講談社 宙出版に関するニュース

史上最大級! 23社88誌の編集長が勢揃い! eBookJapanが漫画雑誌編集長のオススメ漫画レビュー特集を公開

PR TIMES / 2012年07月20日09時16分

【協力雑誌名】(出版社名50音順)雑誌名 出版社名月刊コミックビーム エンターブレインハーモニィRomance 宙出版恋愛白書パステル 宙出版Young Love Comic aya 宙出版恋愛Revolutionラブレボ 宙出版Nextcomicファースト 宙出版マンガ・エロティクス・エフ 太田出版月刊少年エース 角川書店ヤングエース 角川書店月刊ASU [全文を読む]

上半期最も売れた電子書籍は『進撃の巨人』19巻!ブックリスタ上半期ランキング2016発表

PR TIMES / 2016年07月01日10時50分

ブックリスタ上半期ランキング2016(抜粋)1位:『進撃の巨人 attack on titan 19巻』諫山創(講談社)2位:『火花』又吉直樹(文藝春秋)3位:『あと100円でもう一品! 楽天レシピ 節約お料理ベスト100【文春e-Books】』文藝春秋・編(文藝春秋)4位:『キングダム 41』原泰久(集英社)5位:『キングダム 40』原泰久(集英社)6位 [全文を読む]

今年最も売れた電子書籍は『進撃の巨人』19巻!ブックリスタ年間ランキング2016発表、上半期ランキングに引き続き2冠達成

PR TIMES / 2016年12月16日12時30分

ブックリスタ年間ランキング2016■総合 ※20位まで抜粋1位:『進撃の巨人 19巻』諫山創(講談社)2位:『進撃の巨人 20巻』諫山創(講談社)3位:『火花』又吉直樹(文藝春秋)4位:『あと100円でもう一品! 楽天レシピ 節約お料理ベスト100【文春e-Books】』文藝春秋・編(文藝春秋)5位:『キングダム 41』原泰久(集英社)6位:『善悪の屑(1 [全文を読む]

出版社別ダウンロード数ランキングは講談社が第1位に eBookJapan が2013年上半期の出版社別ダウンロード数ランキングBEST20を発表

PR TIMES / 2013年07月11日15時25分

すべての端末を含む電子書籍サービス全体のダウンロードです)〈出版社別ダウンロード数ランキング〉1. 講談社2. 集英社3. 小学館4. 白泉社5. 竹書房6. 直接契約 *著者やプロダクションなど出版社を介さず契約している作品のDL数合計7. 双葉社8. 角川グループ9. 日本文芸社10. 株式会社ハーレクイン11. グループ・ゼロ12. 芳文社13. 秋 [全文を読む]

BookJapanが「年末年始に読みたいマンガ BEST100」特集を公開 『ヒストリエ』『人間仮免中』ほか、2012年の話題コミック第1巻ポイントを100倍還元!

PR TIMES / 2012年12月11日09時20分

◆ 「年末年始に読みたいマンガ BEST100」特集http://www.ebookjapan.jp/ebj/special/special_mangabest.asp実施期間:2012/12/11~2013/1/21・2012/12/11(火)掲載作品(一部抜粋)『ヒストリエ』(岩明均/講談社) 第16回 手塚治虫文化賞 マンガ大賞受賞『シュトヘル』(伊 [全文を読む]

各出版社の人気キャラ勢ぞろい!「年末年始は書店に行こう! コミックスdeお年玉キャンペーン」開催!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月28日17時30分

出版社の垣根を越えた大規模コミックキャンペーンなので、これは絶対見逃せない!!【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ●イラストカード『蒼き鋼のアルペジオ』(Ark Performance/少年画報社)『あせびと空世界の冒険者』(梅木泰祐/徳間書店)『暗殺教室』(松井優征/集英社)『orange』(高野苺/双葉社)『ケロロ軍曹』(吉崎観音/KADOKAW [全文を読む]

