弟子 宮本武蔵に関するニュース

宮本武蔵に挑んだ、7つの「勝敗を超越した勝負」とは?木下昌輝氏最新作『敵の名は、宮本武蔵』2月25日(土)発売!

PR TIMES / 2017年02月25日10時37分

武蔵を題材にした作品は無数にありますが、例えば、一人で武者修行の旅に出ていたことは描かれても、「大勢の弟子を引き連れた」という史実は、ほとんど扱われてきませんでした。本作は、吉岡憲法や佐々木小次郎など7人の敵(=敗者)から見る武蔵像という新たな視点で、読みごたえのあるエンターテインメントとして描き上げた、著者渾身の歴史小説です。■『敵の名は、宮本武蔵』につ [全文を読む]

【著者に訊け】木下昌輝氏 『敵の名は、宮本武蔵』

NEWSポストセブン / 2017年03月02日16時00分

例えば武蔵が常に弟子を連れて試合をしていたのは文献にもある事実で、それを1対1の勝負として描くエンタメの方程式を、僕は凄い発明だと尊敬する一方、元に戻してもみたかった。そこで斬られる側に視点を移してみると、弟子といる武蔵に挑む人だって十分カッコよく見えたんです」 [全文を読む]

宮本武蔵 生涯無敗伝説の裏で一揆衆の「投石作戦」に完敗

NEWSポストセブン / 2017年03月29日16時00分

決闘の際、立会人を務めた沼田家に伝わる『沼田家記』には「勝負に敗れ気絶した後、蘇生した小次郎を武蔵の弟子達が皆で打ち殺した」という異なる結末が残されている。 とはいえ、脚色はあるにせよ巌流島での決闘は事実であり、晩年の武蔵が熊本藩に客分として身を寄せていたことから、実際に高名な兵法家であったことは間違いないだろう。そんな武蔵の事跡を語る史料の中に、ある合戦 [全文を読む]

約400年前、2度の大地震のあと宮本武蔵は熊本へ移住していた!復興の度に強く生まれ変わってきた熊本への移住を宇梶剛士さん扮する宮本武蔵がアツく勧める『くまもと移住前夜・宮本武蔵』 本日公開。

PR TIMES / 2017年02月15日14時12分

送別会に出席しているのは武蔵の他に、武蔵の弟子の宮本伊織や佐々木小次郎たち(巌流島の決闘で佐々木小次郎は死んでなく、仲良くなったという設定なのです)がいます。物語は、武蔵の送別会をコミカルに描いていきますが、ラストに別れのシーンで、武蔵が熊本に行く本当の理由を語ります。約400年前にも熊本では2度の大地震があり、武蔵が移住したのは、そのあと。[画像1: h [全文を読む]

宮本武蔵「流派をもつ剣術をまともに学んだ史実ない」と歴史家

NEWSポストセブン / 2013年03月11日16時01分

このとき、吉岡門弟数百人が弓矢を持って武蔵を襲おうとしたのだが、この企みを事前に知った武蔵は自らの弟子の加勢を得ることなく、一人で打ち破ったとされる。 こうした数々の伝説は、創作ではないかという指摘も一部であるが、「ルール無用の殺し合いという実戦では、相当強かったというのは間違いない」と、加来氏は指摘する。 「実は武蔵が流派を持つ剣術を、教えを受けてまとも [全文を読む]

どんな場面でも最高のパフォーマンスを発揮するために[本は自己投資! 第3回]

Forbes JAPAN / 2016年08月24日19時00分

ジョッシュの師匠は、弟子にパンチを教えるとき、よく「お茶を注ぐのと同じように」と言うそうだが、もしお茶を注ぐようかのようなごく自然な所作で突然、強烈なパンチが繰り出されてきたとしたらどうだろう? もちろん答えは明らかだ。避けきれるわけがない。おそらく我々はそれがパンチだったということにすら気がつかないまま昏倒するだろう。武術の達人にとっては、1秒にも満たな [全文を読む]

俺の趣味! 第5回 藤原喜明 陶芸を語る!「趣味を極めるにはしつこく執念深い性格が求められる。俺みたいに(笑)」

週プレNEWS / 2014年11月13日15時00分

さる人間国宝の陶芸家のお弟子さん夫婦がうちに来てさ、いろいろ作品を見てもらったの。取っ手の部分がオチン●ンになってる急須を奥さんが見て「これがいいわ!」なんて言ってさ。旦那さんは「君は伝統に縛られず自由に作れていいなあ……」なんてつぶやいてたね(笑)。 でも、東日本大震災以降、陶芸はちょっとお休み中なんだよ。原発事故があったでしょ。原料の土も、それを燃やす [全文を読む]

フォーカス