渡航 外務省に関するニュース

新旅券交付も制限あり!国に対する訴訟の行方

JIJICO / 2015年04月25日14時00分

外務省がイラクとシリアへの渡航を制限する旅券を発行外務省は今月、新潟市のフリーカメラマン杉本祐一さんに対して、イラクとシリアへの渡航を制限する旅券(パスポート)を交付しました。杉本さんは、今年2月にシリアへの渡航を計画した際、一度旅券を返納させられており、今回の旅券は新たな旅券の発行ということになります。しかし、杉本さんは今回交付された旅券に渡航先の制限が [全文を読む]

パスポートを海外で紛失した時は?〜警察へ紛失届け、再発行期間、費用まで〜

TABIZINE / 2016年03月03日07時30分

パスポートの再発行、又は渡航書の発行手続きを行う 紛失届けが完了したら、合わせてパスポートの再発行か渡航書の発行を行います。「渡航書」とはすぐに帰国する場合の臨時のパスポートのようなもので、72時間(3日間)など短い期間が設定され、その期間までに日本に帰国する場合に有効な書類となります。そのため、紛失後にすぐに日本に帰国する予定がある場合は渡航書、紛失後 [全文を読む]

10分で世界情勢丸分かり!外務省「国・地域別の渡航情報」の使い方

TABIZINE / 2015年05月17日07時30分

いつの時代でも、興味本位で一般の旅行者が渡航してはいけない国や地域が存在します。 特別な訓練を受けたり、豊富な経験や知識があったり、何かの後ろ盾があったりする人は別だと思いますが、普通の旅行者は自分や家族を守るためにも危険なエリアへの渡航を避けた方がよいですよね。 (C)Flickr/Joanna Barton そこで今回は、誰でもいつでも簡単にアクセスで [全文を読む]

【カメラマンへの旅券返納命令】で懸念される前例づくりとメディアコントロール

Business Journal / 2015年02月19日06時00分

外務省が、証拠が残るかたちでのあからさまな渡航制限を避けてきたのは、報道の自由に対する侵害という批判を避けたいのに加え、「移住の自由」を定めた憲法に抵触するとして、裁判に持ち込まれたりしないためだろう。 ところが、今のシリアは内戦状態。反政府勢力が支配する地域に、トルコから入域すれば、シリアのビザはいらない。トルコには、観光目的であればビザなしに渡航でき [全文を読む]

流行のオシャレ着は不要!「海外旅行」でトラブルに遭う人のNG共通点3つ

WooRis / 2015年09月07日22時00分

■1:外務省が渡航の危険を促している国や地域に行ってしまう 仕事で行く必要がある場合は別ですが、わざわざ旅行で危険度の高い国や地域に行く必要はないはずです。 外務省の海外安全ホームページを開くと、危険なエリアをチェックできるようになっています。自分の行きたいエリアを選択し、“危険度表示”というボタンを押すだけで、その国の渡航リスクが一目瞭然です。 「十分 [全文を読む]

~旅先での「もしも」に備えて!まずは渡航前にできること~ 「たびレジ」登録と安全対策4つのポイント

PR TIMES / 2015年07月07日11時32分

「たびレジ」(外務省海外旅行登録)は、事前に登録しておけば、渡航先の最新情報や緊急情報をメールで受け取れる情報サービスです。安全な海外旅行・出張のために、渡航前にぜひご登録を。今回は、政府広報オンラインより「『たびレジ』登録と安全対策4つのポイント」についてお伝えします。[画像1: http://prtimes.jp/i/7444/50/resize/d7 [全文を読む]

渡航前に○○してる?女性の一人旅で危険から身を守る5つのコツ

TABIZINE / 2015年07月05日16時00分

渡航前に渡航の情報を届け出るサービスですが、この届け出を行っておくと渡航先で何らかの問題が持ち上がったとき、緊急一斉通報や支援の内容などをメールや電話で受け取れます。 日本に残される家族の側も安否が確認しやすいので、自分の旅行スケジュールや宿泊先情報を口頭で伝えておくだけでなく、事前に『たびレジ』にも登録しておきたいですね。 2:グレードの高いホテルに宿泊 [全文を読む]

