母親 瑛太に関するニュース

真木よう子出演で思わぬ余波?新垣結衣&瑛太主演『ミックス。』に漂う暗雲

デイリーニュースオンライン / 2017年09月13日11時50分

前評判も高く、期待されているものの、新垣の母親役をつとめる真木よう子(34)がドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)で大自爆して以来、暗雲が漂っている。 『ミックス。』は、彼氏の浮気が原因で失恋した元天才卓球少女・富田多満子(新垣)が、家族に捨てられた元プロボクサー・萩原久(瑛太)と男女混合ダブルスを組んで全日本選手権出場を目指すロマンティックコメディ [全文を読む]

主演・瑛太の緩急巧みな演技に脱帽! 森田剛とのバディもの脚色に高評価 ドラマ『ハロー張りネズミ』第1話

日刊サイゾー / 2017年07月21日18時00分

しかし、遥もまた母親を亡くした過去をもち、さらに父親から虐待を受けて心に傷を負ってしまっているため、ハリネズミが協力を求めても「(川田の妻は)早く死ねばいい。死ねばこの子(娘)に会える。私も(自分の母親と)死にたかった一緒に」と、聞く耳を持ってはくれません。 そんな折、川田の妻の容体が急変。医師から余命いくばくもないと宣告されてしまいます。その報せを受け [全文を読む]

片山さつき 河本準一母の生活保護不正受給疑惑への見解語る

NEWSポストセブン / 2012年05月17日00時00分

<河本準一氏の「年収5千万円、母親生活保護不正受給疑惑」について、厚労省の担当課長に調査を依頼しました> 5月2日、自民党の参議院議員・片山さつき氏(53才)は、自身のブログにこう綴った。 <「正直者が報われる社会」にしていく上で、「生活保護は、本当に困窮している方にはしっかり届き、頑張れば働ける、あるいは本来養ってくれるべき近い親等の親族がいる場合には支 [全文を読む]

佐藤江梨子、子育て通してギラギラしたサトエリから大らかな“ママエリ”に「人に対して優しくなった」

dmenu映画 / 2017年10月03日07時00分

一児の母親になった女優の佐藤江梨子は、心身ともに変化を感じている。今から5年ほど前、舞台演出家の故・蜷川幸雄さんから「きみは子どもを産んだ方がよくなるよ」と言われた。当時ピンとこなかった言葉が、母親になって2年目の現在、実感を持ってわかるようになった。 大らかな気持ちを持てるように 2015年8月に第一子となる男児を出産し、現在は仕事と育児の両立に奮闘中。 [全文を読む]

新垣結衣『ミックス。』で母親役の真木よう子だけが”蚊帳の外”の異常事態

デイリーニュースオンライン / 2017年09月24日12時00分

レッドカーペットイベントと完成披露舞台挨拶の2本立てで大々的に行われ、出演陣が勢揃いしたものの、新垣結衣の母親役で出演した真木よう子(34)だけ蚊帳の外だった。 新垣や瑛太(34)らがラブコメを繰り広げる卓球映画『ミックス。』。20日に六本木で開催されたイベントでは、キャストがレッドカーペットでファンと交流。舞台挨拶では瑛太が新垣に「大好きです」と告白する [全文を読む]

女性の上位が入れ替わり「北斗晶」さんが三冠,男性は「つるの剛士」さん今年も強し。 -有名人の子育てイメージに関するアンケート調査 2014【こそだて】

DreamNews / 2014年12月03日14時00分

メディアを通して見るその姿には、父親や母親を始め、見る者や今の時代の家庭や家族を映し出しているとも言えます。実際に子育てをしながら仕事をしている人もいれば、役柄として母親や父親役をしている人もいます。あるいは実際には、しっかりと子育てをしているのに、その気配すら感じさせない人もいます。 今年も北斗晶さん佐々木健介さん夫妻、つるの剛士さんらのイメージが強かっ [全文を読む]

ガッキー&瑛太主演映画の主題歌はSHISHAMO!初の書き下ろし

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年07月26日04時00分

幼いころに母親から卓球のスパルタ教育を受け「卓球は黒歴史」だったはずが、元恋人で卓球部のイケメンエース・江島(瀬戸康史)を、新入社員の美人卓球選手・愛莉(永野芽郁)から取り戻すべく、一念発起。汗と涙の特訓の日々が映し出され、新垣が「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)で見せた演技とはまた異なる名コメディエンヌぶりを披露している。振り切った演技に驚かされたか [全文を読む]

