主演ドラマ 鈴木京香に関するニュース

美人女優たちが共艶!NHKドラマはこんなに大胆!(2)鈴木京香主演ドラマがきっかけ

アサ芸プラス / 2016年03月05日17時57分

濃密なラブシーンで話題を独占したのは、10年放送の「セカンドバージン」。鈴木京香(47)が演じるバツイチの出版プロデューサー・中村るいと、17歳年下で既婚者の鈴木行(長谷川博己)とのズブズブの禁断恋愛劇が視聴者を釘づけにした。「ドラマに大胆なベッドシーンを取り入れれば、注目度が上がり、受信料を支払う若者世代が増えるのではないか、という上層部の発案で、『セカ [全文を読む]

結婚目前カップル・鈴木京香と長谷川博己が同棲解消 “鈴木京香の恋人”という肩書きに嫌気?

messy / 2015年07月16日18時00分

しかし、今年は年内の公開を控える映画『MOZU』の撮影などで忙しい長谷川と、今年に入ってからは仕事をセーブし、主演映画『おかあさんの木』のPRと、1~3月に放送された主演ドラマ『だから荒野』(NHK BSプレミアム)の同じくPRぐらいでオフ期間を過ごす鈴木にすれ違いが生じたという。また、昨年秋に鈴木の母親が病気になり、鈴木が母親を東京に呼び寄せたこともあっ [全文を読む]

鈴木京香 主演ドラマ撮影現場で女子会ならぬ熟女会を開催中

NEWSポストセブン / 2013年02月08日16時00分

の歌披露し大盛り上がり鈴木京香 43回目の誕生パーティーで長谷川博己とデレデレ [全文を読む]

芸能界“美女スター・ウォーズ”を独占封切り!「“視聴率女王”の座を争う米倉涼子と篠原涼子」

アサ芸プラス / 2015年12月27日09時57分

豪華な差し入れに執心したのも、この作品がきっかけです」(前出・民放関係者) 米倉をヤキモキさせた篠原も、今年10月スタートの主演ドラマ「オトナ女子」(フジテレビ系)が一度も10%にも届かず大惨敗。これに気をよくしたのか、米倉はドラマ「家政婦は見た!」(テレビ朝日系)の完成披露試写会に、胸元がパックリと開いたセクシードレスを着て登場。共演した西田敏行(68) [全文を読む]

尾野真千子が「主演ドラマ」ドタキャンで非難轟々!

メンズサイゾー / 2012年11月08日13時30分

昨年9月~今年3月まで放送され、人気を博したNHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』。ヒロインを演じた尾野真千子(31)は、とりたてて美人というわけではなく地味な顔立ちだが、女優としての存在感を見せつける好演を見せ、次作のオファーがひきもきらないという。今夏には向井理主演の日曜劇場『サマーレスキュー』(TBS系)にも準主役として出演、12月公開予定の映画 [全文を読む]

鈴木京香 長谷川博己と格差埋まるもなかなか結婚しないワケ

WEB女性自身 / 2017年06月18日11時00分

18日に最終回を迎える主演ドラマ「小さな巨人」(TBS系)も低迷するドラマが多い中、全話視聴率2ケタ超えと好調。すでに2人の 格 は並んだだけに、結婚には何の障壁もなさそうだが 。 「長谷川はかなり多忙ですが、鈴木は母親の介護があって仕事をセーブ中。結婚したとしても2人でゆっくり過ごす時間がないので、あえて籍を入れることを焦っていないようです」(映画業界関 [全文を読む]

最新“艶技派”3トップ美女優を徹底比較(2)キャバ嬢役で色気が増した佐々木希

アサ芸プラス / 2014年12月09日09時57分

目くるめく愛欲ドラマで深キョンが勝負を仕掛けてきましたね」(スポーツ紙芸能デスク) というのも、現在放送中の深田主演ドラマ「女はそれを許さない」(TBS系)の数字が平均6%台と超低迷中なのだ。 「視聴率は事務所後輩の綾瀬はるか、石原さとみ主演の秋ドラマの後塵を拝するほどの惨敗です。深キョンに地味な弁護士のスーツ姿は似合わなかった。不慣れな役の“保険”か、異 [全文を読む]

「2014 寿ゴールイン新春杯」誰が一番早く嫁に行く?(1)

アサ芸プラス / 2014年01月21日09時58分

4月から始まる長谷川の主演ドラマが終わったあたりに発表と見ています」 [全文を読む]

坂口憲二&永井大の不自然な結婚発表に、谷口元一ストーカー事件“隠れみの”説

サイゾーウーマン / 2014年01月18日13時00分

坂口に関しては、現在主演ドラマ『医龍4』(フジテレビ系)が放送中ということもあり「番宣目的」の向きもあるが、ほぼ同時期に、同じケイダッシュ所属の永井の結婚も公になったことは、「普通では考えられない」(芸能プロ関係者)という。 坂口の結婚相手となる30代の女性は、現在妊娠2カ月で、ドラマの収録が落ち着いたタイミングで婚姻届を提出予定という。一方、永井の所属事 [全文を読む]

「嫌いな女優」剛力彩芽・武井咲・上戸彩が上位になったワケ

メンズサイゾー / 2013年02月14日18時30分

強引なプッシュ方法が時代にそぐわないことを意味していると思います」(芸能記者) ただ現在放送中の剛力主演ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』(フジテレビ系)は、第5話までの平均視聴率が12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と及第点を獲得中。武井は昨年3シーズン連続でドラマ主演をこなしたが、それぞれの平均視聴率がどれも一桁台と低かった。『Wの悲劇』 [全文を読む]

芸能界に存在する共演NG枠 女同士の激しすぎる確執

メンズサイゾー / 2012年07月01日18時00分

長澤は今年放送された主演ドラマ『都市伝説の女』(テレビ朝日系)の打ち上げでも、「今後はもっと頑張って、さらに女優として一皮も二皮もムケて……あ、でも、男の人はもうムケているのかもしれませんが(笑)」と下ネタスピーチを披露。上野との関係が修復されることはなさそうである。 意外なところでは、仲間由紀恵(32)と篠原涼子(38)も共演NG。篠原がアイドルグルー [全文を読む]

水嶋ヒロか、長谷川博己か......? ミッチー卒業で注目集まる『相棒』新キャストは?

日刊サイゾー / 2012年02月23日08時00分

長谷川は文学座出身で演技力も評価されており、昨年放送された主演ドラマ『鈴木先生』(テレビ東京系)は大コケしたが、脇役としてはかなりの高評価。水谷は主役の自分をうまく光らせると確信したのか、『彼は、なかなかいいんじゃないですか』と側近に話しており、制作サイドも起用を真剣に検討し始めたようだ」(同) 長谷川は昨年10月から放送され、最終回の平均視聴率が40.0 [全文を読む]

フォーカス