英語 外務省に関するニュース

特徴も金額も様々! それじゃあアナタの最適は? オンライン英会話教室徹底比較

ITライフハック / 2015年05月18日17時00分

かくなる筆者もそうで、英語圏なら、なんとかつたない英語を駆使して、コミュニケーションを図っている。帰国する際に「次に旅行するまでに、もう少し英会話能力を高めよう」と決心するのだが、気が付いたら、次の渡航計画が先に来てしまっているという、状況をここ数年繰り返している。英語ですらすらと会話できれば、仕事でも、旅行でも、さらに役に立つことは間違いない。英会話力は [全文を読む]

「日本版CIAなんて絶対できっこない!」なぜなら出世こそ外務官僚の目的だから

週プレNEWS / 2015年08月11日06時00分

河合 それで、佐藤さんはこの本の監訳を担当してますが、どういう経緯でそんなことになったんですか? 佐藤 イスラエルのある役所の元高官から「いい本だぞ、英語で作ったから読んでみろ」ともらったんです。 河合 その役所とは? 佐藤 モサドです(笑)。 河合 ほとんど著者じゃないですか(笑)。イスラエルの情報機関というと、まずイスラエル国防軍参謀本部にある「アマ [全文を読む]

神田外語グループが12月9日に「第6回全国学生英語プレゼンテーションコンテスト」を開催 -- 6月1日よりエントリー開始

Digital PR Platform / 2017年06月02日08時05分

神田外語大学・神田外語学院を擁する神田外語グループ(学校法人佐野学園/東京都千代田区/理事長 佐野元泰)は12月9日(土)、読売新聞社と共催で「第6回全国学生英語プレゼンテーションコンテスト」を開催する。これは、グローバル化が進むビジネスの現場で必要とされるコミュニケーションスキルの向上と、学生同士の真剣勝負の場の提供を目的としているもので、対象は大学生、 [全文を読む]

外務省が入省者へ課す「TOEFL100点以上」はどの程度のレベル??

JIJICO / 2016年01月15日19時00分

外務省は職員にTOEFL100点以上獲得を目標として課すと発表外務省は2016年度から、入省する職員に国際的な英語力テストTOEFLで100点以上の獲得を目標に課すことを決めたそうです。その狙いは、入省時から即戦力として高い英語力を身につけ、外交現場での交渉に役立てること、専門が英語以外であっても入省者全員に同じ目標を定め、必須な英語力の成長を期待するとい [全文を読む]

【皇室の英語学習法】各国要人との平時交流は“文通”が多い

NEWSポストセブン / 2013年07月07日07時00分

当然、我々と同じ国に暮らし、“英語漬け”の毎日を送っているわけでもないのに、である。そこには、皇室ならではともいえる「学習法」があった。 各国要人とのパーティでは、英語が「公用語」となる。その際の実践的な英会話とその予習が、確実に英語力のアップに結びついていることは疑いない。一方、平時での交流は“文通”になるという。 「陛下が直接、各国の王室と電話でお話 [全文を読む]

「国連英検ジュニア・テスト」で3歳から小学5年生までの46名が2年連続全員1級合格! 米国生まれの完全英語スクール『ズー・フォニックス・アカデミー自由が丘校・南浦和校・戸塚校』の快挙!

DreamNews / 2016年12月26日09時00分

Zoo-phonics Academy(ズー・フォニックス・アカデミー)は、ことばを覚える1歳から12歳までの子どもの英語力を早期に開発育成する、外国人教師による完全英語指導スクールです。このたび自由が丘校、南浦和校と戸塚校では、11月20日(日)に「国連英検ジュニア・テスト」を実施し、12月12日(月)に結果が届き、3歳児を含む46名全員が1級判定という [全文を読む]

[岩田太郎]【安倍首相、米議会演説の「二枚舌訳」は戦後日本の二重性の象徴 1】~その始まりとは~

Japan In-depth / 2015年04月27日19時00分

訪米中の安倍晋三総理大臣が4月29日に、米議会の上下両院合同会議で「未来志向」の英語演説を行い、日本敗戦70周年の歴史問題の認識については「侵略」と「反省」などの言葉を使って、米国民や世界にアピールする予定だ。具体的には首相が4月22日にインドネシアのバンドン会議演説で使用した「侵略(aggression)」と「深い反省(deep remorse)」という [全文を読む]

気になる社会人にインタビュー!第11回:通訳者に聞いてみた10のコト!

