対策 九州大学に関するニュース

九大と富士通研究所、スパコンを活用し復旧作業のスケジュールを高速に立案する技術を開発

JCN Newswire / 2015年07月10日14時50分

ビッグデータ数理解析基盤技術を応用し、社会課題を解決TOKYO, July 10, 2015 - (JCN Newswire) - 国立大学法人九州大学(注1)(以下、九州大学)マス・フォア・インダストリ研究所(注2)と株式会社富士通研究所(注3)(以下、富士通研究所)は、災害時のライフラインや交通網などの復旧対策において、スーパーコンピュータ(以下、スパ [全文を読む]

九州大学病院と医師専用コミュニティサイト「MedPeer」、新型がん治療薬の副作用対応策をオンラインで全国の医師に共有

PR TIMES / 2017年05月01日10時04分

具体的には、「MedPeer」内に専用ページを開設し、九州大学病院が作成する副作用対策ガイドラインや患者向けの副作用確認シートを提供すると同時に、作成に携わる医師や薬剤師による解説動画を九州大学病院の協力のもとで作成し、「MedPeer」の医師会員が参照できるようになりました。[画像1: https://prtimes.jp/i/10134/93/resi [全文を読む]

排水機能を有するスパイラル羽根付き鋼管による豪雨と地震に耐える盛土補強工法

PR TIMES / 2016年09月28日16時51分

― 高速道路リニューアルプロジェクト 大規模更新・修繕事業※ ―西日本高速道路株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:石塚由成)と株式会社ドーユー大地(本社:広島市西区、代表取締役社長:前田良刀)と西日本高速道路メンテナンス九州株式会社(本社:福岡市中央区、代表取締役社長:藤下幸三)は、豪雨および地震に対する盛土の安定対策工として、排水機能を有する鋼管 [全文を読む]

認知症を予防できる未来へ。ホタテ由来のプラズマローゲン最新研究成果 [PR]

認知症ねっと / 2017年06月01日12時00分

認知症対策としてなぜプラズマローゲンが研究されているのか?例えば、高齢者の認知症で最も発症率の高い「アルツハイマー型認知症」の場合、原因はまだはっきりと解明されていませんが、脳内に蓄積された特殊なタンパク質によって脳の神経細胞が破壊されることが原因ではないかと言われています。しかし最近、その原因は神経炎症説が有力となってきました。前述の通り、プラズマローゲ [全文を読む]

花粉が“飛ばない”スギの開発へ前進

QLife / 2017年03月02日10時00分

同研究所では、林業分野におけるスギ花粉症対策のひとつとして、少花粉スギと無花粉スギの開発に取り組んでおり、これまでに花粉の少ない少花粉品種142品種、花粉の飛ばない無花粉品種3品種を開発しています。 しかし、これらの品種改良には最短でも4年近くかかるなど課題も多く、短期間で効率よく開発するために、DNAマーカーの開発が求められていました。そこで、同研究所林 [全文を読む]

認知症者を支える「安全で安心なまちづくりの推進」へ参加【西九州大学】

認知症ねっと / 2015年06月24日16時00分

今回の推進事業には、認知症患者を抱える方への対応に関する事項も含まれており、徘徊対策も行われる。介護予防モデル事業なども開催西九州大学と吉野ヶ里町社会福祉協議会は、5月より介護予防モデル事業を開始するなど、連携事業を行っていた。町内の70歳以上の高齢者を対象に、半年間の予定で、学生が考案したレクリエーションを取り入れ、運動や認知機能の向上を行っている。西九 [全文を読む]

津田大介氏のTV『日本にプラス』で認知症予防策を久山町研究責任者の清原裕氏が語る

認知症ねっと / 2015年02月10日10時22分

政府も対策として、新オレンジプランや認知症対策に重点をおいた介護報酬の改定策の発表など、取り組みに力を入れる。 そのような中、注目されているのは「認知症予防策」。 その認知症予防策について30年間定点調査を続け、要因の究明で画期的な成果を挙げているのが「久山町研究」だ。世界も注目する先進的な研究はなぜ可能だったのか。そこから分かった意外な認知症予防策とは [全文を読む]

