松田優作 石原裕次郎に関するニュース

CS放送「チャンネル銀河」 スカパー!無料放送期間6月1日(土)~10日(月)に “松田優作”出演作品を特集放送

PR TIMES / 2013年05月28日14時30分

CS放送ドラマ・エンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河」は、スカパー!無料放送期間6月1日(土)~10日(月)に“松田優作”出演作品11タイトルを特集放送。 番組放送後に流れるキーワードで応募すると、豪華プレゼントが当たるキャンペーンも実施します。 ドラマ・エンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河」(チャンネル銀河株式会社、東京都千代田区、代 [全文を読む]

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

後のジーパン刑事、松田優作である。 ちなみに、降板したショーケンが次に出演したドラマが『傷だらけの天使』(日テレ)だった。■14年間ものロングランに 『太陽~』以前、刑事ドラマでレギュラーの刑事が殉職することは、まずなかった。だが、怪我の巧妙か、ショーケンの殉職シーンは高視聴率を取ったばかりか、以後、ジーパン(松田優作)、テキサス(勝野洋)、ボン(宮内淳) [全文を読む]

西部警察を巡る「石原裕次郎・渡哲也」の激情バトル(1)「映画のため局の移籍を決意」

アサ芸プラス / 2017年04月12日12時57分

刑事・黒岩頼介(渡哲也)率いる黒岩軍団の活躍を描くアクションドラマで、石原裕次郎と渡哲也の二枚看板を中心に、寺尾聰、神田正輝、松田優作など若手人気俳優たちが活躍。石原プロは日本テレビと二人三脚で、テレビ界を席巻していた。 ところが3年後、「大都会PARTIII」を最後に石原プロは突如手を引き、テレビ朝日で「西部警察」をスタートさせる。「大都会」シリーズの [全文を読む]

第18回「王者日テレの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月10日20時00分

ショーケン(萩原健一)が『傷だらけの天使』に『前略おふくろ様』、松田優作が『俺たちの勲章』に『探偵物語』、勝野洋が『俺たちの朝』、沖雅也が『俺たちは天使だ!』――等々。 中でも、最も印象に残るのは、やはりあのドラマだろう。■『傷だらけの天使』という伝説 1974年10月5日。時の総理・田中角栄が退陣する原因となる『文藝春秋』11月号が発売される4日前、伝説 [全文を読む]

最近よく見る筒状の電子たばこ・IQOS、発売直後にたばこ市場塗り替え…煙出ず害激減

Business Journal / 2016年08月23日06時00分

米ハリウッドではジェームズ・ディーンやクリント・イーストウッド、日本では松田優作、石原裕次郎、アニメの世界ではルパン三世に出てくる次元大介。煙をくゆらせながらの渋い演技にしびれた、我々お父さん世代も少なくないのではないか。最近では、西島秀俊がたばこの似合う俳優の座を勝ち得ているようだ。 少年時代に、おもちゃのたばこをくわえながら、たばこを吸う俳優の仕草をま [全文を読む]

名作ドラマ“至高の最終回”の謎を総直撃!(5)あの傑作の最終回を厳選プレイバック

アサ芸プラス / 2016年03月09日01時57分

「太陽にほえろ!」(72~86年、日本テレビ系)は、マカロニ(萩原健一)やジーパン(松田優作)など、若手刑事の殉職シーンがあまりにも有名。では、番組そのもののラストはどうだったのか? 86年11月14日、七曲署にボス(石原裕次郎)が4カ月ぶりに帰ってきた。「オレはねえ、4年前にさあ、心臓を切った大手術をしたんですよ」 取調室で若い女に向かってつぶやく。当時 [全文を読む]

荒ぶる「刑事ドラマ」の男たち(3)アンケート「オレが愛したこの1作」

アサ芸プラス / 2012年03月07日10時54分

「新米刑事がかっこよく、殉職も壮絶でした」(宮城・47歳)、「子供時代の定番ドラマ 松田優作の名シーンからずっと見続けていた」(大阪・47歳)、「石原裕次郎以下、出ている俳優陣の個性が強く、見入っていました。刑事の殉職も話題が豊富で、よくマネをしていました」(北海道・52歳)。「若手刑事」の「殉職」というインパクトが14年続いた国民的人気番組の大きな武器だ [全文を読む]

フォーカス