マイナビ進学U17 / 2016年03月03日12時04分

今回は、日英会議通訳者として活躍する寳閣綾子(ほうかく あやこ)さんにお話を伺い、通訳や翻訳のお仕事について詳しく聞いてみました!■いろいろな国に留学しながら、英語漬けの生活を送った学生時代Q1. 普段のお仕事について教えてください。「私は普段、さまざまな分野における会議などで、日本語を英語に、英語を日本語にする通訳の仕事をしています。通訳者や翻訳者の養成 [全文を読む]

気になる社会人にインタビュー!第11回:通訳者に聞いてみた10のコト!

進路のミカタ / 2016年03月03日12時04分

今回は、日英会議通訳者として活躍する寳閣綾子(ほうかく あやこ)さんにお話を伺い、通訳や翻訳のお仕事について詳しく聞いてみました!■いろいろな国に留学しながら、英語漬けの生活を送った学生時代Q1. 普段のお仕事について教えてください。「私は普段、さまざまな分野における会議などで、日本語を英語に、英語を日本語にする通訳の仕事をしています。通訳者や翻訳者の養成 [全文を読む]

グローバル人材転職フェアDaijob Go Global Career Fair@大手町

PR TIMES / 2016年01月27日16時05分

第一部:キャリアセミナー 国際機関で働くには 外務省 国際機関人事センター 萩野 敦年 氏第二部:英文履歴書・作成前の注意点と書き方 グローバル人材プロデューサー 鈴木 美加子 氏第三部:グロービス英語MBAプログラムの人気講師が登壇 ロジカルシンキングで面接に勝つ! 学校法人グロービス経営大学院 英語MBAプログラム 講師 ブライアン カスカート 氏第四 [全文を読む]

単語じゃないけど…日本発の絵文字が英語の「今年の単語大賞」に

まぐまぐニュース! / 2015年11月19日03時00分

オックスフォード英語辞典が毎年選出する「ワード・オブ・ザ・イヤー」に、今年初めて「Emoji(絵文字)」が選ばれた。受賞したのは「Face with tears of joy (喜びの涙を流す顔)」(下図)で、イギリスとアメリカで最も使用率が高い絵文字だという。日本発の絵文字は、英語でもそのまま「Emoji」と呼ばれ、SNSの発展とともに世界で急速に普及し [全文を読む]

北方領土問題はなぜ解決しないのか 佐藤優氏がその背景解説

NEWSポストセブン / 2012年02月07日07時00分

外務省主流派は常に米国か英国で英語を研修したアメリカ・スクールによって占められている。 北方領土交渉が本格的に動いていたとき、筆者はアメリカ・スクールの有力者である総合外交政策局総務課長に複数回呼び出され「警告」を受けたことがある。その内容は、「丹波(実・外務審議官)さんや東郷(和彦・外務省総括審議官)さんは北方領土返還をほんとうに解決しようと考えているん [全文を読む]

アメリカの大顰蹙を買った宮沢喜一首相の英語

クオリティ埼玉 / 2016年11月20日17時09分

私はわきにいて、彼らの英語が下手なのに、愕然とさせられた。しばしば誤訳したが、訂正したら、有為な青年の将来を傷つけたことになるから、黙っていた。 英語好きな日本人は、警戒したほうがよい。外国語は道具にしかすぎないのに、外国語に憧れると、人が道具に仕えるようになる。 外務省ではなく、大蔵省出身だったが、宮沢喜一首相がその典型だった。英字新聞をこれみよがしに [全文を読む]

