恋人 松下由樹に関するニュース

複雑に絡み合う人間関係!?記憶に残る“ドロドロ系ドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月25日09時55分

ドロドロといえばやはり恋愛『ずっとあなたが好きだった』『週末婚』『魔女の条件』人の感情がもっとも動くのは、やはり“愛情”ではないでしょうか?親子の愛や恋人の愛、尊いものではありますが、こじれるともっともめんどくさいものです。嫉妬に狂った女というのはとても恐ろしく、嫉妬に狂った男のしつこさと言ったら・・・。ウザイを通り越してキモいです。 その“キモさ”が爆 [全文を読む]

主題歌は名曲ばかり!今年の聖夜はドラマで楽しもう!クリスマスに観たい懐かしの恋愛ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年12月22日16時55分

恋人や家族と目一杯楽しみましょう。 美しく装飾されたイルミネーションを恋人と眺めるのも良いですし、美味しいフレンチで乾杯するのも楽しいでしょうが、暖かい部屋でくつろぎながら、DVDを楽しむクリスマスだって十分素敵じゃありませんか。今回はそんな、クリスマスに観たい懐かしの恋愛ドラマを5本選んで紹介させて頂きます。聖なる夜だからこそ、クリスマスならではの恋愛ド [全文を読む]

イライラムカムカさせるのは名女優の証拠!ドラマの中の印象的な悪女10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月30日12時55分

その後、同居する事になった際には復讐とばかりに暴言を吐いて意地悪し、あげくの果てにぼたんの恋人を死なせてしまいます・・・。もろもろの事情を知り仲直りしますが、今度は同じ人に恋をして、譲ろうとしたのにうまくいかず、これまた「ウラギラレター」と発狂・・・。結果、彼を譲ってもらう事になるのですが・・・。譲ってもらってからも、実は姉の子が彼の子だと分かり発狂して殺 [全文を読む]

「ハナミズキ」もアレの歌!一青窈“出産直前”暴露話に女性陣が総スカン

アサ芸プラス / 2015年10月02日05時59分

対談相手の阿川佐和子が“過去の恋愛”について話題を向けると、『7年間、恋人だった相手に家庭があることは知らなかった』『あきらめきれず、相手への思いを詩にして送り続けた』『相手は離婚したが、自分は結婚も出産も求められる身分ではなかった』などと赤裸々に告白していました。出産前で“マタニティハイ”だったのが暴露の原因ではと言われているのですが‥‥」(週刊誌記者) [全文を読む]

【試写室】「緊急取調室」名女優の演技でマル裸に!

Smartザテレビジョン / 2015年09月27日06時00分

親友の紹介で付き合い始めた恋人を殺した罪で6年も服役し、ようやく解放されたにもかかわらず、仮釈放からわずか3時間15分後に「人を殺した」と言って自首してきた。実際に供述通りの場所から、聖美の指紋や皮膚が付着した凶器と、男性の遺体が発見される。しかし、不可解なことに、遺体の死亡推定時期は約1週間前。どう考えても、刑務所に収監中だった聖美には不可能な犯罪だった [全文を読む]

相棒?腐れ縁?最強コンビ!魅力的なドラマの同性パートナー10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月26日09時55分

三代目の甲斐享は、弟子ポジションでしょうか?情熱的で直情的でありながらも冷めた視点も持ち、さらに年上の恋人と落ち着いた生活を営むという大人の部分も持ち合わせた、そのアンバランスさがまた魅力でした。 そして四代目の冠城亘。法務省のキャリアで後ろ盾を使ってやりたい放題、自由に事件を解決する、まるで初期の右京さんタイプ。似たものコンビになるのでしょうか?非常に楽 [全文を読む]

内館牧子「ハラスメントは過剰反応も含めて描く時代」と語る

NEWSポストセブン / 2015年07月11日16時00分

今は、恋人がいらないという人が4 割もいるそうで、『想い出にかわるまで』(※)のように、男女の恋愛模様に胸かきむしられる“恋愛がすべて”という時代ではないのですから」 久しぶりの連ドラ。取材当日はセットをまわり、キャストやスタッフと打ち合わせ。別の番組のスタジオにいた東山紀之が「内館先生、お久しぶりです」と挨拶にやってきて、一層賑わった。 「セットがあって [全文を読む]

フォーカス