波紋を広げる「旅券返納」… 邦人保護と渡航の自由、 どちらが大切なのか

シェアしたくなる法律相談所 / 2015年02月14日17時22分

それもそのはず、憲法では「海外渡航の自由」という権利が保障されています。しかし、外務省は憲法 ●「邦人保護」と「渡航の自由」はどちらが大切か 外務省が中止要請をすること自体を疑問視する考えもありますが、国民の生命身体財産を守るべき外務省がそのような要請をすること自体は適切だったと考えます。 しかし、それを超えて、パスポートの返納命令を出し、パスポートを取り [全文を読む]

シリア渡航を計画したら「パスポート」を回収された! 外務省は「憲法違反」?

弁護士ドットコムニュース / 2015年02月10日13時19分

イスラム国が勢力を伸ばしているシリアへの渡航を計画していた新潟市のフリーカメラマンの男性が、外務省からパスポート(旅券)の返納を命じられたのだ。 報道によると、男性は2月27日から、トルコを経由してシリアに入国する計画があることを新聞のインタビューなど表明していた。外務省は、警察庁とともに渡航の自粛を強く呼びかけていたが、男性が意思を変えなかったため、返納 [全文を読む]

「日本外交の命運は真剣に出世を狙うひとりの外務官僚にかかっている」 鈴木宗男×佐藤優 東京大地塾レポート

週プレNEWS / 2015年06月21日11時00分

まず、アメリカはウクライナ問題の制裁措置のひとつとしてナルイシキンさんの渡航を拒否しているし、会うこともダメと言っている。そんな“お尋ね者”が安倍さんに会いたがっていると言ってきた。しかし、アメリカの意向を考えて、外務省は「会わないほうがいい」と進言した。 ところが、おそらく森喜朗元総理や鈴木先生あたりが「これは会わなかったら、その後の日ロ関係は大変なこと [全文を読む]

【ビザなしで旅行できる国の数ランキング】世界最強はドイツ!日本は何位?

TABIZINE / 2017年04月17日07時30分

ワースト1・・・アフガニスタン(24か国) ワースト2・・・イラク(27か国) ワースト3・・・パキスタン(28か国) ワースト4・・・シリア(29か国) ワースト5・・・ソマリア(30か国) ワーストに挙げられた国は、残念ながら日本の外務省から、渡航を禁止されている、退避勧告が出ている危険度レベル4の国ばかりです。やはり治安情勢の落ち着かない国から観光 [全文を読む]

シリア拘束・安田純平氏を「自己責任」と言うのは正しいのか?

まぐまぐニュース! / 2016年06月09日12時00分

いわく、「自己責任で渡航したのだから、政府は救出のために動く必要はない。税金の無駄遣いだ」 むろん、それとは逆に「全力を挙げて救出に動くべき」という声もあります。 しかし、これは「あれか」「これか」と二者択一的に議論している点で、幼児的とも言うべき日本の議論のレベルの低さを物語っているように思われてなりません。少なくとも報道に携わる立場では整理されなけれ [全文を読む]

うふふバカンス…その前に!海外旅行者が知るべき「外務省サービス」3選

BizLady / 2015年07月18日22時00分

渡航先の大使館情報やクレジットカード会社、海外旅行保険会社の緊急連絡先は一覧表にし、毎日持ち歩くバッグとスーツケースの中など、数か所に保管しておくと安心です。 ■3:外務省のサービス『たびレジ』に登録し、自分も家族も安心! 外務省が提供している海外旅行者向けのサービスに、『たびレジ』というものがあり、以下のようなサービスが受けられます。 <たびレジは、海 [全文を読む]

シリア渡航計画者の旅券没収、海外読者は支持 “渡航と報道の自由の問題ではない”

