高橋ひとみ 現在に関するニュース

天才テリー伊藤対談「高橋ひとみ」(1)自分よりアウトな人がいて安心かも

アサ芸プラス / 2016年03月22日01時57分

●ゲスト:高橋ひとみ(たかはし・ひとみ) 1961年、東京都生まれ。寺山修司演出の舞台オーディションに合格し、17歳で芸能界入り。79年、「バルトークの青ひげ公の城」で舞台デビュー。その後、83年に「ふぞろいの林檎たち」(TBS系)、85年に「スケバン刑事」(フジテレビ系)など、さまざまな人気ドラマや映画に出演するほか、バラエティ番組や情報番組などでも活躍 [全文を読む]

語っていいとも! 第26回ゲスト・中山忍「ライバルが中山美穂だったのかもしれないけど、素直に言えなかった」

週プレNEWS / 2016年07月17日12時00分

―以前、ゲストで出ていただいた高橋ひとみさんも誰しも認める魅力的な女性なのにずっと御縁がなくて。「なんでこんな男ばっかり?」って相手がきちゃうと(笑)。 中山 ひとみさん、面白いですよね(笑)。 ―それが50代になって、たまたま巡り合わせで気がおけない男性と出会って結婚して。気楽な感じで暮らされているそうですが。 中山 だから私もずっとひとりって決めてる [全文を読む]

語っていいとも! 第8回ゲスト・蛭子能収「お金さえあればもう自由なんで。いっぱいあればあるに越したことはない」

週プレNEWS / 2015年08月09日12時00分

あ、えっと、あの旦那さんとね、古いお付き合いで高橋ひとみさんとかはどうですかね。 ―おー、女優の。それはまた魅惑的な…最近バラエティ番組とかもよく出られて。ご一緒される機会も多いんですかね。 蛭子 そうですね。友達というほどの付き合いではないんですけど、旦那さんとは古いから。英語ができるのでよく海外でお世話してもらって…。 ―関係性がよくわかりませんが(苦 [全文を読む]

夏菜「指扇は山奥」発言を、埼玉県民に謝罪

日刊大衆 / 2017年06月07日06時05分

今回の放送では、“似たもの芸能人赤裸々ノンフィクション”というテーマで、夏菜の他、女優の高橋ひとみ(55)らが私生活を語った。番組開始から20分ほどたった頃、夏菜が6年前に同番組に出演したときに紹介された、ゲームが好きすぎて1日中パソコンに向かっている姿が再び流され、NHK連続テレビ小説『純と愛』で主演を務めてから、女優として充実した日々を送ってきたと説 [全文を読む]

佐々木蔵之介が恩師との感動エピソードに思わず涙!?

Smartザテレビジョン / 2016年09月06日06時00分

9月7日(水)にテレビ朝日系で放送される「あいつ今何してる?」(夜7:00-7:56ほか)に佐々木蔵之介、高橋ひとみが登場。 9月10日(土)に主演映画「超高速!参勤交代リターンズ」が公開される佐々木は、小学校の卒業アルバムを見ながら事前打ち合わせを開始。小学2年生のころからリレーの選手に選ばれ続け、俊足の持ち主だったと振り返る。 だが、目立つタイプではな [全文を読む]

語っていいとも! 第10回ゲスト・三田寛子「その夏の『セブンティーン』の応募から人生が180度、パン!って」

週プレNEWS / 2015年08月30日12時00分

第9回のゲスト・高橋ひとみさんからご紹介いただいたのは、女優・タレントの三田寛子さん。 80年代はアイドルとして大人気、ドラマ、バラエティーでも活躍し、歌舞伎俳優の中村橋之助さんと結婚後は梨園の妻として尽くす日々。3児の子育てもこなしつつ、多忙な中、変わらぬ若さの彼女にお会いしたーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―高橋ひとみさんからのご紹 [全文を読む]

