グラビア 高島彩に関するニュース

「フリーアナに仕事がない!?」元日テレ・脊山麻理子(33)が“ガチ”水着グラビアに挑んだワケ

日刊サイゾー / 2014年01月10日11時00分

元日本テレビのフリーアナウンサー、脊山麻理子が現在発売中の「週刊プレイボーイ」(集英社)で水着グラビアを初披露し話題を呼んでいる。御年33歳ながら、スリーサイズは上から84cm・57cm・84cmというグラドルばりのナイスバディ。 脊山といえば、学生時代にキャンペーンガールとして活躍した美貌もあって、アイドルアナとして人気を博したが、2009年に一般男性と [全文を読む]

競争率高いフリーアナ業界 元局アナや気象予報士など、これからの旬は30代!?

AOLニュース / 2014年03月09日20時50分

フリー転向後、必ずしも大成功しているとは言い難いキャリアとなっている脊山だが、アイドル的なルックスとボディスタイルという元々持ち合わせていた素養を活かし、2014年1月に発売された『週刊プレイボーイ』(集英社)で、33歳という年齢ながらビキニ姿のグラビアを披露した。 日本テレビ入社前にグラビア活動をしていたこともあり、新たに撮られたグラビアはまるで現役ア [全文を読む]

中野美奈子「フジテレビ時代は地獄みたいで、鬱っぽかった」激白

メンズサイゾー / 2013年01月28日17時15分

28日発売のファッション誌『Numero TOKYO』(扶桑社)で、昨年7月31日をもってフジテレビを退社した中野美奈子(32)アナが、人妻の色香漂う麗しきセクシーグラビアを披露している。中野は退社時点では「夫の海外勤務に同行するため。フリー転身ではない」と説明していたが、9月には高島彩や滝川クリステルが所属する事務所・フォニックスに入り、フリーアナウンサ [全文を読む]

後藤真希、高島彩、スキャンダル美女「ピンクな煩悩地獄」

アサ芸プラス / 2013年01月07日10時00分

「ある有名グラビアカメラマンが、ゴマキの動画(ムービー)を撮るという話です。ヘアまでは映らず、内容はセクシー映像が中心だそうです。ただし制作はAVメーカー。年明けに撮影して、春から夏にかけてリリースされる予定です」(業界関係者) セミヌード写真を撮った経験を下地に、ここは「迫真の初カラミ」を、ぜひ見せてほしい。 フジテレビを寿退社しても依然、高島彩(33 [全文を読む]

なぜ「読モ」は女子から支持を得るのか?

週プレNEWS / 2012年05月22日15時00分

(取材/short cut[榛村季溶子、岡本温子]、team COTTON) ■週刊プレイボーイ23号「2012 終わらない“読モ”ブーム最前線」より 【関連ニュース】女のコのカリスマ、きゃりーぱみゅぱみゅが週刊プレイボーイに登場「私、アイドルなのかなぁ?(苦笑)」『すぽると!』でおなじみのハーフ美女、マギーが水着グラビアに登場『ワンピース』“ボア・ハン [全文を読む]

TBSアナウンサー青木裕子と田中みな実が不仲説を否定「裕子さんが世界で一番キレイだと思っています!」

週プレNEWS / 2012年04月26日17時00分

(撮影/山形健司) 【関連ニュース】全国「美女アナ」図鑑2011〈新人アナウンサ─編〉Part.1『TBS』TBSラジオ『たまむすび』パーソナリティ赤江珠緒「水着グラビアも、ご要望と需要があれば(苦笑)」TBSアナウンサー・田中みな実がAKB48、成長、グラビア秘話……今年1年を振り返ります!TBS・田中みな実アナは、なぜ男性からモテるのか?高島彩、西尾 [全文を読む]

高島彩、長野智子、雨宮塔子台頭 女子アナ30歳定年説は古い

NEWSポストセブン / 2017年02月09日07時00分

週刊誌グラビア界では「往年の有名女優の懐かし映像」や「有名アイドルの復活水着」が人気コンテンツだが、テレビ局ではかつてのアイドルアナたちの再登板が花盛り。 各局で相次ぐ4月改編番組の発表で注目されたのが、元フジテレビのエース女子アナ・高島彩(37)をキャスターに起用したテレビ朝日の報道番組『サタデーステーション』(土曜夜9時~)だった。アヤパンにとってフジ [全文を読む]

加藤綾子、初CMでナチュラルな美貌と演技...女優業進出に期待の声

メンズサイゾー / 2016年06月19日17時00分

こういった影響もあって、ネット上の視聴者は加藤さんにも女優としての活躍を期待しているのかもしません」(芸能ライター) 先月発売の「週刊文春」(文藝春秋)でグラビアに挑戦し、「Oggi(オッジ)」(小学館)でファッション誌デビューを飾った加藤。フリー転身後に活動の幅が狭まってしまう女子アナもいるが、フジの絶対的エースとして人気を博した加藤の注目度は高く、今後 [全文を読む]

スイカップ古瀬絵理 「惜しみなく出せ」の助言で吹っ切れた

NEWSポストセブン / 2015年04月29日16時00分

そんな古瀬さんが自らの胸を売りにグラビアや写真集を出すまでに至った経緯とは何か。今だから話せる「スイカップ騒動」を振り返ってもらった。 * * *――スイカップというニックネームが浸透したのは2003年ごろでしたよね。古瀬:そうですね。ちょうど元フジテレビの高島彩さんなどが人気となった「第二次女子アナブーム」の時代。マスコミの人たちも新たな人材というか“ [全文を読む]

テレビ朝日 夕方ニュース戦争に竹内由恵アナを投入で勝機は

NEWSポストセブン / 2015年03月29日07時00分

また、雑誌グラビアにも登場させるなど、メディア露出を増やし、エースに押し上げていった。しかし現状、宇賀アナが出演する番組の視聴率は、思ったほど上がっていないようだ。 「『グッド~』は最近4%台に落ち込むこともあり、夏目三久アナの『あさチャン!』に負ける日もあります。3月9日にゴールデン帯で、宇賀アナ司会の『初めて○○やってみた』のスペシャルが放送されました [全文を読む]

綾瀬はるか、田中みな美、スキャンダル美女「ピンクな煩悩地獄」

アサ芸プラス / 2013年01月08日10時00分

「事務所側は、ラスト写真集としていて、大河を機に水着やグラビアを封印、女優一本にしぼる方針だそうです。そのため、『愛くるしさを失わず、必死に毎日を生きる芯の強いヒロイン像で』と演出にまで注文がついています」 前作、「平清盛」が大コケしたNHKは180度の方向転換を約束。綾瀬のために「特注カメラ」まで用意したという。 「現場に大判の撮像素子を搭載したデジタ [全文を読む]

フォーカス