嵐・松本潤のCM発表会で騒然?”声がけ禁止令”で怒号飛び交う

デイリーニュースオンライン / 2017年03月25日12時38分

女好きで有名な小栗旬(34)とも親友関係があり、2010年冬に美女をホテルに連れ込んだ現場を写真週刊誌『フライデー』(講談社)に押さえられるなど女ネタに事欠かぬ小栗に感化されたのかもしれない。松本の女遊びに対する姿勢はそう簡単に改まりそうもないですね」(前出・芸能デスク) それでも松本は、天下のジャニーズのトップスター。事務所の力で報道陣を押さえつける前に [全文を読む]

セクシー路線に転向?元フィギュア村主章枝の迷走はどこまで続く

デイリーニュースオンライン / 2017年03月07日11時55分

昨年2月に発売された『週刊ポスト』(小学館)では、大胆なセクシーグラビアに挑戦し話題を集め、同年12月には『週刊現代』(講談社)で、さらに今年2月には写真集の発売も決定している。 「村主自身もトリノ、ソルトレイクと2度の五輪に出演したものの、その後バンクーバー五輪には落選しており、以降スポンサー契約を打ち切られるなど厳しい現実があったようです。また、引退後 [全文を読む]

タラレバ作者・東村アキコの離婚騒動でなぜか”大バッシング”の顛末

デイリーニュースオンライン / 2017年03月06日11時40分

それが2015年から雑誌『モーニング・ツー』(講談社)連載されていた『ヒモザイル』だ。 「東村のもとで働く男性アシスタント達を、いい感じのヒモ男に仕立てて、働くキャリアウーマンたちとマッチングさせようという、エッセイ漫画でした。『実録!ヒモ男養成』と銘打って作品を発表したものの、第一話がネットで公開されるなり、大炎上しました。結局第2話をもって休載となって [全文を読む]

あの一言が許せなかった?小倉優子がカリスマ美容師夫と離婚

デイリーニュースオンライン / 2017年03月06日09時00分

2月24日発売の写真週刊誌『フライデー』(講談社)では菊池氏の連日のキャバクラ通いや「料理本を出しているのにメシがマズイ」といった暴言を報道されたばかり。これに続き、28日発売の『女性自身』(光文社)でも、小倉優子が菊地勲氏に対して離婚と7000万円の慰謝料を求めたと報道するなど波紋が広がっていた。 「菊地氏は小倉が第二子を妊娠中の昨年8月、小倉の後輩タレ [全文を読む]

ママタレは継続?小倉優子が”7千万円離婚”で勝ち取る新キャラクター

デイリーニュースオンライン / 2017年03月03日08時00分

先ず、2月24日発売の写真週刊誌『フライデー』(講談社)が、夫で美容師の菊地勲氏の連夜のキャバクラ通い、そして「料理本を出しているのにメシがマズイ」といった暴言を報道。これに続き、28日発売の『女性自身』(光文社)が、小倉優子が菊地勲氏に対して離婚と7000万円の慰謝料を求めたと報道するなど波紋が広がっている。 「菊地氏は小倉が第二子を妊娠中の昨年8月、小 [全文を読む]

西内まりやに香里奈も撃沈…”フジ爆死作”と好調ドラマの違いとは

デイリーニュースオンライン / 2017年03月01日11時45分

2014年に写真週刊誌『フライデー』(講談社)に“大股開き写真”が掲載されて以降、急落したイメージを立て直す最中の香里奈にとっては予想外の痛手となっている。 一方で、好調なドラマもある。 ■キーパーソンはあの映画監督か 視聴率面では吉高由里子(28)主演の『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)が、安定した数字を残している。現在1ケタ視聴率が並ぶ連続ドラマの中で [全文を読む]

小倉優子に安田美沙子ら不倫で悩む女を救う”あのタレント”が急浮上

デイリーニュースオンライン / 2017年02月28日11時30分

その一方、写真週刊誌『フライデー』(講談社)で小倉優子の夫であるカリスマ美容師の菊地勲氏との離婚危機が報じられている。 現在二人は既に別居中の状態で、菊地氏はキャバクラ通いを続けているという。さらに小倉に対する暴言や、第2子の名前についても教えてもらっていないと発言しているようだ。小倉は結婚以降、ママタレとしてのポジションを確立している。そのため、以前に菊 [全文を読む]

