吉永小百合 常盤貴子に関するニュース

吉永小百合、言葉の端々に感じる「女優魂」

アサ芸プラス / 2012年11月06日10時59分

堀川は、その真摯な姿が吉永小百合の美点であり、また欠点ではないかと思えた。 岡田社長からの指名がなければ、もともと「傷のあるリンゴのような女優」が好きな堀川にとって、吉永が持つ清潔感は無縁のはずだった。そんな印象が変わったのは、クランクインを前に何度か会話してのことだった。 「表には出さないけど、実は言葉の端々に“女優魂”が眠っていると感じたんですよ。ああ [全文を読む]

【恋開運】40代超えの彼女のモテ運が強力な理由はこれ!

OTONA SALONE / 2017年06月29日11時30分

まずは一白水星から五黄土星まで、星別のモテポイントを分析します! 後半の週末・吉方位は9つすべての星をご紹介しますので、要チェック! まずは、 生まれ年の星をこちらで確認!→https://otonasalone.jp/20395/( https://otonasalone.jp/20395/ ) ★一白水星のモテ女サンプル 吉永小百合、YOU、松雪泰子、 [全文を読む]

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(2)観月ありさが「高校教師」女子高生役を断った理由

アサ芸プラス / 2016年09月11日17時57分

時計の針を70年代に戻すと、吉永小百合の“サユリスト”に対抗し、“コマキスト”と呼ばれる熱烈なファンを生んだのが栗原小巻だ。新旧のマドンナ女優は、映画「忍ぶ川」(72年、東宝)で因縁を巡らせた。 当初、吉永が主演と発表されたが、その脚本に「裸の初夜のシーン」があったことで、吉永の父が激怒。熊井啓監督に「これを切らないなら娘は出さない」と条件をつけ、物別れ [全文を読む]

夏の夜に思いきり泣こう!改めて観たい“泣きドラマ”10選・・・+2

日本タレント名鑑 / 2015年08月13日11時55分

同年に吉永小百合さんが主演された映画版も根強い人気です。設定だけで泣きそうな話だからこそ、しっかりとした演技力のある俳優さんでないと感情移入できずに薄っぺらく感じてしまうものです。 2005年・沢尻エリカさん主演『1リットルの涙』は、出演した俳優さんすべての演技力が話題となりました。そして、映画もドラマも好評だった2004年の『世界の中心で、愛をさけぶ』。 [全文を読む]

好感度調査では圏外! 武井咲、剛力彩芽、AKB48の謎

メンズサイゾー / 2012年09月25日15時12分

そして綾瀬を含めた5人は不動の人気を保っており、吉永小百合、松嶋菜々子、仲間由紀恵といった年齢を重ねても清楚なイメージで売っている女優もトップ10の常連だ。中堅どころは女優に本格転身した優香や江角マキコらバラエティーMCも得意な面々が並び、地味に毎回ランク入りを続けているのは八千草薫、常盤貴子、山口智子。新ドラマ・日曜劇場『MONSTERS』(TBS系)で [全文を読む]

フォーカス