ムロツヨシ 本名が明かせない理由と猫が飼えない理由

NEWSポストセブン / 2017年05月27日07時00分

母親とは4才の時に別れてからずっと会っていないんですが、彼女にはすでに新しい家族がいて、子供もいるようなんです。俳優になろうと思って名前を考えた時、もし本名だったら、母親がテレビを見て『あ、私の息子だ』って目障りなんじゃないかってムロさんは思ったそうなんです。実際はそこから17年くらい売れないんですけどね(苦笑)」(テレビ局関係者) そんなムロにとって家族 [全文を読む]

錦戸亮、山下智久、瑛太らが主演! 夏の新ドラマ速報まとめ

Smartザテレビジョン / 2017年05月13日12時00分

長瀬が演じるのは、幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごし、今は裏社会に生きる岡崎律。彼に助けられ、のちに惹かれていく女性・三田凛華を吉岡里帆が演じる。■ 西島秀俊がネコの新たな飼い主を探すNHK総合では、西島秀俊主演の「ブランケット・キャッツ」(6月23日スタート、毎週金曜夜10:00‐10:50)を放送。重松清の短編小説集を原作に、家具修理店店主・秀亮 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】瀬戸康史「仲間に入りたい」 新垣結衣や瑛太の“フラワー卓球クラブ”大集合を羨む

TechinsightJapan / 2017年03月02日13時35分

「フラワー卓球クラブ」を続けていた母親が亡くなり経営が傾く。多満子はクラブを再建しようと元プロボクサーの萩原久(瑛太)とミックスを組み全日本選手権を目指すが、実は元カレで渚テクノロジー卓球部所属の江島晃彦(瀬戸康史)を見返そうと奮起したところが大きい。 瀬戸が演じる江島は多満子と遊びで付き合っており、彼女を捨てて渚テクノロジーの新入社員で美人卓球選手の小笠 [全文を読む]

菅田将暉、もうママとは呼ばない?人気CMでキリッ

Smartザテレビジョン / 2016年06月24日00時00分

話を聞いている途中で掛かってきた母親からの電話に応じる上野は、母親をこれまでの「ママ」ではなく「おふくろ」と呼び、何かが“1UP”した姿を見せる、というストーリーだ。以前のシリーズから登場している、元巨匠の岡野陽一演じる喫茶店店員Oさんが上野に対しコメントするバージョンも用意されている。 なお、撮影を終えた菅田は、撮影中に岡野に何度も足を踏まれていたとい [全文を読む]

CM本数激増の吉田羊 オファー殺到の理由は「クソ真面目」?

NEWSポストセブン / 2015年11月07日07時00分

今年1月、人気子役の鈴木梨央の“母役”として「ポカリ、飲まなきゃ」と言っていた大塚製薬「ポカリスエット」のCMに「母親役なんて珍しい」と思っていたら、トヨタホームではもっと大きい子供がいる母親役。 平山浩行に駆け寄る花王「ハミングFine」のCMは、当初、大人のカップルのデートを想像していたが、実は夫婦で、二人の間には子供がいる設定だった。 そうかと思え [全文を読む]

2013年100大予測(3)黒木メイサ、上戸彩「離婚・不倫ダービー」

アサ芸プラス / 2013年01月16日10時00分

子育ては辻の母親に手伝ってもらい持ちこたえている状態だが、それがなくなったら離婚もある」 辻に限らず、芸能人カップルが出産直後に復帰するパターンは、夫婦仲に問題がある場合が多いという。 「赤西仁(28)と結婚した黒木メイサ(24)は、すでに大河ドラマに出演中で多忙。仕事をしない赤西を足手まといに感じるようになったら危ない。同様に、瑛太(30)と結婚した木村 [全文を読む]

スタッフも訝しむ瑛太と真木よう子の関係…木村カエラ離婚危機に急展開?