生々しすぎる?不倫報道のマギーが堂々と”同居番組”出演で物議に

デイリーニュースオンライン / 2017年02月18日12時00分

マギーのTwitterは、1月13日の写真週刊誌『フライデー』(講談社)の不倫報道以降、荒れまくり。マギーは知らんぷりして投稿を続けているが、一部ユーザーから「SMAPが解散した今、芸能界の闇の象徴はあなたです」「お前が出家しろ」と過激な言葉を受けている。 2月にこそ清水の「幸福の科学」への出家騒動が取り沙汰されているものの、マギーバッシングの勢いはまだ [全文を読む]

山本裕典の”お持ち帰り現場”にも出現?川谷絵音&ほのかりんの現在

デイリーニュースオンライン / 2017年01月27日08時47分

写真週刊誌『フライデー』(講談社)で報じられた、俳優・山本裕典(29)の深夜デートが思わぬ波紋を呼んでいる。記事によると、1月9日の夜にとある企業の社長が主催の飲み会が開催され、総勢10人くらいのアイドルの卵が集まり、盛況だった様子。その中の1人を、山本裕典が気に入ったようだ。飲み会終了後、女性と一緒にタクシーに乗る姿をばっちり捕捉されている。 「山本さん [全文を読む]

不倫報道はなかったことに?マギーの”お気楽SNS”に怒号の嵐

デイリーニュースオンライン / 2017年01月26日07時05分

1月13日に写真週刊誌『フライデー』(講談社)により報じられたタレントのマギー(24)とロックバンド・Hi-STANDARDの横山健(47)の不倫騒動は、未だ静まる気配がないようだ。この騒動はテレビニュースで大きく取り上げられることはなく、マギーもこれまで完全にスルー状態。通常通りレギュラー番組に出演している。 しかし、メディアの報道の扱いに関して、マギー [全文を読む]

不倫でもテレビに居座り続ける?マギーの姿勢に視聴者が猛反発

デイリーニュースオンライン / 2017年01月25日08時46分

今月13日に発売されたの写真週刊誌『フライデー』(講談社)にて、パンクバンド・Hi-STANDARDのギターボーカルである横山健(47)との不倫が報じられたモデルのマギー(24)。同報道に対する業界の“スルー対応”に、再び注目が集まっている。 二人が出会ったきっかけは、マギーがMCを担当している深夜番組『バズリズム』(日本テレビ系)での共演だという。横山の [全文を読む]

マイナスイメージが拭えぬ?香里奈ドラマ『嫌われる勇気』大惨敗のワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年01月22日08時05分

香里奈といえば2014年、写真週刊誌『フライデー』(講談社)にあられもない姿の“大開脚写真”をスッパ抜かれた。それ以来、芸能活動は減少の一途をたどり、最近になってようやくお茶の間での露出が増えてきた。だが2015年に『結婚式の前日に』(TBS系)の主演を飾って爆死している。この時の戦犯も香里奈と見なされた。 「『嫌われる勇気』も5%に突入したらいよいよ危な [全文を読む]

隠し子騒動も影響なし?イケメン俳優・真剣佑が”ブレイク必至”のワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年01月05日11時55分

12月7月に写真週刊誌『フライデー』(講談社)が、当時まだ19歳だった真剣佑に、その時点で5歳となる隠し子がいるという驚愕のスクープを報じたのだ。すなわち、真剣佑が14歳の時点で生まれたという衝撃の事実だ。 報道によれば、相手はロサンゼルス在住の日本人女性で、千葉もよく知る30代~40代の既婚者だという。当時14歳だった息子と性的行為に及んだことに対して [全文を読む]

成宮寛貴に”コカイン吸引”疑惑?証拠写真で暴かれた謎の素顔

デイリーニュースオンライン / 2016年12月02日09時09分

12月2日発売の写真週刊誌『フライデー』(講談社)で、成宮寛貴が薬物らしきものに興じる様子をとらえた写真が掲載されたのだ。記事では、同席した男性がこの薬物を「コカインだ」と証言し、「美味しかったぁ、美味しかったぁ」と成宮寛貴が恍惚にひたる肉声音源を、編集部が入手していることを明らかにしている。今回の現場は、成宮寛貴の都内の自宅マンションとのことだが、芸能関 [全文を読む]

フォーカス