遠雷 石田えりに関するニュース

石田えり、ライザップ効果はどんだけ?!

NewsCafe / 2017年05月26日14時00分

本人もライザップも、体重よりウエストの減り方のほうをアピールし、体は絞れた、と」 デスク「オイラの世代には彼女が20代のときに見せたグラビアや映画『遠雷』(1981年)の中でボリュームのあるおっぱいもしっかり見せてくれたり、30代ではヘアヌードも披露した記憶が鮮烈なんだよね」 記者「もちろん、そこまでの回復は無理でも、本人はもともと60歳の節目にグラビアを [全文を読む]

石田えり56歳 ウエスト15センチ減!グラビア体型に大変身

しらべぇ / 2017年05月25日06時30分

81年『遠雷』でヌードを披露し、日本アカデミー賞・優秀主演女優賞を受賞。『釣りバカ日誌』シリーズではハマちゃんの妻役を88年から94年まで演じている。また、93年にはヘアヌード写真集「罪」を発売し、抜群のプロポーションとボンテージ姿が話題に。今回の挑戦理由について、石田は、元々60歳でグラビアをする目標があり、合わせてトレーニングをしようと思っていたが、オ [全文を読む]

石田えり、ライザップ後のグラビア宣言に「今のぽちゃ体形でグラビアを」の声

アサ芸プラス / 2017年02月17日05時59分

81年公開の映画『遠雷』や93年発刊の写真集『罪』などで、石田のみごとなプロポーションの虜になってきたファンにとって、グラビア宣言は確かにうれしい限りでしょう。しかしオールドファンからは、やせて筋肉質なボディになった石田のグラビアより、自分たちと同じように年齢を重ねてボリュームアップしたぽっちゃり体型のままのグラビアが見たいという声が多いようです。完成され [全文を読む]

石田えりがライザップ後のグラビアを公開、ボディに「復活」の兆しが!

アサ芸プラス / 2017年05月25日05時59分

そのボディは引き締まってはいるものの、かつて、映画『遠雷』(81年)や写真集『罪』(93年)などで見せたプロポーションに比べると、そこはかとなく年齢相応の肌の『柔らかさ』も伝わってきます」(芸能ライター) シャワーを浴びるカットでは、水着を着たことでできたと思われる日焼けの跡ものぞかせている。「表情の多くが笑顔ですが、どれも昔の石田と変わりない若々しさを感 [全文を読む]

目指すは史上最強50代美ボディ!石田えりがグラビア復帰に向け本格始動!

アサ芸プラス / 2017年02月10日19時15分

石田といえば、いまや映画「釣りバカ日誌」をはじめ、様々な映画・ドラマ・舞台に活躍中だが、かつては映画「遠雷」などでその美麗肢体を披露し、お世話になった貴兄も多いのではなかろうか。 また、写真集「罪」(ヘルムート・ニュートン)や「1979+NOW」(篠山紀信)などで魅せた美しきスタイルは、いまも目に焼き付いていることだろう。 だが、そんな石田も年齢を重ね、 [全文を読む]

目指すは史上最強50代美ボディ、女優・石田えりがおばさん体型脱却に挑む!

アサジョ / 2017年02月10日19時15分

石田といえば、いまや映画「釣りバカ日誌」をはじめ、様々な映画・ドラマ・舞台に活躍中だが、かつて、映画「遠雷」などでその美麗肢体を披露していたのはご存知だろうか? また、写真集「罪」(ヘルムート・ニュートン)や「1979+NOW」(篠山紀信)などで魅せた美しきスタイルは、男性のみならず女性からも賞賛された憧れのプロポーションだったのだ。 だが、そんな石田も [全文を読む]

石田えり、RIZAP挑戦で20年ぶりのグラビア宣言!

Smartザテレビジョン / 2017年02月09日04時00分

かつては映画「遠雷」('81年)などでヌードを、またグラビア写真集などでは水着姿も披露している。 そんな石田は、年齢を重ね、自身の体形の変化に戸惑いや諦めを感じるとともに、自己流のダイエットで努力をしてもなかなか結果が出ず、かつての体形へと戻らない現実に直面。その悩みをRIZAPで克服し、グラビアへの再挑戦をかなえるため、RIZAPに挑むことを決意した。 [全文を読む]

日本映画の濡れ場60年史 今の大女優が脱いだ70~80年代

NEWSポストセブン / 2016年08月07日16時00分

石田えりは1981年、農村を舞台とした『遠雷』でビニールハウスの中で一戦まじえた。2人とも、前出の岡田氏が口説いている。 [全文を読む]

前田敦子 R15指定映画も本人出演シーンはR指定なし

アサ芸プラス / 2014年08月06日09時58分

荒井氏もまた、監督・脚本を手がけた「身も心も」では、かたせ梨乃の壮絶なカラミを演出したほか、石田えりの「遠雷」、吉本多香美の「皆月」など、際どいシーンを描き出している。なのに、である。 映画ライターの若月祐二氏も落胆の色を隠さない。 「女優としての凄みが感じられないんですね。まだアイドル的な部分を引きずっている気がします。写真集では手ブラまでやっているのに [全文を読む]

フォーカス