NewSphere / 2015年02月09日17時50分

シリアに渡航しようとしていたフリーカメラマンの男性が、外務省の求めに応じてパスポートを返納していたことが7日、同省の発表で分かった。シリアでは過激派組織「イスラム国」(ISIL)による日本人人質殺害事件が起きたばかりということもあり、危険回避のための緊急措置だったようだ。男性は求めに応じたが、「渡航と報道の自由はどうなるのか?」と異議を唱えているという。多 [全文を読む]

DeNAトラベル外務省が運用する海外旅行登録サービス「たびレジ」を導入簡単な登録作業で渡航先の情報が取得可能に

@Press / 2016年03月17日10時00分

=========================== 海外旅行登録サービス「たびレジ」特設ページ =========================== PC版 http://www.skygate.co.jp/annai/tabireg.html スマートフォン版 http://sp.skygate.co.jp/annai/tabireg.html [全文を読む]

シリア渡航計画で旅券返納の杉本さん「渡航の自由勝ち取りたい」処分取り消し求め提訴

弁護士ドットコムニュース / 2015年07月30日15時46分

シリアへの渡航を計画し、外務省にパスポート(旅券)の返納を命じられた新潟在住のフリーカメラマン杉本祐一さん(58)が7月30日、旅券返納命令処分などの取り消しを求めて東京地裁に提訴した。杉本さんは提訴後の会見で、「こうしたことを許すと、ジャーナリストの取材や渡航がいつ制限されるかわからないことになる。あってはならないことだ」と訴えた。 杉本さんは、今年2月 [全文を読む]

「旅券返納命令」で話題…パスポートの不思議5

WEB女性自身 / 2015年02月19日06時00分

新潟県のフリーカメラマン、杉本祐一さんがシリアへの渡航を計画し、外務省からパスポートの返納命令を受けた。前例のない旅券返納命令は大きな話題となったが、じつはパスポートには私たちの知らないことが意外と多い。そこでパスポートの不思議を集めてみた! 【1】天皇皇后両陛下はパスポートをお持ちなの?昨年、戦後初めて天皇陛下が外国訪問される際の外交文書( 71)が公開 [全文を読む]

内戦シリアで日本人男性拘束 情報少なく、外務省苦慮 海外メディアも混乱の様子伝える

NewSphere / 2014年08月19日18時02分

【危険を顧みない渡航】 日本政府は、2011年以来、シリアへの渡航延期および避難勧告を出している。しかし、昨年初めにトラック運転手が戦争ツーリストとして入国し、紛争の写真やビデオを撮って話題となったように、報道関係者以外で、危険を冒して渡航する日本人がいるのも事実だ(AFP)。 『Vice News』は、湯川氏の安否は分からないとしながらも、ツイッターで [全文を読む]

外務省領事局長「企業のトップが、テロ対策のカギを握る」

プレジデントオンライン / 2017年02月19日11時15分

──年末年始は海外への渡航客も増える。そこで、外務省が進めている安全対策を聞きたい。 【能化】日本人がテロに遭遇しないこと、また、万が一テロが発生してしまっても被害を最小限にとどめることを第一義に考えている。そのためには渡航前から、そして滞在中も継続的に情報を収集分析することが重要だ。 そこでいま、外務省が力を入れているのが「たびレジ」だ。日程と渡航先な [全文を読む]

アウンコンサルティング発表 2016年のインバウンド市場動向総括と今後の展望 ~2020年に向けて必要なことは何か~

DreamNews / 2017年02月15日16時30分

※日本における年間の海外旅行客数(日本→海外)が人口の約12%となるため(※1)、日本からの海外渡航者全員が一つの国を選んでいるのと同程度の割合で、韓国や台湾で日本を選んでいます。 また、伸び率が上がっている国として、インドネシア27万人(前年比32.1%増)、フィリピン35万人(前年比29.6%増)、マレーシア39万人(前年比29.1%増)が挙げられ、 [全文を読む]

フォーカス