徳川家康 本多忠勝に関するニュース

てんうたキャラ紹介動画第5弾は「ほんわか大名・徳川家康」が登場! マーベラス×DMMGAMESが送る本格アイドル育成ゲーム『天歌統一ぷろじぇくと』

PR TIMES / 2017年02月17日17時19分

今回動画に登場するのは「徳川家康」と「本多忠勝」。のちに天下人となる徳川家康も今はまだ未完の一大名。愛獲活動になにやら悩みがあるようです。雨野智晴氏作詞のオリジナルボーカル曲『a piece of cake!』も必聴です![画像1: https://prtimes.jp/i/2581/1857/resize/d2581-1857-596055-0.jpg [全文を読む]

てんうたキャラ紹介動画第5弾は「ほんわか大名・徳川家康」が登場! マーベラス×DMMGAMESが送る本格アイドル育成ゲーム『天歌統一ぷろじぇくと』

デイリーニュースオンライン / 2017年02月17日17時00分

今回動画に登場するのは「徳川家康」と「本多忠勝」。のちに天下人となる徳川家康も今はまだ未完の一大名。愛獲活動になにやら悩みがあるようです。雨野智晴氏作詞のオリジナルボーカル曲『a piece of cake!』も必聴です! ■キャラクター紹介動画第5弾「徳川家」の公開についてURL: 『天歌統一ぷろじぇくと』ではLive2D®を採用しすべてのキャラクターが [全文を読む]

徳川家の末裔も愛用? あの「天下分け目の戦い」をポップによみがえらせた「関ヶ原Tシャツ」を着て天下を取るでござる

PR TIMES / 2016年08月30日11時53分

この戦いで争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍。今回は、その東軍と西軍の各武将をTシャツ上でアイコン化いたしました。[画像1: http://prtimes.jp/i/17413/8/resize/d17413-8-321275-1.jpg ]白と黒のシンプルな配色にもかかわらず、ジャパニーズモダンな表現 [全文を読む]

真田一族の夢の跡。40枚の写真で綴る隠れた名城・上田城の物語

まぐまぐニュース! / 2016年03月21日01時00分

駕籠 真田信之の妻、大蓮院(小松姫、徳川家康の重臣で徳川四天王の一人、本多忠勝の娘)が江戸から草津温泉に湯治に向かう途中で亡くなり、その遺骸を上田まで運んだ際に使用された駕籠といわれています。 次ページ>>上田城で会える、真田三代の勇姿 真田三代 真田昌幸、信繁(幸村)、大助の三代の人形です。六連銭(六文銭)の幕も目をひきます。 真田昌幸 武田二十四将の [全文を読む]

『真田丸』で注目の本多忠勝 ファンを惹きつける魅力

NEWSポストセブン / 2016年02月28日16時00分

大阪・堺を遊歴中に「本能寺の変」を聞かされた徳川家康は、難所「伊賀越え」を終え、居城である浜松城に戻り側室の阿茶局と休養していた。そこへ鎧をまとった本多忠勝が、主君である家康の眼前に恐縮する素振りもなくドッカと座り込む。重みでほこりが舞い散り、阿茶局が思わずせき込む。 疲労困憊している家康とは対照的に「一晩で回復しました」とケロリとしていた忠勝がその場で [全文を読む]

『真田丸』登場の本多忠勝 「人は見た目が9割」的な逸話も

NEWSポストセブン / 2016年02月28日07時00分

幼い頃から徳川家康に仕え、永禄3年(1560年)の13歳で初陣を飾った。 その後、元亀元年(1570年)の「姉川の戦い」にも参戦し、家康の本陣に迫りくる朝倉軍に対し単騎駆けで対抗、五尺三寸(約175cm)もの太刀「太郎太刀」を持つ真柄直隆と一騎打ちを行ない、その名を馳せた。 その後、「一言坂の戦い」で武田軍をも感服させ、「小牧・長久手の戦い」では敵方の豊臣 [全文を読む]

天下分け“爪”の戦い? 戦国の新商品「関ヶ原Tシャツ」に感化された女性がネイルアートで武将を再現!

