収1千万の芸能人から事業家転身していた!AV男優疑惑と裏営業を激白

Business Journal / 2016年03月24日07時00分

その後、一度は“引退”を宣言するも、現在は東京・新宿の飲食店「新宿ネズミーランド」に勤務しながら、今でも鼠先輩として活動を続けている。デビューと同時に大ブレイクしメディアから引っ張りだことなるが、やがて姿を消す――。ありがちな一発屋芸人のストーリーかもしれないが、鼠先輩は「もともと芸能界に夢なんて抱いてなかった」と語る。 鼠先輩はデビュー当初から芸能プロダ [全文を読む]

テリー伊藤対談「西城秀樹」(2)病を感じさせない歌声がすごいね!

アサ芸プラス / 2015年05月07日09時56分

テリー 現在、「同窓会コンサート」でも頑張られているみたいですけど、どうですか、体調のほうは。西城 まあまあです。「同窓会コンサート」は年間70本ぐらい。それプラス、自分自身のソロコンサートも4、5回やってて。まあ、リハビリだと思ってやってます。テリー でも、歌を聴く分には病気のことなんか、まるで感じさせないもんね。これがすごいよ。西城 まあ、これは神様が [全文を読む]

ちゃんと読める? 広島カープ選手の歴代「珍名字」ベスト9【ザ・ギース尾関しらべぇ】

しらべぇ / 2015年02月23日17時00分

1 梵 2 下水流 3 千代丸 4 銭村 5 苫米地 6 井生 7 鞘師 8 鈴衛 9 畝 いかがでしょうか? 現役の「梵」(そよぎ)選手はもちろんみなさんご存知かと思いますが、他の選手で自信を持って読める人がどれだけいるでしょうか? 「カープの西城秀樹」でおなじみ、現在は分析兼ピッチングコーチの「畝(うね)」さんも読めない方がほとんどだそうです。 ■珍 [全文を読む]

星野源、KCO、桜井和寿――ミュージシャンを襲う脳疾患の恐怖

日刊サイゾー / 2013年01月02日09時00分

手術は成功し、現在は会話等を行えるほど回復しているという。 「星野さんは今、サブカル系では一番人気と言っていい人ですからね。当初は『病状は重い』という情報も出ましたが、結果的にそれは間違っていたようです。早期発見で手術も成功し、後遺症なども残らない見込みと聞いています」(音楽雑誌編集者) 昨年には小室哲哉の妻で、globeのボーカルを務めるKCOも、同様に [全文を読む]

イケメン好き眞鍋かをり 対抗方法は「30代で車を持つ」

NEWSポストセブン / 2012年12月21日16時05分

現在40歳の鈴木氏。この企画は、「昔はクルマを持っていればモテたが、今の若者たちは果たしてどうなのか」という氏の素朴な疑問から始まったといい、「モテギャルちゃん」をめぐる「クルマを持っているモテない君」、「クルマを持っていないモテモテ君」との対決。対決方法は、それぞれがモテギャルちゃんに3日間のデートプランを実行。判定はその後おこなうというもので、クルマ [全文を読む]

【テレビの開拓者たち(11) 玉井貴代志】ベテラン放送作家が教える「テレビマンに必要な資質」

Smartザテレビジョン / 2017年05月04日06時00分

5月6日(土)放送の「昭和歌謡パレード」(BSフジ)では監修を手掛けるなど、現在も現役で活躍し続けている玉井氏に、放送作家として心掛けていることやこだわりなど、テレビ番組作りにかける思いを語ってもらった。■ 台本って、リズム感とかテンポが一番大切なんだ──玉井さんが放送作家として初めて手掛けられた番組は?「最初にコントの台本を書いたのが、『ハッチャキ!!マ [全文を読む]

女性にもいる!へそ周り毛・ギャランドゥがある人たちの苦悩

しらべぇ / 2017年04月19日05時00分

(ilona75/iStock/Thinkstock)西城秀樹のヒット曲である『ギャランドゥ』だが、現在では「へそ周辺の毛」を示す言葉として定着している。しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,332名に「ムダ毛について」の調査を実施。「ギャランドゥ(へその下の毛)が生えている」と答えたのは、全体で26.1%であった。■20代から30代の女性にもギャ [全文を読む]

ユニークな選曲や行進曲のイメージじゃない曲も!? センバツ高校野球 入場行進曲の歴史

日本タレント名鑑 / 2017年03月17日08時55分

最後に、早くも来春のセンバツの入場行進曲を、もし現在までに発売された曲の中から選ぶとすると…。まだ2ヶ月半ですが、NHK朝ドラの主題歌にもなっているMr.Children『ヒカリノアトリエ』などはイメージにピッタリじゃないでしょうか。 文/田中裕幸 [全文を読む]

「芸能界の都市伝説」これが真相だ!<黄金アイドルの暴走篇『泥酔した小泉今日子が代官山に「落ちている」?』>

アサ芸プラス / 2017年03月01日12時57分

さて現在、バラエティで再ブレイク中の森昌子は、かつて「アグネス・チャンの影武者を務めたことがある」という。いったい、どういうこと?「ものまねじゃなく普通の歌番組で、アグネスと2人でイタズラをやろうという話になりまして。アグネスの歌の番の時に、私がマイクを持って隠れていて、アグネスは口パクで、私が代わりにフルコーラス歌いました」 誰にも気づかれず、あとでス [全文を読む]

四人囃子が『一触即発』で示した欧米に劣らない高品質な日本のロック

okmusic UP's / 2017年01月25日18時00分

現在、絶版となっているBOXセット『From the Vaults』『From the Vaults 2』から厳選した楽曲をリマスタリングされている他、代表曲「一触触発」「おまつり(やっぱりおまつりのある街へ行ったら泣いてしまった)」の“alternate version”を初収録。また、未発表のライヴ映像も豊富に収められており、ファン垂涎のアイテムと言え [全文を読む]

「懐かしのアイドル」としてSMAP紹介、『ベストヒット歌謡祭』にファン怒り心頭!

サイゾーウーマン / 2016年11月19日08時00分

秋の特番で収録に参加したようで、その際に中居はお客さんに対して『途中で周りがごちゃごちゃしちゃったから』と、舞祭組のアルバムが進展していないことを謝罪したとか」(同) Kis‐My‐Ft2のマネジメントを手がけていたSMAPのチーフマネジャー・飯島三智氏が退社したこともあり、舞祭組の音楽活動は実質的に消滅している現在。SMAPメンバー、Kis‐My‐Ft2 [全文を読む]

フォーカス