ロボット 日立製作所に関するニュース

日立GEとIRID、福島第一原発での原子炉格納容器内部調査用ロボット「ピーモルフ」を開発

JCN Newswire / 2017年02月03日11時30分

TOKYO, Feb 3, 2017 - (JCN Newswire) - 日立GEニュークリア・エナジー株式会社(取締役社長:武原 秀俊/以下、日立GE)と技術研究組合 国際廃炉研究開発機構(理事長:剱田 裕史/以下、IRID)は、このたび、東京電力福島第一原子力発電所の廃止措置に向け、1号機で燃料デブリが広がっていると想定されている原子炉格納容器(以下 [全文を読む]

日立と日立ビルシステムと三井不動産、ヒューマノイドロボットを活用した3カ国語での店舗案内サービスの実証実験を開始

JCN Newswire / 2017年02月09日14時30分

TOKYO, Feb 9, 2017 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)、株式会社日立ビルシステム(取締役社長:佐藤 寛)、三井不動産株式会社(代表取締役社長 菰田 正信)の3社は、ヒューマノイドロボット「EMIEW3」の多言語対話機能と自律走行機能を活用した店舗案内サービスの実証実験を、 [全文を読む]

日立、家電量販店ノジマでヒューマノイドロボット「EMIEW3」活用の実証実験を開始

JCN Newswire / 2016年12月02日14時20分

将来のロボット活用に向けた小売業界初の試みTOKYO, Dec 2, 2016 - (JCN Newswire) - 株式会社ノジマ(代表執行役社長:野島 廣司/以下、ノジマ)と株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、日立が開発したヒューマノイドロボット「EMIEW3」を活用した小売業における接客の実証実験を、12月10日から神 [全文を読む]

銀行員もロボットに―「エミュー3」や「ナオ」が案内役

インターネットコム / 2016年04月22日13時10分

人型ロボット「EMIEW(エミュー)3」や「NAO(ナオ)」が銀行の案内役、相談役になる。こんな構想を日立製作所が発表した。 各ロボットの頭脳にあたる人工知能(AI)は、離れた場所にあって日立製作所が管理する。AIは複数のロボットを遠隔操作しながら、銀行をおとずれた人に応対する。 実際にデモンストレーションも披露した。日立が開発したエミュー3は、相手に用件 [全文を読む]

接客する人型ロボット「エミュー3」―複数台で情報を共有、サービス引き継ぎも

インターネットコム / 2016年04月08日14時10分

日立製作所が新型ヒューマノイドロボット「EMIEW(エミュー)3」を発表した。店舗や公共施設に訪れた人を出迎え、接客や案内を行う。 ソフトバンクグループの「Pepper(ペッパー)」とも似て、ロボットの頭脳にあたるシステムは離れた場所にあり、複数のロボットを一度に操作する。 日立は2005年に初代「EMIEW」、2007年には2代目「EMIEW2」を発表し [全文を読む]

第1回AI&ロボティクスシンポジウムを開催

PR TIMES / 2016年12月06日14時24分

基調講演 「Artificial intelligenceからMachine Intelligenceへ ~人口知能(AI)技術の発展とロボットとの融合~」 楽天株式会社 執行役員 楽天技術研究所 代表 森 正弥 氏 「システムインテグレータからみる、AIとロボティクスが拓くサービスの潮流」 株式会社NTTデータ 技術革新統括本部 技術開発本部長 風間 [全文を読む]

日立とヤンマーなど、稲の立毛時期に自律走行型ロボットトラクターの無人作業に成功

JCN Newswire / 2015年01月14日17時12分

具体的には、同地域の稲を栽培する農場において、高度測位信号を用いて自律走行型ロボットトラクターを制御し、実際の農作業を行う実証実験を実施します。この実証実験を通じて、現在技術実証が進められている3種類の高精度測位方式 ((1) RTNet (2) RMIT (3) MADOCA)*2からオーストラリアでの精密農業に適切な方式を選定することをめざします。従来 [全文を読む]

日立グループ、世界最大規模の産業関連展示会であるハノーバーメッセに出展

JCN Newswire / 2017年04月07日13時00分

産業・エネルギー分野のIoTを活用したイノベーションや人工知能、ヒューマノイドロボット「EMIEW3」などを展示TOKYO, Apr 7, 2017 - (JCN Newswire) - 日立グループは、4月24日から28日までの5日間、ドイツ・ハノーバーで開催される、産業関連展示会としては世界最大級の国際産業技術見本市「HANNOVER MESSE(ハノ [全文を読む]

