中島みゆき 柏原芳恵に関するニュース

福山は5位!? 「春を感じる歌」第1位は?

日刊大衆 / 2017年04月15日17時05分

1983年に発売され、作詞と作曲はシンガーソングライターの中島みゆき(65)が手がけています。「思春期の中学生時代にはやった曲で、とても印象的だった」(52歳男性)「なんとなく寂しくもあり切なくもあり……」(40歳男性)と、感傷的な気分になる曲調が、“春”らしさのポイントのようです。 続いて第2位は、森山直太朗(40)の『さくら』。2003年に発売された曲 [全文を読む]

NEWS、舞祭組らが出演!‟卒業ソング音楽祭”を3時間生放送

Smartザテレビジョン / 2017年03月15日06時00分

「糸」(中島みゆき) 「贈る言葉」(海援隊) 「奏」(スキマスイッチ) 「さくらガール」(NEWS) 「サヨナラの意味」(乃木坂46) 「365日の紙飛行機」(AKB48) 「卒業」(斉藤由紀) 「旅立ちの日に…」(川嶋あい) 「Darling」(西野カナ) 「なごり雪」(イルカ) 「春なのに」(柏原芳恵) 「ひまわりの約束」(秦基博) 「道」(EXIL [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】斉藤由貴と柏原芳恵の“卒業ソング”をマツコが絶賛「すごい歌詞よね」

TechinsightJapan / 2016年02月24日18時40分

1983年にリリースされた彼女にとって14枚目となるシングルで、作詞・作曲を中島みゆきが手がけている。当時の柏原芳恵は17歳だ。マツコが「春なのには演歌よ! よしえちゃんが歌ってナンボ! その辺のピラピラしたアイドルじゃだめよ」というように、17歳とは思えない情感を込めた歌が胸に響く。さらには、スタジオに柏原本人が登場。「変わらない、よしえ! 綺麗!」とマ [全文を読む]

德永英明 柏原芳恵の名曲「春なのに」をカバー、MV解禁

dwango.jp news / 2014年09月09日15時42分

この楽曲は、柏原芳恵の大ヒット曲であり、中島みゆき作詞・作曲の名曲中の名曲。今回のMusicVideoも德永の作品を多数手掛ける須永秀明が監督。「春なのに」が卒業シーズンの学生の切ない恋心を描いているが、今回、その学生が大人になって当時を回想する、切ない大人の心模様を描いた作品。德永の歌声が女性の涙を誘う。こちらのビデオは無料動画サイト“Gyao!”にて本 [全文を読む]

有働由美子アナのこじらせぶりがわかった10時間生放送の“失恋ソング”三昧

アサジョ / 2017年03月23日10時14分

もっとも泣ける失恋ソング大賞に中島みゆき「うらみ・ます」、敢闘賞に竹内まりや「駅」、技能賞に柏原芳恵「春なのに」が輝いた。「ツイッターのトレンドワードには『#zanmai』がランクイン。ネット上には番組の実況スレッドが林立するほど注目されていました。途中30分間のニュース番組を挟んだため、その間のみ有働アナは休憩できたのでしょうが、昼過ぎからしゃべりっぱな [全文を読む]

「CDTV」卒業ソング音楽祭、ライブありドラマあり3時間生放送

dwango.jp news / 2017年03月13日19時08分

お見逃しなく! <放送予定楽曲> 「糸」(中島みゆき) 「贈る言葉」(海援隊) 「奏」(スキマスイッチ) 「さくらガール」(NEWS) 「サヨナラの意味」(乃木坂46) 「365日の紙飛行機」(AKB48) 「卒業」(斉藤由貴) 「旅立ちの日に…」(川嶋あい) 「Darling」(西野カナ) 「なごり雪」(イルカ) 「春なのに」(柏原芳恵) 「ひまわりの約 [全文を読む]

CDTV「卒業音楽祭」で乃木坂46、AKB48の楽曲も

dwango.jp news / 2017年03月13日14時11分

【放送予定楽曲】 「糸」(中島みゆき) 「贈る言葉」(海援隊) 「奏」(スキマスイッチ) 「さくらガール」(NEWS) 「サヨナラの意味」(乃木坂46) 「365日の紙飛行機」(AKB48) 「卒業」(斉藤由貴) 「旅立ちの日に…」(川嶋あい) 「Darling」(西野カナ) 「なごり雪」(イルカ) 「春なのに」(柏原芳恵) 「ひまわりの約束」(秦基博) [全文を読む]

德永英明、カヴァーアルバムの金字塔 最新作詳細発表

dwango.jp news / 2014年11月05日20時05分

【『VOCALIST 6』全収録曲】1. さよならの向う側(1980) / 山口百恵(作詞:阿木燿子作曲:宇崎竜童)2. WOMAN “Wの悲劇”より(1984) / 薬師丸ひろ子(作詞:松本隆作曲:呉田軽穂)3. サンキュ.(1995) / DREAMS COME TRUE (作詩:吉田美和作曲:吉田美和/中村正人)4. 寒い夜だから…(1993) / [全文を読む]

中孝介のカバーアルバムは高橋愛、河口恭吾、dorikoなどオリジナル・アーティストとコラボ!

okmusic UP's / 2013年06月26日11時00分

ほかにも、中島みゆき「糸」、松田聖子「瑠璃色の地球」、井上陽水「少年時代」、わらべ「もしも明日が」、坂本九「明日があるさ」「上を向いて歩こう」、美空ひばり「愛燦燦」、大江千里「ありがとう」、ボカロPの黒うさPによる「紅一葉」など、誰もが知るスタンダードナンバーから、アイドルの名曲、ボカロ楽曲まで、今までのカバーアルバムでは聴いたことのないような選曲が楽しく [全文を読む]

フォーカス