赤坂 ビジネスホテルに関するニュース

タイ・流通大手セントラルグループと沖縄のホテル運営会社・株式会社フェリーチェ(沖縄県那覇市)が合弁化に伴い業務提携。2018年3拠点でホテル開業予定。

PR TIMES / 2016年03月29日13時45分

2020年オリンピック開幕に向けて2018年度中に東京都港区赤坂、大阪市中央区心斎橋、沖縄県名護市山入端にホテルを開業予定。 フェリーチェはタイ流通大手 セントラルグループ関連会社であるBaby Kiko Sdn Bhnとの間で 合弁事業契約を締結した。 この合弁契約を機に、業務提携を行った。 [画像: http://prtimes.jp/i/18430 [全文を読む]

ホテル運営会社「株式会社フェリーチェ」は2018年秋までに、新ブランドのホテル3店を開業決定。2020年東京オリンピックを照準にしたホテル事業・第一弾がいよいよ始動する。

PR TIMES / 2016年09月26日14時27分

2018年春には、東京都港区赤坂に167室、大阪市中央区東心斎橋に216室のビジネスホテルを開業予定。沖縄に本社のある「株式会社フェリーチェ」は、現在国内にデザイナーズビジネスホテル「HOTEL RELIEF」(ホテルリリーフ)、「HOTEL StoRK」(ホテルストーク)4店を展開するホテル運営企業。同社は2012年の会社設立よりホテル事業を順調に成長さ [全文を読む]

初の女性専用施設「ナインアワーズウーマン神田」2017 年7 月27 日(木) オープン!

PR TIMES / 2017年05月23日17時40分

また、ナインアワーズは、都市で働くビジネスパーソンの宿泊やトランジット需要にお応えするため、空港や駅などの交通インフラ施設内や大都市駅至近物件のビルインで「ナインアワーズ」を順次開業しており、京都、成田空港、仙台、北新宿、神田に加え、2018 年春には赤坂、浅草、竹橋、蒲田での新規開業を計画しております。ナインアワーズは、これからも要素として「シャワー」+ [全文を読む]

話題のアパホテルは、なぜ支持される? その“最強”ポイントとは…

週プレNEWS / 2017年01月30日18時00分

一方のアパは赤坂や六本木で5千円を切る価格となることもちらほら。そんな、曜日や時期によって、安いときには徹底的に安くする姿勢はまさに最強。 さらに、スリッパを使い捨ての簡素なものにしたり、掃除の手間を省くために、ゴミ箱を可燃物用、不燃物用に分けるなど、細かいところにコスト削減の意識が見られ、価格に反映されるのも魅力的なポイントだ。 【最強ポイント02】 経 [全文を読む]

東新宿再開発エリアに誕生するクリエイティブホテル 「新宿グランベルホテル」2013年12月18日(水) グランドオープン

@Press / 2013年10月01日14時00分

■渋谷、赤坂を超えるフラッグシップホテルの誕生このホテルは、開業後から高い人気と稼働率を誇る「渋谷グランベルホテル」(2006年開業、105室)、ならびに「赤坂グランベルホテル」(同年開業、61室)に続く、“グランベルブランド”3つめのプロパティとなり、客室数もこれまでを大きく上回る380室と、同ブランドのフラッグシップホテルとして位置付けられます。高いク [全文を読む]

三浦展の「東京のつくられ方」散歩 第1回「日本橋に火力発電所があった頃(そしてフクシマへの途)」

週プレNEWS / 2013年08月22日06時00分

本郷、麹町、市ケ谷、赤坂、麻布といったあたりである。今の文京区、千代田区(神田周辺は除く)、港区にほぼ相当する。 このように、川に近い低地(下町)には町人などの庶民が住み、台地(山の手)には武士が住むという形式が、その後、東京の人口が増えつづけていく過程の中でも踏襲されていく。つまり、主に労働者階級の人々が住む場所は日本橋、神田界隈から北や東に広がる低地に [全文を読む]

笑福亭鶴光 「移動は基本的に電車」を貫く先輩の言葉

NEWSポストセブン / 2016年08月28日07時00分

あの人は食わんなとか、パクパク食うてるとか、ああ、あの人は持ち帰りよったぞとかね(笑い)」 大阪から上京して約30年たつが、いまも1泊数千円の赤坂にある同じビジネスホテルを定宿とし続けている。テレビ局が用意する高級ホテルに泊まることを潔しとしないのだ。浅草の寄席に出るときは、健康のため上野で電車を降りて、1時間ほど歩いて向かうことが多い。 「歩きながら頭の [全文を読む]

連休がなくても旅行できる!ゲストハウスに泊まって、純喫茶を味わう「東京レトロ旅」おすすめ4箇所!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月17日11時00分

赤坂の一等地に建ち、かつては政界や財界人も足を運ぶ高級料亭だったという。小石の敷き詰められた中庭や木の窓枠など、いたるところにその建物の歴史を感じることができる。“古いこと”は決して悪いことではない。むしろ、高級料亭が醸しだすハイソな空気は、時間をこえてさらに価値のあるものになっている。ビジネスホテルでは味わえない雰囲気に酔いしれるのもゲストハウスの楽しみ [全文を読む]

世界的ホテルの潮流は客が開発費負担するフェラーリモデル

NEWSポストセブン / 2016年01月31日16時00分

今年は東京だけでも星野リゾートの「星のや東京」、旧赤坂プリンスホテル跡地に「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」が開業するだけでなく、新しいビジネスホテルも次々とオープンしている。日本の宿泊施設は、このホテル戦争をどのように乗り切るべきか、経営コンサルタントの大前研一氏が解説する。 * * * 現在のホテル戦争は世界的なものだ。昨年11月には「マリオット・ [全文を読む]

デラックスホテルが開業ラッシュ 全国最旬エリアを識者解説

NEWSポストセブン / 2016年01月11日07時00分

「赤プリ」の愛称で親しまれたグランドプリンスホテル赤坂の跡地開発プロジェクト「東京ガーデンテラス紀尾井町」には、「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」が夏頃開業予定。ホテル・オフィス棟の上層 7 フロア(30~36 階)を占める。既存のプリンスホテルとは異なる最上級のカテゴリーとなる。 定番人気のホテル「ディズニーホテル」では、国内で4番目となる「東京デ [全文を読む]

アジアのNEXT ARTISTとホテル空間が融合する 東新宿再開発エリアに誕生するクリエイティブホテル 新宿グランベルホテルが2013年12月18日(水)グランドオープン

PR TIMES / 2013年10月16日14時56分

新宿グランベルホテルは、これまでUDSが設計を手掛けた「渋谷グランベルホテル」(2006年開業・105室)、ならびに「赤坂グランベルホテル」(2006年開業・61室)に続く、“グランベルブランド”三つめのプロパティとなり、客室数もこれまでを大きく上回る380室と、同ブランドのフラッグシップホテルとして位置付けられております。コンセプトは「FUN to ST [全文を読む]

フォーカス