解説 宮本武蔵に関するニュース

気鋭の作家、波多野聖が推す「私を世界的資産運用者にした本」12選

Forbes JAPAN / 2017年02月08日17時00分

死の直前まで「学びひたり」「教えひたる」ことに向き合い続けた真の教育者のことばを選りすぐって解説。親として子どもに、上司として部下に、どういう姿勢で向かっていくかという示唆を与えてくれる。11.『吉原御免状』隆 慶一郎(著)/新潮文庫/¥767江戸の吉原を舞台に展開する時代小説。宮本武蔵に育てられた主人公・松永誠一郎を中心とした剣戟、歴史の影に迫る物語の魅 [全文を読む]

2016年チェリー人気記事ベスト10

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月28日18時51分

15回を数えた連載は、毎回、各局の歴史を遡ったり、ドキュメンタリー、ニュースといったジャンルごとに魅力を解説したり……といった形式ですが、最も見られたのは、第5回「さらばNHK」。「NHKバラエティ」「NHKクオリティ」という2つの言葉を使って、褒めるべきところは褒め、改悪には容赦なくメスを入れていきます。イギリスの公共放送との違いや“若者のテレビ離れ”の [全文を読む]

新ドラマでも 「大森南朋は目を細めたら悪役」の法則

NEWSポストセブン / 2016年09月28日07時00分

役者陣は、この2人以外にも演技派が揃っているが、時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんは、大森南朋、菜々緖の演技の意外な見どころについて解説する。 * * * WOWOWの『連続ドラマW ふたがしら2』 が初手から飛ばしている。 パート1では、「脅さず、殺さず、汚ねえ金を根こそぎいただく」掟を守る赤目一味の盗賊弁蔵(松山ケンイチ)と宗次(早乙女太一)が [全文を読む]

高橋李依&堀江由衣が続投決定で早見沙織も追加!“えこひいき”された中田譲治は退場に【まほプリ(ほぼ)全話レビュー】

おたぽる / 2016年06月08日19時30分

背中の甲羅が光って割れたかと思うと、8頭身のイケメンに変身! 戦いを見守るバッティ(声:遊佐浩二)が、「ドクロクシー様が特別に与えたという力」と解説しており、実はガメッツが“えこひいき”されていたことも明かされる。16話で散ったスパルダさんの変身とは差がありすぎ、スパルダさんがちょっと不憫になってきた……。 [全文を読む]

巌流島に行かず武蔵を作り吉良邸から泉岳寺を歩かず忠臣蔵を語る三流

まぐまぐニュース! / 2016年02月23日03時10分

巌流島や忠臣蔵を巡るエピソードを交えながらわかりやすく解説してくださっています。 まず行く行動力 私の生まれ育った場所は、福岡県北九州市の門司港という場所で、山口県下関市と関門海峡を挟んだ場所にある、九州の玄関口とも言える場所です。 この関門海峡には、多くの日本人がよく知る、とても有名な歴史的な場所があります。それは、「巌流島」です。宮本武蔵と佐々木小次郎 [全文を読む]

宗教がわかれば一気に世界が見えてくる!『これだけは知っておきたい!日本人のための世界の宗教入門』世界で起きていること、そしてニュースのウラ側が面白いほどよくわかる

DreamNews / 2016年02月04日10時00分

そこで、高校・大学時代からヒンドゥー教、仏教、キリスト教など諸宗教に関心を持ち続け、宗教関連の著書も多い、ご存じ齋藤孝明治大学教授が、に、キリスト教、イスラーム、仏教からユダヤ教、ヒンドゥー教に至る、世界の主要な宗教のポイントを解説したていただいたのが本書です。たとえば、ルターらによる宗教改革の日本に対する意外な影響。あるいは、キリスト教、イスラーム、ユ [全文を読む]

【「江戸検」過去問】 遠山の金さんが騎馬できなかった病気

NEWSポストセブン / 2012年05月17日07時00分

※週刊ポスト2012年5月25日号 【関連ニュース】【「江戸検」過去問】 天皇から「従四位」授かった動物は?古き良き江戸落語を今に伝える通好みの本格派・五街道雲助江戸時代の大ヒット本は中国の性書や欧州の性知識網羅する艶本新羽田空港に宮本武蔵直筆掛け軸とゆるキャラ「しろたん」江戸文化研究家 40代以上女性は“婆”と呼ばれていたと解説 [全文を読む]

石田純一 松任谷由実を聞いて「夢が持てる音楽だ」と感じた

NEWSポストセブン / 2012年04月30日16時00分

音楽評論家の湯浅学さんは、1970年代初めにユーミンが登場してきたことの意味をこう解説する。 「それまでのフォーク系の女性アーティストが歌うのは、ものすごく個人的なことか政治的なことばかり。歌い方も学生時代のコーラス部の延長のようでした。そこにまったく新しい世界を持ち込んだのがユーミン。私は高校2年生のときに、ラジオで『ベルベット・イースター』を聴いたのが [全文を読む]

フォーカス