写真集 安倍なつみに関するニュース

“ビリギャル”石川恋のエロボディに「偏差値高すぎ!」安倍なつみには「25歳がピークだった?」と嘆く声も

おたぽる / 2016年02月11日12時00分

今月29日に発売予定の、石川恋1st写真集『LOVE LETTERS』(集英社)。先月25日に情報解禁&予約受け付け開始されて以来、表紙で見せる胸の谷間も露わな石川のセクシーな姿が、「エロ偏差値高すぎ!」「1カ月も待てない!」と、ファンの期待を膨らませているようだ。 「石川は13年に発売された書籍『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合 [全文を読む]

闇に葬り去られた「発禁本・発禁マンガ」(1)宮沢りえ、安倍なつみ、浅田真央…

アサ芸プラス / 2016年05月02日09時58分

藤田側の要求が認められて写真集は販売されなかったが、一部が出回り、プレミア価格となる。○「ナッチ」「陽光」「ALBUM1998-2003」安倍なつみ いくつもの詩集や写真集に掲載された詩が、小室哲哉やaikoなどの盗作であることが発覚。あべは「自作の詩と区別がつかなくなって」と謝罪したが、紅白辞退などに発展。○「20XX TOKYO」 青山霊園でゲリラ撮影 [全文を読む]

“佐野って“しまった芸能人4人!! パクリまくりで悲惨な末路!?

tocana / 2015年09月09日09時00分

写真集『ナッチ』(ワニブックス)、エッセー集『安倍なつみフォト&エッセイ 陽光』(竹書房)などで発表した詩が歌手のaikoやYUKIの歌詞と類似していたためだ。これについて、事務所側は安倍に盗作があったことを認めている。もとより安倍は良かったと思う歌詞をノートに書き留めており、創作の参考にした結果、人の詩やフレーズに勝手に手を加えた形で発表してしまったとい [全文を読む]

加護亜依だけじゃない! モーニング娘。OGたちの結婚事情がことごとくヤバい

tocana / 2016年08月19日08時00分

過去に出版した写真集や詩集に掲載されていた自作詩が、小室哲哉やaikoなどの歌詞の一部であることが発覚。安倍は「自作の詩と区別がつかなくなって」と謝罪したが、安倍、後藤真希、松浦亜弥の3人ユニットである“後浦なつみ”として出場が決まっていた紅白歌合戦を辞退するにまで発展してしまった。■保田圭 本人のトラブルではないが、保田圭の父が失踪したという事件もあった [全文を読む]

いい写真には撮られた本人すら気づかぬ微妙なエロスがある

NEWSポストセブン / 2016年05月17日07時00分

写真家・野村誠一氏は、宮沢りえ55万部、南野陽子42万部、西田ひかる40万部などベストセラー写真集を連発してきた。ウィーンで行なわれた西田ひかるの撮影エピソードもスケールが大きい。 「年末のクリスマス特集を雪景色で撮りたいねという話になったんです。ちょうどその時、ウィーンで雪が降っているというニュースがテレビ画面に流れていたので、すぐにチケットを手配して3 [全文を読む]

安倍なつみのDカップがあわや…!“宿敵”後藤真希に対抗心むき出し?

アサ芸プラス / 2015年12月19日09時59分

事の発端は、安倍が先月発売した3年ぶりの写真集「Finの人」。北欧ロケの豪華版だが、中身はDカップバストが見えそうなアンダーウェア姿で、かつてないほど肌見せの限界に挑戦している。これが、この秋にファッション誌「Numero TOKYO」でドレッシーな妊婦姿を披露した後藤を意識している、ともっぱらの噂なのだ。「格調高いファッション誌を妊婦姿披露の場に選んだ [全文を読む]

安倍なつみ、最新写真集が発売前から話題に! “セクシーなっち“にファンの期待大

メンズサイゾー / 2015年11月12日10時00分

(以下、モー娘)の安倍なつみ(34)が、約3年ぶりとなる写真集『Finの人』(ワニブックス)を14日にリリースする。 発売中の雑誌「FLASH」(光文社)では、「34歳完熟フェロモン」とのキャッチと共に最新作の一部を公開。フィンランドで撮影されたという作品で、極小ショートパンツをはいて胸の谷間をあらわにしたショットや、黒の下着を身につけてベッドの上で横たわ [全文を読む]

元モー娘。の安倍なつみ、変わらぬルックスに絶賛の声

メンズサイゾー / 2014年01月17日09時00分

とはいえ、昨年写真集『Subway』(ワニブックス)を発売した際には、黒ビキニやキャミソール姿で巨乳を披露し『大人の色香がムンムン』『意外とエロい』とネット上を賑わせるなど、セクシーな一面も垣間見せています。最近はテレビの露出が少ないものの、ミュージカルや舞台を中心に活動しており、モー娘。時代より歌も演技も上達しているという声も聞こえてきます。現在、交際が [全文を読む]

益若つばさの“パクリ騒動”周囲の責任は? モー娘。安倍なつみの盗作騒動を回顧する

日刊サイゾー / 2016年12月26日13時00分

「2004年ごろ、安倍が、写真集やエッセイ集、自身のラジオで披露した“自作詩”が、歌手のaikoやYUKIの歌詞に酷似していると話題になりました。指摘を受け、安倍は『素敵だと思ったフレーズをノートに書き留め、作詞時に参照とした』と釈明し、盗作を認め謝罪しています」(業界関係者) 安倍はもともと、aikoやYUKIのファンで知られる。悪意のある盗作ではなく [全文を読む]

芸能記者が明かす、益若つばさ“ブランドロゴ盗作”より波紋呼んだ「芸能界パクリ騒動」

サイゾーウーマン / 2016年12月20日11時45分

安倍は1999年発売の写真集『ナッチ』(ワニブックス)など複数の出版物や自身のラジオ番組内で、aikoや小室哲哉が作詞したものと似た詩を発表していたことが取り沙汰されました。その後、所属事務所は盗作があったことを認め、安倍も謝罪コメントを発表。2カ月間の活動自粛処分という重い罰を受けることになったため、世間は騒然としました」(週刊誌記者) 同年、安倍は後藤 [全文を読む]

安倍なつみ、ファンクラブ終了発表に「まだあったの?」 一方、矢口真里には「また太った?」

日刊サイゾー / 2016年02月28日12時00分

04年にグループを卒業する頃には、スリムな姿を取り戻していましたが、同12月、過去の写真集・エッセイ集に書きつづった詩が、小室哲哉やaikoの作品から盗用したものだという疑惑が発覚し、2カ月間の活動自粛が決定。ファンを嘆かせたばかりか、世間一般にあった“清純”なイメージを損なうことに。07年には、乗用車を運転中に人身事故を起こすなどトラブルは尽きず、アラサ [全文を読む]

本当は脱ぎたい? “アイドル回帰”したゴマキのやむをえない結論

アサ芸プラス / 2014年07月03日09時59分

水面下ではいまだ根強くヘアヌード写真集のオファーもありますが、今度はアイドルへ回帰ですから、一体どうなっているのか」 と、ベテランのアイドルライターも首をかしげる。 「後藤としては、弟の祐樹が刑期を終えて出所したこともあり、経済的に落ち着くためにもガツンと稼ぎたいところでしょうが、モー娘。の事務所はヌードに厳しくて、事務所をやめてもヌードになってはいけない [全文を読む]

フォーカス