日立グループ、世界最大級のIT関連見本市「CeBIT 2017」に出展

JCN Newswire / 2017年03月15日11時00分

「CeBIT」は、近年、ビジネス向けの展示に特化し、IoT*1、ビッグデータ、AI*2、ロボットなどの先端技術を活用したB2B*3ソリューションの国際見本市として毎年開催されています。今回、初めて日本がパートナーカントリーとして参加します。日本は、日本貿易振興機構(JETRO)が中心となり、「Create a New World Japan - Socie [全文を読む]

家電見本市「CEATEC」 IoTへのテーマ変更でV字復活

NEWSポストセブン / 2016年11月01日07時00分

これにより、三菱UFJフィナンシャル・グループやJTB、セコムなど、家電以外の業種から参加が増え、次代を先取りした展示に多くの人が惹きつけられたのです」(ITジャーナリスト・西村健太郎氏) 昨年出展を見送ったトヨタ自動車も大ブースで対話型のミニロボット「KIROBO mini(キロボミニ)」などを展示。スマホで操作するこのロボットは、人間の表情を読み取り、 [全文を読む]

中国・台湾・韓国のプレゼンス際立つ=IoT前面に異業種が次世代技術を競う―アジア最大のIT見本市、幕張メッセで開幕

Record China / 2016年10月04日10時30分

出展各社はスマートフォン、高品質液晶から液体水素自動車、ロボット、人工知能(AI)、ドローンまで最先端技術を競っている。展示会場を先端技術の活用シーンごとに「社会エリア」、「街エリア」、「家エリア」、「CPS(ビッグデータ処理分析)/IoTを支えるテクノロジー・ソフトウェアエリア」の4つに分け、将来的にCPS/IoTがどのようにライフスタイルを変えていく [全文を読む]

日立、日立グループ世界最大規模のイベント「Hitachi Social Innovation Forum 2016 TOKYO」を開催

JCN Newswire / 2016年09月15日15時46分

また、一般財団法人日本総合研究所会長の寺島実郎氏が世界の構造転換と日本の進路について、ロンドン・ビジネススクール教授のリンダ・グラットン氏が社会の変革に対応した未来の働き方について、大阪大学基礎工学研究科教授の石黒浩氏が未来のロボット社会の可能性についての講演を開催し、ビジネスの革新や新たな可能性を見出すためのヒントを紹介します。ビジネスセッションでは、グ [全文を読む]

日立と日立ビルシステム、ヒューマノイドロボット「EMIEW3」を活用した実証実験を羽田空港で開始

JCN Newswire / 2016年09月02日15時50分

TOKYO, Sept 2, 2016 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)と株式会社日立ビルシステム(取締役社長:佐藤 寛/以下、日立ビルシステム)は、このたび、日本空港ビルデング株式会社の協力により、日立が開発したヒューマノイドロボット「EMIEW3」を活用した旅客サービスの実証実験を、 [全文を読む]

日立、接客や案内サービスを行うヒューマノイド「EMIEW3」とロボットIT基盤を開発

JCN Newswire / 2016年04月08日16時10分

ロボットサービスの実証実験をお客さまと共に開始TOKYO, Apr 8, 2016 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、ヒューマノイドロボット「EMIEW3」とリモートブレイン*1構成のロボットIT基盤を開発しました。「EMIEW3」は、店舗や公共施設において、サポートを必要とするお客さ [全文を読む]

日立が人間共生ロボットの対話技術を開発、自然なコミュニケーションを目指す

インターネットコム / 2014年05月21日21時30分

日立製作所は、より自然な回答をする人間共生ロボット「EMIEW2」の対話技術を開発した。質問に含まれる対象と属性から最適な回答を選んで説明し、うなずいたり、首をかしげる動作から、相手の理解度を推定できるようになる。 この技術で、質問に対してより柔軟に回答できるようになり、人とロボットのコミュニケーションが円滑になるそうだ。 日立は2005年に「EMIEW」 [全文を読む]

自動運転で歩行者の動きを予測・回避する新技術を日立グループが開発

clicccar / 2015年10月22日17時33分

(画像出典:日立オートモディブシステムズ) この自動運転の新技術は、ロボットの移動経路を計算する際に使用されるポテンシャル法という方法に基づいて開発されました。 (画像出典:ミシガン大学MTC) 新技術では、歩行者が駐車車両などを避けて歩行の進路を変更する行動をモデル化して、歩行者と自車の衝突が予測される場合には、車両の速度を減速するか、そのままの速度で [全文を読む]

フォーカス