メンズサイゾー / 2012年12月13日14時30分

真木の夫はいわゆるイクメンで、家にいない母親の代わりに娘さんの世話を一手に引き受けており、息子を連れた瑛太・カエラと一緒に公園で娘を遊ばせていたという目撃談もあります」(前同) しかし「文春」によれば、かねてより親交があったからなのか、撮影現場での瑛太と真木の親密ぶりはスタッフの間で「まるで恋人のようだ」と怪しまれるほどだという。ストーリー上、瑛太と尾野は [全文を読む]

真木よう子 PR稼働が白紙…映画会社が悩む騒動の意外余波

WEB女性自身 / 2017年09月11日16時00分

真木さんは新垣演じるヒロインの母親役で出演しており、PRに奔走する予定でした。しかし製作は『セシルのもくろみ』を放送していたフジテレビ。そのため『このままではドラマの二の舞になる』として、稼働が白紙になったそうです。彼女の扱いは映画会社にとっても頭の痛い問題となっています」(映画業界関係者) そのほか決まっている出演作は、役所広司(61)主演の「孤狼の血」 [全文を読む]

大根仁の傑作『ハロー張りネズミ』を見よ!圧倒的な完成度のエンタメ作品が誕生

Business Journal / 2017年08月11日17時00分

第1話は、交通事故で娘を亡くして本人も余命わずかという母親の前に偽の娘を連れてきて、生きていると信じさせてから天寿をまっとうさせてあげようとする人情話だったため、「いい話だけど若干地味だなぁ」と思っていたのだが、第2話、第3話の前後編で展開されたFILE No.2「蘭子という女」を見てからは、一気に引き込まれた。 [全文を読む]

伝説の漫画作品、韓国の大ヒットドラマ、注目作はどれ!?お薦めしたい2017年夏ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年06月30日12時05分

幼い頃に母親に捨てられ、不遇な生活環境の中を生きてきた主人公。そんな彼に助けられたのが、吉岡さん演じる三田凛華。この運命の出会いがこれから彼らの人生にどう影響していくのでしょうか?韓国ドラマならではの、究極の愛を求める切なすぎるラブストーリー。ハンカチの用意を忘れずに。 ハロー張りネズミ 7月14日より毎週金曜22時〜TBS系にて放送 こちらは、あの『島 [全文を読む]

住友生命 新商品「1UP(ワンアップ)」新CM第六弾 「もうママとは呼ばない…」マイペースな若手会社員が意外とハマリ役 おなじみ瑛太さんに加え、新たに菅田将暉さんを起用!!

PR TIMES / 2016年06月24日14時21分

吉田羊さん演じる住友生命ライフデザイナーYさんの話を聞いている途中、母親からかかってきた電話に、これまでの「ママ」ではなく「お袋」と呼びかける上野一の姿をとおして、働けなくなるリスクに備える「1UP(ワンアップ)」という新発想の「生活保険」が、人生をちょっと強くしてくれることを表現しています。 この3人のやりとりを見守る、岡野陽一さん演じる喫茶店店員Oさ [全文を読む]

「B1A4」バロ&サンドゥル、韓国版「ロス:タイム:ライフ」主演にキャスティング

Wow!Korea / 2015年07月07日10時30分

サンドゥルが引き受けた役は劇中ヘスク(イ・イルファ)の分別のない末息子で、どケチな母親のおかげで、子どもたちの間で面目まるつぶれだが、一度も反抗したことがない優しい息子だ。バロは最近放送終了したMBCドラマ「アングリーママ」で好評を得た。またtvN「応答せよ1994」のピングレ役で人気を集め、SBS「神の贈り物」で精神年齢6歳の自閉症の役でさらに成熟した演 [全文を読む]

『Woman』坂元裕二氏脚本「本質を突くセリフ、構成の緻密さ」評

NEWSポストセブン / 2013年08月14日07時00分

初回では満島ひかりさん演じる主人公が、田中裕子さん演じる母親と対峙していますし、5話のラストでは、再生不良性貧血と診断された主人公が診察を受けている医師に、子供のために生きなければいけないと本音を吐露し、それに医師も精一杯の言葉で応える、ものすごく感動的なシーンもありました。 そして、いいセリフを言わせるに至るまでの構成がムダなく細やかで緻密です。伏線と思 [全文を読む]

フォーカス