クイズダービー 大橋巨泉に関するニュース

大橋巨泉さん死去の報道でファン悲しみ「テレビが終わった」との声多数

しらべぇ / 2016年07月20日10時00分

『世界まるごとHOWマッチ』や『クイズダービー』など、昭和時代を象徴するような人気テレビ番組で多数司会を務めていた超大物司会者だけあり、ネット上では悲しみの声が多数あがっている。■Twitterで見られるファンからの悲しみの声#大橋巨泉 #永六輔 昭和のテレビを作ってきた人達が相次いで、、、— 守護戦士Lv.10(鎧:怪しい着ぐるみ) (@shin_zoo [全文を読む]

故・大橋巨泉さん追悼番組で『クイズダービー』『11PM』に復活の兆しか

日刊サイゾー / 2016年07月22日13時00分

過去にヒット番組を持っている局は強く、たとえば『クイズダービー』を放送したTBSは当然その番組映像を使用し、かつての共演者にコメントをもらっている。 同局放送の『世界まるごとHOWマッチ』も大橋氏の人気番組だったが、こちらはMBS制作のため、使うなら『クイズダービー』のほうが優先されるだろう。 実は同番組、大橋氏を偲ぶ元番組関係者が「また復活させたい」と話 [全文を読む]

大橋巨泉さん 「今のテレビでやりたいことない」の真意とは

NEWSポストセブン / 2016年07月26日07時00分

『11PM』『クイズダービー』などの司会者として親しまれた大橋巨泉さん死去のニュースは、各所で大きく報じられている。巨泉さんがテレビ界に残した足跡は計り知れない。巨泉さんが司会を務めた人気番組の舞台裏からは、テレビ界の現状も見えてくる。巨泉さんにインタビューしたことのあるコラムニストのペリー荻野さんが考察する。 * * * 7月12日、82歳で世を去った大 [全文を読む]

大橋巨泉氏の偉業の一つ 『ビートポップス』の思い出

NEWSポストセブン / 2016年07月24日07時00分

* * * 7月12日、急性呼吸心不全のため、82才で亡くなった大橋巨泉さんの主な出演テレビ番組として、『11PM』(日本テレビ系)、『お笑い頭の体操』(TBS系)、『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』(日本テレビ系)、『クイズダービー』(TBS系)、『世界まるごとHOWマッチ』(TBS系)などがスポーツ紙やワイドショーで取り上げられていた。いずれも、私が小中 [全文を読む]

【訃報】大橋巨泉さん、 死去。「テレビの先駆者が」ネットでも悲しみの声

秒刊SUNDAY / 2016年07月20日09時41分

タレントで、クイズダービーなど数々のテレビ番組の司会などを務めておりました「大橋巨泉」さんが亡くなったことが明らかになりました。巨泉さんはがんの治療のため集中治療室にはいっていたとのことですが、急性心不全のため12日に亡くなっていたとのことです。82歳でした。【速報 JUST IN 】タレントの大橋巨泉さん 死去 #nhk_news https://t.c [全文を読む]

往年の「クイズダービー」が一夜限りの完全復活でファン歓喜!司会はもちろん大橋巨泉

AOLニュース / 2014年12月18日12時30分

1973年から1992年にかけて放送され、お茶の間で多くの笑いと興奮を巻き起こしたTBS系列の人気クイズ番組『クイズダービー』。放送後も往年のファンたちを中心に、その復活を望む声が相次いでいたが、そんな同番組が、来る12月19日夜のTBS系列『中居正広の金曜日のスマたちへ』で、一夜限りの完全復活を果たすことが判明した。 今回、『中居正広の金曜日のスマたちへ [全文を読む]

みのもんた 大橋巨泉に「おれならこうやる」と言われドキッ

NEWSポストセブン / 2016年12月08日16時00分

おれのしゃべりは底が浅いのかと反省し、しゃべり方や話の展開に注意するようになりました」 『クイズダービー』『11PM』『世界まるごとHOWマッチ』などの名番組で高い人気を得ながら、56才にしてセミリタイアした。弟で所属事務所社長の大橋哲也さんがその真意を語る。 「兄は“人間、運の総量はみな同じ”とよく口にしてました。その運に気がつくか、生かすか、避けるかを [全文を読む]

主演は阿部サダヲに!? 故・大橋巨泉氏の自伝ドラマに高い壁「人気番組の放送局がバラバラで……」

日刊サイゾー / 2016年08月08日11時00分

たとえば日テレに話を持って行っても、TBSが協力してくれない、ということがあるんだ」(同) 大橋氏の代表的な番組では『11PM』(日本テレビ系)、『巨泉のスター百面相』(フジテレビ系)、『クイズダービー』『ギミア・ぶれいく』(TBS系)、『世界まるごとHOWマッチ』(MBS)などがあるが、放送局はバラバラ。昨年放送されたドキュメンタリー『大橋巨泉がん4度目 [全文を読む]

故・大橋巨泉さん 献身の妻が後悔する「在宅がん治療」

NEWSポストセブン / 2016年07月28日16時00分

『11PM』や『クイズダービー』など、伝説の番組を創設した“テレビ界の巨星”の晩年は、満身創痍だった。 2005年の胃がん発覚以降、咽頭がん、悪性リンパ腫などこれまで4度のがん手術を経験。11年にわたる壮絶闘病を支えたのは、妻の寿々子さん(68才)だった。 「365日ずっと一緒にいましたね。もう片時も離れずに。巨泉さん、がんを患ってからもゴルフが大好きで。 [全文を読む]

