写真 反町隆史に関するニュース

ブルセラ騒動で消えた『GTO』出演女優...中村愛美、復活ヌード披露で再浮上なるか

メンズサイゾー / 2015年01月21日18時30分

「消えた美少女」といわれていた女優・中村愛美(なかむら・あいみ/32)が発売中の写真週刊誌「FLASH」(光文社)で"復活ヌード"を披露し、かつてのファンを驚かせている。 当該のグラビアは「『GTO』女優・中村愛美が復活ヌード!」と題され、袋とじで8ページにわたって妖艶な肢体を披露。薄手の上着だけを羽織って僅かに局部を隠したセクシーショットやベッド上で全裸 [全文を読む]

独身・池内博之の優良物件すぎるパーフェクトな主婦力

messy / 2014年02月25日19時30分

いいネタ持ってるじゃないっすか~!普通は必要な物がない池内家 ゲストに写真を事前に撮って来てもらう「はなまるアルバム」では、まず「炊飯器」と「ヘルシー」とキャプションが付けられた2枚の写真が披露された。1枚目の「炊飯器」キャプションの写真には土鍋で炊いた美味しそうなご飯が写っていた。一人暮らしの男性が、わざわざ手間のかかる土鍋でご飯を炊いていることに、驚き [全文を読む]

15シーズン目に突入した『相棒』 水谷豊「僕にはプレッシャーというものがない」

anan NEWS / 2016年11月13日14時00分

写真・笠井爾示(MILD) スタイリスト・斎藤真喜子 ヘア&メイク・山北真佐美 インタビュー、文・齋藤優子 [全文を読む]

反町隆史「欲がなくなった」自分が“大人”を実感するとき

anan NEWS / 2016年11月12日14時00分

写真・笠井爾示(MILD) スタイリスト・二村 毅 ヘア&メイク・山北真佐美 インタビュー、文・望月リサ [全文を読む]

秋ドラマ初回中間発表、JK社長に批判、金爆・樽美酒の自撮りメイク写真……週末芸能ニュース雑話

日刊サイゾー / 2015年10月17日13時00分

デスクF 10月も中旬になって、秋ドラマが続々とスタートしてるけど、第1話の結果はどんな感じなの?記者S まだ全て出揃ったわけではありませんが、なんといっても強さを見せたのは『相棒』(テレビ朝日系)ですね。視聴率は2015年のドラマの初回としては最高の18.4%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)!相変わらず安定してます。デスクF 「大根」「低視聴率」で不安視 [全文を読む]

松嶋菜々子にハセキョーに「劣化」の声が続出…年相応が許されぬ芸能界の風潮

デイリーニュースオンライン / 2015年08月25日08時00分

長谷川は自身のインスタグラムに頻繁に自撮り写真を公開し、そのたびにファンから「美しい」「キレイすぎる」などと絶賛されるのが恒例となっていた。 ところが、ここ最近は顔のシワやほうれい線が目立つ写真が増加。ネット上では「急激に老けた」「別人みたい」などといった意見が寄せられてしまっている。 長谷川といえば、かつてカリスマモデルとして『CanCam』(小学館)な [全文を読む]

松嶋菜々子が次女とフォークダンス 反町隆史はカメラ担当

NEWSポストセブン / 2015年05月24日16時00分

「反町さんは写真を撮るのに動きっぱなしで、お子さん専属のカメラマンって感じでしたね。一方の松嶋さんは、ママ友と顔を合わせると“こんにちは”、“今日は暑いですね”なんて話をしていて、とてもフレンドリーでした」(別の保護者) あの冷たすぎる“家政婦のミタ”さんのイメージが強烈ゆえか、松嶋のそんなママ顔に周囲は少しびっくりしていたようだった。さらに松嶋は次女と [全文を読む]

松嶋菜々子、娘の入学式でマスコミに激怒! 現場は怒号飛び交う異様な空気に……

日刊サイゾー / 2014年04月15日09時00分

事務所と話し合いの末、せっかくの写真をお蔵入りさせた社もあったという。それこそ、はた迷惑な話だが……。 「中でも大揉めしていたのは、『フラッシュ』(光文社)。互いに声を荒らげ『写真を消せ』『嫌だ』と、コントのようなやりとりを延々と繰り広げていましたよ」とは現場記者の1人。 もともとマスコミに異常警戒する夫妻だが、それも「子どもを守る」という愛の裏返しなのだ [全文を読む]

映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』を最高に楽しむための胸キュンポイント5つ

Woman Insight / 2013年11月30日21時00分

理子の夢の実現が近づくにつれ、秋と理子の、嘘から始まった恋が大きく動き始める― 『僕は妹に恋をする』『僕の初恋をキミに捧ぐ』など、大ヒット作品がそれぞれ映画化もされている漫画家・青木琴美さんの最新作が、このたび佐藤健さん主演で映画化されました! 大興奮のままに終了した完成披露試写会と舞台挨拶、写真たっぷりのレポートはこちら→佐藤健・三浦翔平らが一夜限りの [全文を読む]

『相棒16』初回15.9% 前年より微増、安定の好スタート

ORICON NEWS / 2017年10月19日10時00分

写真】相棒ワールドに田辺誠一も仲間入り 検察官・田臥 2000年6月3日に「土曜ワイド劇場」でスタートし、2002年から連続ドラマ化され、シーズン16が開幕。シーズン15の最終回(17年3月22日)までの全286話の平均が16.2%を誇る、21世紀の日本のドラマを代表する作品となっている。 シーズン14の初回(2015年10月)より登場した、杉下右京( [全文を読む]

