結婚相手 国仲涼子に関するニュース

西島秀俊と向井理の結婚にショック受ける女性をどう慰めるか

NEWSポストセブン / 2014年11月24日16時00分

その上で「彼らの結婚相手には、ほんとは○○さんのほうがふさわしいのにね」と言えば、お世辞であることは見え見えですが、全力で慰めようとしているこちらの気持ちを冷静に汲み取ってくれるはず。ちょっと前にふたりを持ち上げているので、さらに勢いよく舞い上がってくれるに違いありません。 こっちも独身なら「俺も16歳年下や国仲涼子みたいな美女を狙うから、お互いに頑張ろ [全文を読む]

向井理、天野ひろゆきなど続々!今や結婚相手の条件は「料理男子」?

アサジョ / 2016年01月03日17時58分

一昔前は「パパが料理」と聞くと珍しいイメージがありましたが、今は一転して既婚男性も料理を手がけるのが当たり前の時代に。ある調査では、既婚男性の30%が家族のために調理していることが明らかになり、特に20代、50代は、頼まれて作るのではなく、自主的に時間があるときに作っているという人の割合が高くなってきているそうです。 既婚料理男子が最もよく作るメニューは、 [全文を読む]

向井理の“仕事の価値観”変えた1歳愛息とのイクメン生活

WEB女性自身 / 2017年06月16日16時00分

《(結婚相手は)家庭的な人がいいかな。家を空けることが多いので、なるべく家を守ってくれる人のほうが安心して仕事ができると思います》(14年6月24日号『週刊女性』) しかし、長男誕生をきっかけに向井は変わった。すっかり妻と子供に献身的なパパになったのだ。そしてその影響は、仕事面でも表れているようだ。 「以前の彼はWEBインタビューのような仕事は敬遠しがち [全文を読む]

『嘘の戦争』 WBCと丸かぶりも中居正広の友情で二桁維持?

しらべぇ / 2017年03月08日16時30分

守さんと久しぶりに会わせ、結婚相手への顔合わせなどをさせた上で、地獄の底に突き落とそうと考える。その方法は、過去に入手した「東南アジアでの売春画像」に三瓶の顔写真を合成し、両家が集う挨拶の場でばら撒くというものだ。しかし、その後、由美子の誕生日が自分と同じだったことが判明。30年前の罪を悔やむ守さんは、娘より自分の誕生日を優先し、側にいてくれたということが [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】本田翼、キス画像をSNSに投稿するカップルに「全然分かんない!」

TechinsightJapan / 2015年11月02日20時45分

「一般に知られたくない画像を本人の承諾なく公開するのはプライバシーの侵害で違法行為にあたる」という見解や「完全に消すことは不可能、将来の交際相手や結婚相手が見て破談となる可能性もある。そういう不安を抱きながらずっと生きていくことを考えると慰謝料は大きくなる」との意見が述べられた。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉) [全文を読む]

<主人公は非モテ系男女>フジテレビ「デート〜恋とはどんなものかしら〜」は現代のトレンディ・ドラマだ

メディアゴン / 2015年03月08日02時54分

一方、引きこもり・オタク系男子の谷口巧(長谷川博己)は、「高等遊民」の生活をめざし、働かずに寄生させてくれる結婚相手を探す。お互い、相手に恋心をもてないまま、それぞれの理由で結婚に向けて、ちぐはぐな交際をスタートする。依子は、インターネットで「女の子が可愛く見える方法」を研究し、「アヒル口」、「上目使い」というワザを巧に見せる。が、巧は、へんな顔で睨まれた [全文を読む]

新月9ドラマ 新進気鋭の脚本家が寿女優をどう料理するか注目

NEWSポストセブン / 2015年01月19日07時00分

ストーリーは、結婚は契約であると考える依子(杏・28才)と、結婚相手に“寄生”したいニートの巧(長谷川博己・37才)。“恋愛不適合者”の2人が、やむを得ない事情から結婚を目指し、恋愛感情を持たないままデートを重ねていくラブコメディーだ。 東出昌大(26才)と元日に入籍したばかりの杏が演じるのは、デート未経験の東大卒の国家公務員・依子。超合理主義者で、結婚す [全文を読む]

西島秀俊を『あすなろ白書』時代から見守ってた女性の悔しさ

NEWSポストセブン / 2014年11月28日16時00分

「西島さんって最後の砦で、私の周りも結婚相手が若い女性だったことで大ショックを受けています。女性に見向きもせず、仕事に厳しく、どんどん自分を追いつめるストイックな役者だと思っていたのに、結局は20代の若くてきれいな女性に目が向いた。『なんだ、普通の男と一緒だったんだ』とがっかり。煩悩を見せないでほしかった」(沖さん) 西島を1993年の『あすなろ白書』( [全文を読む]

フォーカス