大橋巨泉氏 終活の日々と叶わなかった「金婚式の夢」

NEWSポストセブン / 2016年07月24日16時00分

『11PM』『世界まるごとHOWマッチ』『クイズダービー』など往年の人気番組の司会者・大橋巨泉氏が82歳で亡くなった。 死因は急性呼吸不全だったが、2005年に胃がんを発症して以来、長く病魔と闘ってきた。2013年には中咽頭がんとなり、その後リンパ節や肺にも転移。度重なる手術や放射線治療にも耐え続けた。全盛期には80キロあった体重は45キロにまで激減してい [全文を読む]

大橋巨泉さん死去......司会やタレント業のみならず、「勝負」の世界にも精通

Business Journal / 2016年07月20日19時00分

『11PM』(日本テレビ系)や『クイズダービー』(TBS系)など60年代~80年代の多数の人気番組司会者として活躍し、がんの闘病をしていた大橋巨泉さんが12日、急性呼吸不全のため、入院先の千葉県の病院で死去した。82歳だった。 大橋さんは生前、芸能人、放送作家、司会業、実業家、政治家とマルチに活躍した才人。その中には、「競馬評論家」としての一面もあった。 [全文を読む]

『笑点』の司会者交代は不安の声 人気凋落の可能性も?

しらべぇ / 2016年05月02日21時00分

(1)『クイズダービー』(TBS系) 大橋巨泉→徳光和夫1976年から1990年まで大橋巨泉が司会を務め、日本テレビをフリーになった徳光和夫に交代。約2年後の1992年に番組終了となった。大橋のイメージが強く、徳光が司会をやっていたことを知らない人も多い。(2)『クイズ世界はSHOW by ショーバイ』(日テレ) 逸見政孝→福澤朗逸見政孝司会で1988年に [全文を読む]

大橋巨泉はがん闘病を諦め自宅売却 事務所社長が終活を証言

NEWSポストセブン / 2016年01月04日07時00分

クイズダービー』(TBS系)などの司会で知られる大橋巨泉(81)は今、病魔と闘っている。 2005年に胃がんを発症すると、2013年には中咽頭がんになり、その後、がんがリンパ節や肺に転移。幾度となく手術を行ない、放射線治療にも耐えた。昨年11月に腸閉塞の開腹手術を受けると、体重が激減した。大橋の知人が近況を語る。 「手術後に会った時には話し辛そうにしてい [全文を読む]

巨星墜つ…気になる大物の訃報

NewsCafe / 2016年07月22日15時30分

1990年、56歳でセミリタイアを宣言してますから、デスクも知らないんじゃないですか」 デスク「今の現役芸能記者で、巨泉さんの全盛期…つまり40年前に取材したっていうのはいないよね」 記者「セミリタイアと言いながら、時々番組に出てたし、一時は政界進出もして…」 デスク「死の直前まで書き続けてきた週刊現代の連載コラムなんかも、編集長が替わって連載が打ち切られ [全文を読む]

意図的? 勘違い? 故・大橋巨泉氏が遺した大量の“安倍政権批判”未掲載原稿

日刊サイゾー / 2016年07月21日18時00分

大橋氏は『クイズダービー』(TBS系)などの司会者として活躍し、競馬評論や実業家としても成功していたが、芸能界引退宣言し、2001年に民主党(現民進党)から参院選に出て当選。当時は小泉人気への対抗馬となったが、当選直後に起きたアメリカ同時多発テロでの安保問題をめぐって「アメリカを支持する」として党に反発、わずか半年で辞職。「民主党がこれほど反民主的な集団 [全文を読む]

大橋巨泉の遺言「安倍晋三に一泡吹かせて下さい」がテレビの追悼特集でことごとくカットに! その政権批判を改めて聞け

リテラ / 2016年07月21日07時30分

たしかに、『11PM』(日本テレビ)や『クイズダービー』(TBS)、『世界まるごとHOWマッチ』(MBS)といった人気番組の司会を数々こなし、一方でお茶の間ロックやアングラ演劇などのサブカルチャーをテレビにもち込んだり、クイズバラエティを定着させたりといった巨泉氏の功績が大きいのは言うまでもないが、最後の遺言にも顕著なように、巨泉氏は自民党の強権性にNO [全文を読む]

有吉弘行『なるほど!ザ・ワールド』、期待外れの10%! リメイク番組はなぜ“コケる”のか?

サイゾーウーマン / 2015年10月18日13時00分

去年12月、『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)に大橋巨泉が出演、その波瀾万丈な人生を振り返るとともに、最高視聴率40.8%を記録した人気番組『クイズダービー』(同)が彼の司会によって完全復活。当時のファンを喜ばせたが、結果は10.8%と平凡な数字に終わった。 また、そんな巨泉のもう1つの代表的番組『世界まるごとHOWマッチ』(同)が今年3月、ゴー [全文を読む]

TBS60周年特別企画「TBSもさんまも60歳」は近年稀にみる素晴らしいバラエティ

メディアゴン / 2015年10月16日14時30分

・「世界まるごとHOWマッチ」「クイズダービー」の大橋巨泉。・「クイズ100人に聞きました」「東京フレンドパークの」関口宏。・「ぴったしカン☆カン」「ザ・ベストテン」の久米宏、黒柳徹子。・「風雲たけし城」のビートたけし。・「朝ズバッ!」のみのもんた・「はなまるマーケット」の岡江久美子、薬丸裕英。なぜ、これらの人々はキャスティングされていないのか。ひな壇に集 [全文を読む]

フォーカス