PR TIMES / 2016年09月30日13時57分

この戦いで争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍。今回は、その東軍と西軍の各武将をTシャツ上でアイコン化しています。[画像1: http://prtimes.jp/i/17413/9/resize/d17413-9-712599-0.jpg ]そのアイコンをネイルアートに取り込んだのが、Instagramネ [全文を読む]

「真田丸」藤岡弘、“ほれ込んだ”本多忠勝役を語る!

Smartザテレビジョン / 2016年09月23日17時00分

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)9月18日放送では、関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康(内野聖陽)が天下を握り、昌幸(草刈正雄)・信繁(堺雅人)は第二次上田合戦に勝利したものの、徳川に屈することに。真田信幸(大泉洋)は、家康に二人の助命を嘆願しに行くのだが、そこで共に家康の説得に当たったのが義父・本多忠勝(藤岡弘、)。自らの命を懸けた忠勝の気迫に、家康も [全文を読む]

藤岡弘、語る娘の教育法「手を上げたら抱きしめて愛を囁く」

WEB女性自身 / 2016年09月10日06時00分

徳川家康の中心、本多忠勝を熱演中だ。ドラマでは熱血漢ぶりと同時に、娘を溺愛する涙もろい父親でもある。 「文献によると、忠勝の長女・稲(小松姫)が真田信幸に嫁いだのは14~15歳のとき。戦国の世では珍しいことではありませんが、私にも同じ年頃の娘がいますので。稲と一緒に親子を演じるときは、稲が自分の娘のように思えて気持ちが入りました(笑)。『真田丸』の忠勝は稲 [全文を読む]

推し武将は東軍?西軍? 勝負時に着たい関ヶ原Tシャツ

&GP / 2016年09月01日21時10分

争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍だ。 モノトーンでシンプルながら、見る人が見ればわかるでしょ?と言わんばかりの力強さのあるデザイン。描かれているのは、東軍8名(本多忠勝、福島正則、井伊直政、 細川忠興、小早川秀秋、徳川家康、黒田長政、藤堂高虎)、西軍8名(島左近、石田三成、大谷吉継、立花宗茂、安国寺恵 [全文を読む]

真田丸の危機は徳川家康ではなく「高畑裕太」がもたらした

しらべぇ / 2016年08月26日05時30分

・合わせて読みたい→女優・高畑淳子の長男・裕太容疑者が強姦傷害で逮捕 素早いSNS対応に驚きの声(取材・文/しらべぇ編集部・澤田真一) [全文を読む]

浜松・家康公祭りに藤岡弘、が見参!

Smartザテレビジョン / 2016年05月29日10時02分

「家康公祭り」は、浜松城主を17年間務めた徳川家康公をたたえ、毎年開催されていて、ことしが3回目となる。 トークショーでは、藤岡が、浜松市のキャラクター“出世大名家康くん”、千葉・大多喜町から応援に駆け付けた本多忠勝をモチーフとしたキャラクター“おたっきー”と共演。 「真田丸」の内野聖陽演じる家康の人間味あふれるキャラクターや、戦国最強といわれる忠勝の家 [全文を読む]

今夜の予習!恋愛・結婚が運命を変える大河ドラマ『真田丸』

しらべぇ / 2016年04月10日19時00分

しかし、上田合戦の敗北によって真田家を懐柔する必要に迫られた徳川家康は、重臣である本多忠勝の娘、小松姫を自らの養女として真田信幸に正室として嫁がせた。■関ヶ原で真田家が二分する遠因に後に西軍を率いる石田三成と親しい大谷吉継の娘を妻にする、弟・信繁。東軍の大将、徳川家康の養女と結ばれる兄・信幸。真田家が親子・兄弟で東軍・西軍に別れて戦ったきっかけは、この結婚 [全文を読む]

堺雅人主演 '16年大河「真田丸」 に大泉洋ら!

