二刀流 宮本武蔵に関するニュース

「文系学部廃止」騒動の真相から、文系の知が本当に役に立つ論拠、さらに、大学改革への提言までを含めた画期的論考を緊急出版。吉見俊哉著『「文系学部廃止」の衝撃』を集英社新書より2月17日(水)に刊行!

DreamNews / 2016年02月17日10時00分

――「あとがき」より■集英社新書『「文系学部廃止」の衝撃』 [著者] 吉見俊哉(よしみ・しゅんや)[発売日] 2016年2月17日(水)[定価] 本体760円+税[ISBN] 978-4-08-720823-8[WEBサイト] http://shinsho.shueisha.co.jp/【目次より】第一章 「文系学部廃止」という衝撃1.瞬く間に広がった「文 [全文を読む]

宮本武蔵 生涯無敗伝説の裏で一揆衆の「投石作戦」に完敗

NEWSポストセブン / 2017年03月29日16時00分

青年期に各地を遍歴して腕を磨き、「二刀流」を編み出した。生涯で60戦以上を闘い無敗だったとされる。晩年は熊本・細川藩に客分として仕えたとされるが東京大学史料編纂所教授の山本博文氏は武蔵に「敗北」があったのではと指摘する。 * * * 二刀流を使う生涯無敗の剣豪で、「巌流島の闘い」では宿敵・佐々木小次郎を一刀で打ち倒した──多くの人が持っている宮本武蔵のイメ [全文を読む]

宮本武蔵役の木村拓哉 高倉健、勝新の逸話に「背筋伸びる」

NEWSポストセブン / 2014年03月01日07時00分

二刀流」+袴と草履で殺気をまとった木村の佇まいは、まさに剣豪・宮本武蔵そのもの。 自身初となる京都撮影所では、長年時代劇を支えてきた多くのスタッフや役者陣に支えられながら、作品が作り上げられているという。その魅力について、木村は緊張感を漲らせながらこう語る。 「健さん(高倉)の時はこうやった…勝さん(故・勝新太郎さん)の時はこうやった…憧れてきたかたた [全文を読む]

宮本武蔵「流派をもつ剣術をまともに学んだ史実ない」と歴史家

NEWSポストセブン / 2013年03月11日16時01分

二刀流”は武蔵の代名詞である。 『宮本武蔵大辞典』(新人物往来社)を纏めた歴史家、加来耕三氏が語る。 「武蔵が左利きであったことは、彼の描いた絵の鑑定から明らか。二刀流で武蔵を超える剣士はついに出てこない。自らの利点を生かした戦法を編み出すところに天賦の才を感じます」 「五輪書」や武蔵の養子・伊織が承応3年(1654)に記した「小倉碑文」などの記述によれ [全文を読む]

【著者に訊け】木下昌輝氏 『敵の名は、宮本武蔵』

NEWSポストセブン / 2017年03月02日16時00分

【著者に訊け】木下昌輝氏/『敵の名は、宮本武蔵』/KADOKAWA/1600円+税 二刀流、とはいっても、あの大谷クンではない。その元祖代名詞的存在、宮本武蔵玄信、幼名弁助が、本書の主人公たちの、さらに敵役という趣向である。 木下昌輝著『敵の名は、宮本武蔵』は、弱冠13歳で有馬喜兵衛を破って以来、約60戦全てに勝利したとされる武蔵に、討たれた側の物語。先述 [全文を読む]

眼魔のせいでテレビが壊れた!? 『仮面ライダーゴースト』の演出に“BGM・効果音の大切さ”を痛感…

おたぽる / 2015年11月16日23時00分

「ムサシゴースト眼魂」をベルトに装填すれば、剣豪と知られる宮本武蔵に倣って二刀流戦法が得意になる「ムサシ魂」フォームになるなど、各偉人たちの特徴を上手く捉えている作品となっている。また、「決闘! ズバッと! 超剣豪!」「エレキ! ヒラメキ! 発明王!」といった、なぜかラップ調の変身音も「シュールだけどインパクトがある」となかなか好評だ。 そんな中で放送され [全文を読む]

吉田弓美子 秘技“二刀流”で逆転女王を狙う!?

ParOn.(パーオン) / 2013年11月06日17時38分

「とりあえず、二刀流ですかね(笑)」 といいながら、宮本武蔵風のポーズをとってくれた吉田。とはいえ、賞金ランキングトップの森田理香子とは約3500万円差の5位と逆転賞金女王も不可能ではない。それを占う意味でも、ノーマルパターの活躍が期待されるところだ。文・山西英希 [全文を読む]

龍馬、武蔵…他 「銅像巡礼」の醍醐味を歴史好き写真家語る

NEWSポストセブン / 2012年06月27日07時00分

二刀流の祖”宮本武蔵(銅像右)は、江戸初期の剣術家。29歳頃まで諸国を歴遊し、60回戦って無敗であったという武勇伝が残る。この銅像の立つ巌流島の戦いは歴史に刻まれる名勝負。剣法“つばめ返し”を編み出した剣術家・佐々木小次郎(銅像左)を破った決戦は伝説化され、後世の演劇や大衆文学の好題材となった。今年は巌流島の戦い400周年に当たる。 【プロフィール】 [全文を読む]

【バッチリーミナー!】仮面ライダーゴースト 10月4日のテレビ第1話放送に先駆けスペシャルムービー公開

PR TIMES / 2015年09月01日12時53分

剣の達人・宮本武蔵なら二刀流剣術、トーマス・アルバ・エジソンなら電気と閃き、アイザック・ニュートンなら引力と、それぞれの英雄・偉人にまつわる力を身にまとった姿に変身する。 基本フォーム「オレ魂」の必殺キックも炸裂!変身フレーズは『レッツゴー!覚悟!ゴ・ゴ・ゴ!ゴースト!』。■ 『仮面ライダーゴースト』のストーリーについて主人公の天空寺タケルは、一度命を失っ [全文を読む]

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(24)「生き方が画面に出る」と自分を律し続けた

アサ芸プラス / 2015年02月02日09時57分

高倉も「宮本武蔵 二刀流開眼」(63年、東映)など何作か共演。年齢は高倉のほうが上だが、役者の格は錦之助のほうが上回る。 そんな2人の共演で持ち上がった企画が「日本侠客伝」(64年、東映)だった。当初は錦之助が主演のはずだったが──、 「時代劇で過ごしてきた錦ちゃんは、極道の映画ということに抵抗がある。そこで健ちゃんが主演に代わったんだけど、そういう時代の [全文を読む]

キムタク武蔵、破れたり!「テレ朝シフト」失敗で大ピンチに…

アサ芸プラス / 2014年03月27日09時59分

武蔵ならではの二刀流もマスター、いかに全力投球したかを熱っぽく語った。 だが、数字は伸びなかった。 「金と時間をふんだんにかけて、及第点といわれる15%超えもなかったとあって、テレビ朝日もガックリです。確かに時代劇で視聴者が限定されたこともあるし、2夜連続の前後編放送というハンデはあった。過去17年間の連ドラで、視聴率20%を割ることがなかった『数字を持っ [全文を読む]

フォーカス