調光・調色 照明制御手法について、九州大学と共同で検証実験を実施。「知的生産性」と「健全なサーカディアンリズム(生体リズム)」の維持が可能であることを確認

PR TIMES / 2012年08月27日17時34分

※1:サーカディアンリズムとは、人が持つ約24時間周期の生体リズムのこと■ 発表の概要東日本大震災以降、節電対策として照明を減灯するオフィスが増加しています。オフィスにおけるJISの推奨照度は750 lx(ルクス)とされており、減灯によって照度が不足し、暗く陰鬱な空間になっているオフィスが見受けられます。一般的に、照度が下がると覚醒度が低下すると考えられて [全文を読む]

参考書だけで大学合格!?武田塾が大学別 独学方法の動画まとめサイト開設

@Press / 2016年05月24日10時30分

この動画はチャンネル登録者数1万人を超えるYouTubeチャンネル『武田塾チャンネル』の中でも人気の動画シリーズで、これから有名大学・難関大学を目指す受験生の大学対策に最適な動画シリーズです。 【動画ラインナップ】 ◆センター試験全科目 ◆国立大学 東京大学/京都大学/大阪大学/名古屋大学/北海道大学/東北大学/九州大学/茨城大学/筑波大学/埼玉大学/千 [全文を読む]

事故なき社会(株)が“明日の事故ドライバー”発見テストを開発 車で移動する「営業マン」を抱える企業向け ~ 交通事故防止の権威・九州大学名誉教授 松永 勝也氏が監修 ~

@Press / 2015年10月05日11時00分

交通事故の90%は「初犯(これまで一度も事故を起こしたことのない人)」にもかかわらず、多くの企業は、事故を起こした社員への対策に注力しており、それだけでは当然、事故を減らすことはできません。本気で事故を減らすためには、“未来の事故ドライバー(事故を起こしそうな人)”に研修を受けさせることが重要です。たった一つの事故が、長い年月をかけて築いた企業の信頼を損な [全文を読む]

「原発ゼロ」が終わった日。川内原発再稼働を新聞各紙はどう伝えた?

まぐまぐニュース! / 2015年08月12日19時50分

1つは、事故の進展を止めるための高い放射線量下での作業をどうするかという問題、2つ目には航空機テロに対する対策。中央制御室が破壊された場合に使用する代替施設の設置は18年まで猶予されたままだ。 再稼働万歳 【読売】はとにかく全体に「再稼働万歳」といった調子。1面の基本的な記事の隣には「原発再スタート」と文字通り嬉しそうなタイトルの連載記事を始めている。第1 [全文を読む]

ランサーズ、総務省の「ふるさとテレワーク推進のための地域実証事業」委託先に採択

PR TIMES / 2015年07月09日10時02分

[画像1: http://prtimes.jp/i/10407/27/resize/d10407-27-931835-5.jpg ]1、概要地方の人口減少への対策が求められている今、首都圏から移住する予定又は移住を検討したいと思っている人は調査対象の約4割※を占めつつも、地方での仕事に対する不安が、移住への歯止めをかける要因であると言われていました。総務省 [全文を読む]

新興国進出支援のエルエス・パートナーズ(株)主催【インドビジネスのリスク管理と対策 ~取引先信用調査・社員バックグランド調査によるリスク対策~】セミナー開催

DreamNews / 2014年07月18日14時00分

新興国ビジネスコンサルティングを行う、エルエス・パートナーズ株式会社(本社:東京都新宿区)代表:松野 小百合が、2014年7月23日(水)に【インドビジネスのリスク管理と対策 】~取引先信用調査・社員バックグランド調査によるリスク対策~セミナーを開催いたします。 日々成長を続ける巨大市場、新興国への進出はいまや日本企業にとって急務の課題です。しかし市場とし [全文を読む]

中国からの大気汚染拡散 対策はマスクではなく外出を控える

NEWSポストセブン / 2013年02月05日16時00分

予防・対策としては外出を控えることが第一」だという。 中国の越境汚染が日本でピークを迎えるのは、3月~梅雨の期間。本番はこれからなのだ。 ※女性セブン2013年2月14日号 【関連ニュース】北京市民 深刻な大気汚染に前衛的デザインのマスクで対抗する中国で「釣魚島、中国的!」と書かれた“反日マスク”が登場中国版Twitter 北京の大気汚染で「屋外活動自粛」 [全文を読む]