語っていいとも! 第38回ゲスト・IVAN「男のコから女のコになる時が唯一、生まれて初めて芯がブレた」

週プレNEWS / 2017年03月19日12時00分

この語っていいとも!でも、以前に出ていただいた高橋ひとみさんともこういう話になって。彼女は当たり前に結婚すると思ってたのがずっと独身で、まさか50歳過ぎての出会いで初めて結婚するとは、っていう。 なんか、いろんな巡り合わせでそんな話をさせてもらうのも、テーマもなくお仕事でやってる感のない、この企画ならではの面白さではと。 IVAN 確かに。最初話し始めた時 [全文を読む]

坂上忍、くりぃむ有田の結婚を番組で予言していた

WEB女性自身 / 2016年12月07日14時00分

お相手は高橋ひとみ似の一般女性で、交際期間は約2年。出会いは「合コンです。合コン婚です」と告白した。 番組に出演した、有田の元付き人兼運転手で現在、映画パーソナリティとしても活躍する芸人・コトブキツカサ(43)は、有田の結婚について次のように語った。 「本当に(有田さんの)ガードが固くて。相手が一般の方なので、有田さんは(相手に)本当に気を使っているんです [全文を読む]

夏樹陽子「63歳の水着姿」が“セクシーすぎる”と大評判!

日刊大衆 / 2016年09月28日15時00分

女優の高橋ひとみ(55)は「ああやってスパーンと水着になられると、かつて釣り企画で“大物釣れなかったら水着にさせるぞ”って言われたのをかたくなに“嫌だ!”って言ってた私がバカみたい」とコメントしていた。 また二年ほど前、大学生にナンパされたという夏樹。また、別の大学生ぐらいの男性にも話しかけられたことがあるというエピソードも披露し、その男性は好みのタイプだ [全文を読む]

語っていいとも! 第10回ゲスト・三田寛子「芸能界が学校で、卒業して株式会社成駒屋に就職した感じ」

週プレNEWS / 2015年09月13日12時00分

前回の高橋ひとみさんからご紹介いただいた第10回ゲストは、女優・タレントの三田寛子さん。 『セブンティーン』の応募から人生が180度変わったという、中3の夏からデビューまで。その後もアイドル全盛期の80年代を駆け抜けたが、歌手活動は本人自ら「歌が下手だった」と先週は赤裸々な告白も…。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―でもそれで、言葉は悪いです [全文を読む]

語っていいとも! 第10回ゲスト・三田寛子「『駈けてきた処女』は素晴らしいメンバーなんです!…なのに歌が下手だった」

週プレNEWS / 2015年09月06日12時00分

前回の高橋ひとみさんからご紹介いただいた第10回ゲストは、女優・タレントの三田寛子さん。 歌手活動やドラマ、バラエティーと大活躍だった80年代黄金期のアイドル時代。『セブンティーン』の応募から人生が180度変わったという、中3の夏からデビューまでのエピソードを先週は語っていただいたが…。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―それで、この芸能界の道 [全文を読む]

【医師たちのリアル恋愛事情】ナースじゃない!? 医大教授の意外な不倫相手

デイリーニュースオンライン / 2015年04月24日11時50分

2000年放映の、滝沢秀明が医療訴訟原告となった少年を主演した『太陽は沈まない』(フジテレビ系)では、高橋ひとみが演じる看護師は、大杉漣が演じる外科部長の愛人であった。 2006年放映の『小早川伸木の恋』(フジテレビ系)では、古谷一行が演じる外科教授が、市毛良枝が演じる看護師長と二十数年の不倫関係を続けながら若手ナースにも手を付けて、看護師長に贈収賄を内部 [全文を読む]

「2014 寿ゴールイン新春杯」誰が一番早く嫁に行く?(1)

アサ芸プラス / 2014年01月21日09時58分

年末に交際2カ月でスピード婚を決めた高橋ひとみ(52)のように結婚には勢いが必要です。長い交際の末にゴールインできなかった堤真一との前例もある。長谷川にも逃げ切られる可能性もあります」(前出・城下氏) しかし、芸能評論家の織田祐二氏は本命◎を打つ。 「昨年、みのもんたに夫婦と間違われるほどのアツアツぶりを暴露されていた。今回の『昨年夏から互いに結婚を意識』 [全文を読む]

フォーカス