Smartザテレビジョン / 2015年07月10日12時47分

また、段田安則は武田滅亡後の真田家の新たな主となる滝川一益役、遠藤憲一は越後の戦国大名・上杉景勝役、吉田羊は信幸の正室・小松姫役、藤岡弘、は小松姫の父で徳川家の重臣・本多忠勝役、高嶋政伸は真田と関東の覇権を争う北条氏政役、斉藤由貴は徳川家康の側室・阿茶局役、近藤正臣は家康の名参謀・本多正信役、そして内野聖陽は信繁の宿敵・徳川家康役に決定した。 さらに、会 [全文を読む]

徳川家康没後400年記念 特別展『大 関ヶ原展』(東京都江戸東京博物館)開幕2日目で来場者1万人突破!!

@Press / 2015年03月30日17時30分

現在、東京都江戸東京博物館にて開催中の徳川家康没後400年記念特別展『大 関ヶ原展』の来場者数が、開幕2日目(3月29日(日))に、早くも1万人を突破しました。 昨日 3月29日(日)、記念セレモニーを執り行い、東京都江戸東京博物館の竹内誠館長より、1万人目の来場者に展覧会カタログなどの記念品が贈呈されました。 1万人目の来場者となったのは、徳島県徳島市か [全文を読む]

“歴女”杏も熱く語る!「大 関ヶ原展」が開催

Walkerplus / 2015年01月29日19時06分

3月28日(土)から5月17日(日)まで、徳川家康没後400年記念特別展「大 関ヶ原展」が東京都江戸東京博物館で開催される。同展では、徳川家康と徳川四天王(酒井忠次、本多忠勝、榊原康政、井伊直政)の具足や石田三成の愛刀、島左近の兜など、合戦に参加した武将の武具が展示され、「関ヶ原合戦図屏風」「関ヶ原合戦絵巻」の出陳数は10点以上と過去最多。史上最大級の規模 [全文を読む]

【ヤジ問題】実は戦国時代からヤジは存在していた!過去には秀吉を挑発した武将も

AOLニュース / 2014年06月30日17時00分

その代表例が、徳川家康に仕えた猛将、本多忠勝である。信長が本能寺の変で没した後、家康方(織田・徳川連合軍)と秀吉方(豊臣軍)の正面衝突となった小牧長久手の合戦において、忠勝は秀吉を挑発する目的から、「それ羽柴秀吉は野人の子。そこから馬前の走卒になり...」と、貧農から一代で成りあがった秀吉の出自に触れることでプライドを刺激しつつ、さらに信長の恩に報いぬ「逆 [全文を読む]

「庶民ほど税に苦しむ」異常な国、日本の現実 富裕層は「抜け穴」で恩恵を受けまくる

東洋経済オンライン / 2017年03月31日11時00分

徳川家康の忠臣、本多忠勝が城主となった大多喜城が観光のシンボルだが、最近はふるさと納税でもらえる金券の「ふるさと感謝券」が富裕層の間で注目を集めた。町は2014年12月に返礼品として金券を贈り始め、2015年度の寄付額は前年度の40倍近い18億5500万円と急増した。うち96%が金券を求める寄付だった。2016年4月末の大型連休中に町を訪ねた。町の中心部に [全文を読む]

【おんな城主直虎】プロレスラー真壁刀義が大河ドラマに参戦

しらべぇ / 2017年03月26日10時00分

いつも大きな声で発生し、西田敏行演じる徳川家康から少し迷惑がられていたシーンも。プロレスラーの演じる歴史人物は、とにかく手加減なしの全力疾走ぶりが際立っている。真壁刀義も、そのような迫力ある演技を見せてくれるのだろうか。・合わせて読みたい→【おんな城主直虎】「井伊氏最大の敵」武田信玄は誰が演じるのか(取材・文/しらべぇ編集部・澤田真一) [全文を読む]

岡田准一主演「関ヶ原」に東出昌大ら豪華キャスト出陣!

Smartザテレビジョン / 2017年01月18日12時00分

対する東軍では、徳川家康を支え、“井伊の赤鬼”の異名を持つ猛将・井伊直政に、映画・舞台などでは欠かせない演技を見せる北村が、初芽と同じく「伊賀の忍び」として家康に仕え、次第に側近となっていく蛇白には、数々の作品で記憶に残る演技ぶりをみせつける伊藤が。 そして、“三成憎し”の思いから家康を支持する武断派の武将福島正則を演じるのは、TEAM NACSのメンバ [全文を読む]

フォーカス