自宅 三浦友和に関するニュース

【エンタがビタミン♪】夏木マリ&加藤浩次 レアな2ショット公開 加藤の交友関係の広さに驚き

TechinsightJapan / 2017年02月11日17時50分

これは過去に俳優・三浦友和の自宅を仲間数人と加藤浩次が訪問した際、酔って高級な焼酎の一升瓶を割り、妻の山口百恵さんが後始末をしていたというエピソードを指しているのだろう。三浦友和とは2003年に放送されたドラマ『ブラックジャックによろしく』で共演してから親しくなり、彼の自宅へ招待されたこともあるという。今回の夏木マリも含め、加藤浩次の交友関係の広さには驚く [全文を読む]

三浦友和、役員に昇進するはずが…退職危機!?

Smartザテレビジョン / 2017年01月19日07時00分

ついには人事担当常務・織部(山田明郷)から、新部署が決まるまで自宅待機を言い渡されてしまう。 夫の役員昇進に喜ぶ水希(黒木瞳)に事実を言い出すことができず、出社するフリをして公園で時間を潰す洋輔は、そこで同じ境遇の天谷(段田安則)と出会う。同情のまなざしを向ける天谷に、洋輔はたまらず「私はあなたとは違う」と言い放つ。 だが、会社からは非情な通達を受けること [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(3)芸能レポーター座談会「石川敏男・二田一比古・長谷川まさ子が見た戦国ウラ現場」

アサ芸プラス / 2016年10月12日05時57分

──有名人の自宅を直撃するのも、いろいろとあつれきが生じるご時世です。二田 沢田研二と田中裕子の不倫が発覚した87年、世田谷の自宅の近辺で聞き込みしたら、すぐに通報された。だって隣の家が先輩のハナ肇!石川 あそこは、もともと渡辺晋社長の広大な土地を分譲した一帯だから、ナベプロの関係者ばかり住んでいたんだよ(笑)。二田 マンションでもおもしろい話がありました [全文を読む]

宇崎竜童「百恵さんが僕にくれた“作曲家としての誇り”」

WEB女性自身 / 2013年07月27日07時00分

本当にすごい人でした」百恵さんが結婚して間もなく、一度夫婦で自宅に招待されたことがあったが、それ以降は年賀状のやり取りだけの付き合いだった。その百恵さんと宇崎さんが再会したのは’09年、30年が経っていた。「このときは恵比寿(東京都渋谷区)のレストランで、僕ら夫婦と百恵さん、彼女の元マネージャーと食事をしたんですが、百恵さんに『何でいらっしゃったんですか? [全文を読む]

視聴率上昇! テレビ朝日系『就活家族~きっと、うまくいく~』が示した“家族像”

日刊サイゾー / 2017年03月10日23時30分

栞が真壁を連れて自宅にやってきたとき、価値観の違いなどから、洋輔と真壁は言い争いになります。その後、真壁が栞とは別の女性といるところを洋輔は目撃。その女性に駆け寄り、汗はダラダラ、鼻息荒く「あの男性は、あなたとはどういった関係なんでしょうか?」と洋輔は詰め寄ります。怖すぎ。 かくして、真壁の浮気が白日の下に。真壁は悪びれる様子もありません。「そんな男にすが [全文を読む]

視聴率上昇! テレビ朝日系『就活家族 きっと、うまくいく』三浦友和“モップ大立ち回り”の影響は

日刊サイゾー / 2017年02月24日23時30分

これを受けて、栞は結婚を強行させようと、真壁を自宅に招きます。 [全文を読む]

歴史は繰り返す……! 『就活家族 きっと、うまくいく』はゾッとするドラマだ!?

日刊サイゾー / 2017年01月27日21時00分

ああ……! 歴史は繰り返す! 結局、この国原との問題に片がつくまで自宅で待機していてほしいと言われてしまった洋輔、新たなスタートは切れそうにありません。 娘の栞(前田敦子)は、上司の中原綾子(山本未來)の指示に従い、商品を売りつけるカモを探すために婚活パーティーに潜入。真壁雄斗(渡辺大)という恋人(?)がいる栞は、ふてくされた顔。 しかし、運良く医師の男 [全文を読む]

視聴率急落! テレビ朝日系『就活家族 きっと、うまくいく』に「暗すぎる」との声

日刊サイゾー / 2017年01月20日23時30分

「会社のメンツが大切だから」と、手始めに自宅謹慎を命じられ、最終的には孫請けの「日鉄鋼物流」への出向を命じられました。 “大企業のエリート社員”としてのプライドがある洋輔にとって、孫請け企業への出向は、左遷以外のなにものでもないし、プライドが許しません。「給与も役職も考慮する」との社長の申し出を切り捨て、「今月いっぱいで退職させていただきます」と勢いのまま [全文を読む]

死後婚、臨死体験、SM、猟奇殺人……。GWに見たい! 封印スレスレな「変愛系アイドル映画」ベスト5を発表!

おたぽる / 2016年04月30日13時00分

大型連休中、見逃していたアイドル出演作を自宅鑑賞するのはどうだろうか。どこかヘンだが、それゆえに愛しさが募る“変愛系”アイドル映画を5本紹介したい。 まずは“伝説のアイドル”山口百恵主演作から。14歳で芸能界デビューした山口百恵は歌手として「ひと夏の経験」などのヒット曲を放つ一方、女優としての活躍も目覚ましかった。川端康成原作『伊豆の踊子』(74)、三島由 [全文を読む]

百恵さん“CMプラン”も…若いクリエーターたちの熱視線

WEB女性自身 / 2014年01月17日07時00分

若い彼らは、百恵さんを引っ張り出す困難を知らないし、『復帰させれば、絶対に話題になるのに、なぜみんなやらないんですか?』と猪突猛進なんですよ」(広告代理店関係者) 今年の正月、百恵さんは東京・国立の自宅でお雑煮などを手作りし、夫の三浦友和(61)と仲よく初詣に出かけたという。2人の息子が立派に独立し、百恵さんが家庭に費やす時間が激減した三浦家の状況からいっ [全文を読む]

萩本欽一が初激白、百恵&友和の挙式をドタキャン

アサ芸プラス / 2013年01月09日10時00分

自宅の玄関には3枚だけツーショット写真を飾っているが、尊敬する王貞治、渡哲也、そして美しかった百恵との写真である。 また淳子に対しても、92年の「統一教会・合同結婚式に参加」の報道以降、それとなく気にかかった。元の事務所の関係者をつかまえては近況を聞き出し、元気にやっていると聞かされると安心した。「もう20年か‥‥。淳子ちゃんもどこかでまた歌えたらいいよね [全文を読む]

吉永小百合 封印された肉食系「愛欲生活」(4)「くわえてしゃぶる」エロ俳句

アサ芸プラス / 2012年01月06日12時00分

小百合ちゃんは『私は胸が小さいから、出してもしょうがない』と、斎藤光正監督に言っていたそうです」(中平氏) ちなみに、先の「天国の駅」の企画者・岡田裕介氏(現・東映社長)とはその2年後、彼の自宅から出て2人で車に乗り込んだところを写真誌に撮られ、大騒動に。それから彼女が変わっていったとの声もある。 「あの騒動以降、夫との別居説が頻繁に流れ、仮面夫婦ではない [全文を読む]

フォーカス