関連会社 日立製作所に関するニュース

三菱重工業の改革を支える「丁寧なリーダーシップ」

Forbes JAPAN / 2016年11月04日08時30分

変革に反対する社員や戸惑う社員にも「本体や関連会社、子会社とか言うのをやめよう。すべて同格の三菱重工グループだ」と丁寧に説明した。独シーメンスが相手でも変わらない。─宮永改革の成果は出た。今後は。2015年度の決算は売上高が約4兆円、売上総利益(粗利)が8,622億円。06年度と比較すると、売上高1.3倍に対し、売上総利益は倍以上になった。収益的に厳しい製 [全文を読む]

日立と三菱重工が経営統合する日

プレジデントオンライン / 2016年12月22日09時15分

売上高や純利益、子会社・関連会社数、連結従業員数、それに13年度、14年度、15年度の3期を均して年度換算した研究開発費、配当総額、納税額などを見れば、規模では日立が凌駕していることが明らかだろう。キャッシュフロー(CF)計算書の支払額で比較すると、日立の納税額は三菱重工の2倍を超える。 三菱重工が日立を上回っているのは、海外売上高比率、営業利益率(3期 [全文を読む]

日本で唯一「つながる車」からのデータを利用するビジネスに関するカンファレンス

PR TIMES / 2014年03月06日09時47分

一般的な展示会形式とは異なり、自動車メーカー、運送、輸送、物流関連会社、損害 保険会社、アフターカーセールス事業会社、テレマティクスサービス事業者、IT企 業、自動車機器・部品製造会社など「つながる」車からのデータを利用するビジネス に関連する様々な業種のエグゼクティブのみ約200名が集まる『凝縮型』のカンファ レンスとなっています。 ■ カンファレンス [全文を読む]

社長交代 日産、セブンなど前任者が大物だとプレッシャー大

NEWSポストセブン / 2017年04月07日07時00分

社長には、関連会社、東京電力エナジーパートナーの小早川智明社長(53)が抜擢された。 前任者が大物だと、プレッシャーはさらに大きくなる。日産では、カルロス・ゴーン氏(63)が4月1日付で社長を退任して会長となった。後任社長は西川廣人氏(63)。1977年に日産に入社し、副社長、副会長などを経て2016年11月から共同CEO兼副会長を務めてきた。経済ジャー [全文を読む]

三越伊勢丹や東電 火中の栗を拾うサラリーマン社長の悲哀

NEWSポストセブン / 2017年04月05日11時00分

社長には、関連会社、東京電力エナジーパートナーの小早川智明社長(53)が抜擢された。経済ジャーナリストの町田徹氏はこういう。 「東電はすでに国営企業なので、政府や東電委員会の経営方針から逃れられない。儲けて成長するだけでなく、廃炉のコストも稼ぎ出せと、二兎を追えといわれるのですから、いかに優秀な人でも厳しい船出です」 2012年に社員のインサイダー取引が [全文を読む]

社員8人のリサイクル革命! 異素材混合廃棄物を処理する魔法の装置

プレジデントオンライン / 2016年12月15日15時15分

いずれも大手企業グループを中心に直取引しており、トヨタ自動車グループの関連会社、日立製作所や住友電工のリサイクル子会社、ビックカメラや家電メーカー各社が共同出資して設立したフューチャーエコロジーなどに納入している。 2011年には富山県主催「第1回富山県ものづくり大賞特別賞」を受賞、2012年には日本産業機械工業会主催の優秀環境装置表彰で中小企業庁長官賞 [全文を読む]

日立子会社によるアンサルドSTS社株式に対する公開買付けについて

JCN Newswire / 2016年03月15日15時33分

適用法令に基づいて許される範囲において、また、通常のイタリアの法律や市場慣行に従い、米国証券取引所法のルール14e-5(b)(12)の条件が満たされる限りにおいて、Hitachi Rail Italy Investments、アンサルドSTS社およびそれらの各関連会社、ならびにフィナンシャルアドバイザーおよびブローカー(Hitachi Rail Italy [全文を読む]

日立GE、国内原子力発電所の廃止措置事業に関する国際協力関係を構築

JCN Newswire / 2015年11月11日15時41分

商号: Cavendish Nuclear Limited設立年: 2010年本社所在地: イギリス ロンドン代表者: Managing Director: Simon Bowen従業員数: 約6,000名(2015年10月現在)(関連会社のDounreay Site Restoration LtdおよびMagnox Ltdを含んだ数値)事業内容: 原子力 [全文を読む]

フォーカス