拉致事件初の英語本出版~その紹介に動かぬ日本政府~

Japan In-depth / 2016年02月06日19時00分

実はこの書は北朝鮮による日本人拉致事件の内容を英語で詳述した初めての単行本だったからだ。であれば当然、日本の団体、最も自然な例としては日本外務省が大々的に宣伝してしかるべき書である。日本人拉致事件は驚くほど諸外国の一般には知られていない。アメリカがまさにその典型だといえる。なんの罪もない日本人の若い男女が日本国内、しかも自宅の近くで北朝鮮政府の工作員に襲わ [全文を読む]

中国がバラ撒く国外向け報道予算1兆円 一方日本は350億円

NEWSポストセブン / 2014年08月25日16時00分

NHK英語放送の予算(年間150億円程度)を合わせても、中国の足下に及ばない。約350億円に過ぎないのだ。 中国の国営メディア事情に詳しい拓殖大学の野口東秀・客員教授が解説する。 「CCTVは海外に60以上の支局を持ち、2012年1月にはケニアのナイロビに、2月には米国の首都ワシントンに制作センター(現地で独自に番組を制作・放送する拠点)を相次いで設立した [全文を読む]

安倍首相 邦人拘束事件で表に出ないのは何もできないためか

NEWSポストセブン / 2014年08月25日07時00分

インターネット上には拘束された湯川遥菜氏(42)が頭から血を流しながら尋問され、英語で「(自分は)写真家だ」などと名乗る映像が公開された。同氏はイスラム国と敵対する別の反政府武装組織・自由シリア軍と行動をともにしており、本稿執筆時点では生死は定かではない。 外務省は17日未明に対策室を設置。被害者の実父である湯川正一氏(74)は「17日16時15分に外務 [全文を読む]

内戦シリアで日本人男性拘束 情報少なく、外務省苦慮 海外メディアも混乱の様子伝える

NewSphere / 2014年08月19日18時02分

【YouTubeが発信元】 「ユカワハルナ」と名乗る男性は、YouTubeに投稿されたビデオの中で、血を流して地面に横たわっており、なぜシリアにいて、銃を持っていたのかと英語で尋ねられている。「写真家」、「ジャーナリスト、半分医者」という返答に、拘束者たちは嘘だと非難。彼らの一人は長いナイフを男性の胸の上に構え、そこでビデオはストップしている。 メディア [全文を読む]

元外務省国際情報局長、孫崎享「秘密保護法で自衛隊がアメリカの戦争に利用される」

週プレNEWS / 2013年11月19日20時00分

この文書は、日米の外交文書でありながら正文は英語のみで、日本語は“仮訳”しかないのですが、この仮訳がわざとかと思うほど、日本語として意味不明でして……。ですから私のほうで正文の一部を簡潔に訳すと『双方の閣僚は情報の保護を確実にする目的で、日本側が法的枠組みをつくるために真剣な努力をすることを歓迎する』と書いてある。 要するに日本が秘密情報を守るための法的 [全文を読む]

元駐日大使・崔天凱氏の駐米大使起用の狙いは日米の離間工作

NEWSポストセブン / 2013年01月09日07時00分

崔氏はもともと英語が堪能で、国連代表部に勤務経験があるが、外務省報道局長時代に江沢民国家主席の目にとまり、その後、アジア局長、外務次官補に昇格するなど出世階段を上り、2007年10月に駐日大使に抜擢された。 「中国外務省で日本スクールでなく、日本語もできない外交官が駐日大使に任命されるのは異例」と当時、話題になった。 大使在任中は報道局長を経験しただけあ [全文を読む]

高校生対象・第9回 IIBCエッセイコンテスト開催 テーマは『私を変えた身近な異文化体験』~米国大使館後援・一般社団法人日米協会協賛~

@Press / 2017年05月09日10時00分

日本でTOEIC(R) Programを実施・運営する、国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)(所在地:東京都千代田区永田町、理事長:室伏 貴之)では、一般社団法人日米協会協賛のもと、今年も高校生を対象とした英語エッセイコンテスト『第9回 IIBCエッセイコンテスト』を開催いたします。今回より米国大使館から後援をいただくこととなりました。本コンテス [全文を読む]

フォーカス