現在 柏原芳恵に関するニュース

指原莉乃、大島優子から「パーフェクトです」と大絶賛

dwango.jp news / 2017年01月11日16時53分

大島は指原の現在の印象を聞かれ、「指原ってスゴイ、振られたら面白いこと絶対残すじゃないですか、パーフェクトですよね、見習ってます」と大絶賛。そんな大島、過去には誕生会をした記憶が無いという孤独な一面を持ち、長年AKB48としてともに活動してきた指原も「明るいってイメージがありすぎて」と驚く。 「トリオ ザ 華麗なる歌姫」では、柏原芳恵、小柳ゆき、新妻聖子が [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】斉藤由貴と柏原芳恵の“卒業ソング”をマツコが絶賛「すごい歌詞よね」

TechinsightJapan / 2016年02月24日18時40分

現在、斉藤由貴は49歳となるが、女優として活躍するほか最近はauのCM『ドンドンドン得「親子」篇』に出演して話題となっている。また、柏原芳恵は1月16日に80'sアイドルの早見優、松本伊代とジョイントコンサートを行うなど活躍しており、4月27日にはカバーアルバム『encore3』(アンコール3)もリリース予定だ。 出典:https://www.insta [全文を読む]

有働由美子アナのこじらせぶりがわかった10時間生放送の“失恋ソング”三昧

アサジョ / 2017年03月23日10時14分

今回の企画を持ち込んだのは、現在フリーアナウンサーへの転身話が浮上している有働由美子アナ。みずから進行役を務め、石田ゆり子や福山雅治、牧瀬里穂などをゲストに招いて「失恋トーク」を交わしながら、リスナーからのリクエストをもとに心に残る失恋ソング全62曲がオンエアされた。もっとも泣ける失恋ソング大賞に中島みゆき「うらみ・ます」、敢闘賞に竹内まりや「駅」、技能賞 [全文を読む]

「芸能界の都市伝説」これが真相だ!<黄金アイドルの暴走篇『泥酔した小泉今日子が代官山に「落ちている」?』>

アサ芸プラス / 2017年03月01日12時57分

さて現在、バラエティで再ブレイク中の森昌子は、かつて「アグネス・チャンの影武者を務めたことがある」という。いったい、どういうこと?「ものまねじゃなく普通の歌番組で、アグネスと2人でイタズラをやろうという話になりまして。アグネスの歌の番の時に、私がマイクを持って隠れていて、アグネスは口パクで、私が代わりにフルコーラス歌いました」 誰にも気づかれず、あとでス [全文を読む]

今こそお願いしたい70~80’sアイドルはあのコだっ!「80年代後半デビューの森高千里が健闘」

アサ芸プラス / 2015年12月31日09時57分

アイドルが下火になった80年代後半にデビューした森高が、ここまで上位に食い込んだのは大健闘です」 5位には現在、名前を未唯mie(57)と変えた、ピンク・レディーのミーがランクイン。「どっちかと言えば、ムチムチした魅力のミーちゃん派でした。夢がかなうのなら、次の再結成の時に2人まとめてベッドに押し倒したい。肉感的なミーちゃんの巨乳を揉みしだきながら、情熱的 [全文を読む]

48歳中年アイドル歌手「夢は新宿コマ劇場を満員にすること」

NEWSポストセブン / 2013年12月29日16時00分

現在、佑多田氏は新曲『つぼみ』を引っ提げ、月に数回、他の歌手たちとともにコンサートを兼ねた営業活動に精を出す。会場では紅白歌合戦の初出場を決めた民謡歌手の福田こうへいや、第二の氷川きよしと言われる竹島宏らと一緒になることもあるという。 「彼らに引け目を感じることはありませんが、さすがに自分より一回りも下の世代ばかりなので、年齢の違いは隠せないですよね」 [全文を読む]

中孝介のカバーアルバムは高橋愛、河口恭吾、dorikoなどオリジナル・アーティストとコラボ!

okmusic UP's / 2013年06月26日11時00分

OGで現在、女優として活躍する高橋愛とコラボレーションが実現し、中孝介と共に、その抜群の歌唱力を聴かせてくれている。河口恭吾「桜」のカバーには、中孝介と親交が深い河口恭吾自らがヴォーカルで参加し、見事なハーモニーを堪能出来る。 柏原芳恵「春なのに」では、同郷の奄美大島在住ユニット、カサリンチュとの共演も実現。そして、こちらも興味深いカバーと言えるボカロ楽曲 [全文を読む]

フォーカス