健康寿命を脅かす高齢者の骨折・転倒 ~専門家が予防対策を呈示~

PR TIMES / 2012年10月02日12時35分

高齢者の骨折・転倒予防対策が急務」と運動器の健康の重要性を訴えた。高齢者では、上腕骨近位部(腕のつけね)、橈骨遠位端(手首)、椎体(背骨)、大腿骨近位部(足のつけね)の骨折が多くみられる。特に、大腿骨近位部を骨折すると、5割が骨折前の機能まで回復せず、2割が1年以内に死亡するなど、日常生活・生命予後に大きな影響を及ぼす。この骨折の原因としては、骨粗鬆症と単 [全文を読む]

「週刊女性」が「共謀罪」10P大特集!「テロリストには役立たず、戦争反対運動つぶしに役立つ」と徹底批判

リテラ / 2017年04月22日18時00分

この法案が必要な根拠として盛んに喧伝している「テロ対策」という名目はすでに詭弁以外なにものでもないことが明らかになっている。先日本サイトでも報じたように、今回の「共謀罪」の取りまとめ役となっている自民党法務部会長・古川俊治参院議員も、20日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)での玉川徹氏とのやり取りのなかで「テロなんて言ってませんよ、この法律 [全文を読む]

戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)「日本-イスラエル共同研究」における平成28年度新規課題の決定について

PR TIMES / 2016年12月13日19時20分

(1)「多様なカメラを活用した群衆行動の変化検出」 (研究代表者:東京大学 生産技術研究所 教授 佐藤 洋一、ヘブライ大学 計算科学工学科 教授 マイケル・ウェーマン) 本研究は、多様なカメラから得られる映像情報から人々の行動モデルの獲得ならびに行動変化の迅速な検出のための画像解析基盤を構築することで、防犯や災害対策などの社会的要請の高い課題の解決に向け [全文を読む]

快挙。現役予備校生チームが、慶應義塾大学SFC研究所と日本マイクロソフト株式会社主催『データビジネス創造コンテスト』の「審査員特別賞」に選ばれました!

DreamNews / 2016年04月01日16時00分

“J-girls”が提出したテーマは「子どもを差別せず 教育費もかからず 少子化対策もできるビジネス」。最終プレゼンテーションと表彰式は、3月26日(土)、慶應義塾大学三田キャンパスで実施され、「最優秀賞」「優秀賞」「マイクロソフト賞」「審査員特別賞」「未来創造賞」「高校生部門賞」が発表され、そこで実質3位(最優秀賞、優秀賞に次ぐ)の『審査員特別賞』を受賞 [全文を読む]

快挙。現役予備校生チームが、慶應義塾大学SFC研究所と日本マイクロソフト株式会社主催『データビジネス創造コンテスト』の最終ファイナリストチームに選ばれました!

DreamNews / 2016年03月18日16時00分

提出したテーマは「子どもを差別せず 教育費もかからず 少子化対策もできるビジネス」。最終プレゼンテーションと表彰式は、3月26日(土)、慶應義塾大学三田キャンパスで実施され、「最優秀賞」「優秀賞」「マイクロソフト賞」「審査員特別賞」「未来創造賞」「高校生部門賞」が発表されます。主な参加チームは、大学では、東京大学、東京工業大学、京都大学、九州大学、慶應義塾 [全文を読む]

資源・素材学会において企画発表セッション:「坑廃水の水量低減・水質改善技術開発の展開」を開催

PR TIMES / 2015年09月25日14時50分

[画像: http://prtimes.jp/i/12624/60/resize/d12624-60-625022-0.jpg ] ■「坑廃水の水量低減・水質改善技術開発の展開」の概要 (1)日時:2015年9月10日(木)9:00~14:00 (2)会場:愛媛大学 城北キャンパス (3)発表タイトル・発表者: •「挨拶、趣旨説明」 北海道大学 五十嵐敏 [全文を読む]

フォーカス