成宮寛貴が日本の芸能界に復帰する可能性が、限りなく低い理由

messy / 2017年10月17日22時30分

写真週刊誌「フライデー」(講談社)で成宮氏のコカイン使用疑惑が何枚かの写真とともに報じられたのである。当時成宮氏が所属していた芸能事務所のトップコートはこの報道後に「成宮はしかるべき機関で検査を受け、陰性の結果を得た。立ち会った弁護士が正式な鑑定書を保管している」とコメントを発表している。しかし、陰性結果だったにも関わらず成宮氏はたった一枚のFAXをマスコ [全文を読む]

水谷豊&反町隆史が「Qさま!!」緊急参戦でスタジオ騒然

Smartザテレビジョン / 2017年02月12日12時00分

その他、反町は「冠城亘のチャンス問題」として、自身のプライベート写真からクイズを出題。正解者は3段アップのうれしい特典がゲットでできる。 さらに、反町が「地方ロケに行ったときに水谷さんに関して不思議に思ったこと」といった「相棒」にまつわるエピソードも披露。 テレビ朝日が誇る人気番組同士の夢のコラボで、笑い過ぎて腹筋崩壊のクライシスかも? [全文を読む]

大手事務所時代は月収150万+歩合! もはや恐い物なしの押尾学が暴露した超厚遇時代

messy / 2016年03月08日20時00分

しかし彼のInstagramアカウントに投稿されるプライベート写真群を確認する限りでは、明らかに一人暮らしであり、かつ、広いキッチンとリビングのあるかなり良いマンションに居住していることが伺える。 常に演技のことを意識し、1月23日に都内でライブを行ったLIVの活動も含め、42歳になる5年後まではなんとか芸能活動で稼げるメドを立てたいことを告白しているのだ [全文を読む]

相棒・反町戦犯説に待った!マニアが語る低視聴率の本当の原因

しらべぇ / 2016年02月29日18時00分

写真は『相棒14』HPのスクリーンショット)テレビ朝日の人気連続ドラマ『相棒』の視聴率が今季は低迷気味だ。ドラマの低視聴率化が叫ばれる昨今において、前シーズンの平均視聴率が17%と高い人気を誇る本作品。しかし、今季は昨年放送の第8話で12.9%を記録するなど、低水準に陥っている。一部では「新キャスト反町隆史のせいでは...?」という説が上がっているが、長 [全文を読む]

【右京ファン必見】「相棒テラス」が都内にオープン!特命係の一員になって謎解きも!

しらべぇ / 2015年07月21日11時00分

この2つの部屋では1000円でカメラマンによる写真撮影も行われており、杉下右京がいつもいる席に座ることができるのだ。 ■ドラマ気分を味わえるグッズも充実 ストアには200種類を超える相棒グッズが並んでおり、「花の里」で右京がいつも食べているお茶漬けも購入することが可能。 ドラマで「わさび多めで」と右京が言う場面も名シーンの1つとなっているが、まさにこのお [全文を読む]

結局、4代目相棒は誰? 本命は反町も、仲間、吉高らも浮上

NEWSポストセブン / 2015年06月08日07時00分

しかも、『相棒』のホームページには、写真入りで紹介されているのだ。しかし…、 「仲間の役どころは、社美彌子(やしろみやこ)という名前なのですが、過去の相棒は亀山薫(寺脇康文)、神戸尊(及川光博)、甲斐享(成宮寛貴)と3人とも名前がKの頭文字で始まりRUで終わっているんです。そんなことから、熱狂的なファンの間では、役名がYで始まりKOで終わる仲間の起用はない [全文を読む]

松嶋菜々子が次女とフォークダンス 反町隆史はカメラ担当

NEWSポストセブン / 2015年05月24日16時00分

「反町さんは写真を撮るのに動きっぱなしで、お子さん専属のカメラマンって感じでしたね。一方の松嶋さんは、ママ友と顔を合わせると“こんにちは”、“今日は暑いですね”なんて話をしていて、とてもフレンドリーでした」(別の保護者) あの冷たすぎる“家政婦のミタ”さんのイメージが強烈ゆえか、松嶋のそんなママ顔に周囲は少しびっくりしていたようだった。さらに松嶋は次女と [全文を読む]

ジャニヲタより濃い!? “マシャヲタ“こと福山雅治ファンの情熱がスゴい!

リテラ / 2014年12月25日12時00分

近年でも女優の吹石一恵に小西真奈美、白石美帆、テレビ朝日の竹内由恵などと噂が流れたが、決定的な写真をほぼ撮られたことがなく、交際を認めたことも一度もない。"恋愛禁止条例"があるAKB以上の鉄壁ぶりだ。よって、ファンは「いつの間にか熱愛報道の真偽を見極める達人になった」などと自負。要は、福山の恋愛スキャンダルは全部デタラメだというのだが......。マシャは [全文を読む]

松嶋菜々子が激老け? 干され、糾弾、ドーベルマン事件等の負荷

messy / 2014年12月09日16時00分

その裏側について、「ドラマ最低一本200万、CM5500万円円という強気の高額ギャラ」「高飛車な態度」「オレ様スタイル」などなど、バッシング記事が跋扈している現状だが、挙げ句、今年9月時のスペシャルドラマ制作発表会見の写真を拡大し、「目じりのシワがとんでもないことに」「劣化したから出られないのか?」と糾弾される始末である。 そのスペシャルドラマとは、新年 [全文を読む]

【ウラ芸能】松嶋菜々子、お受験は成功?!

NewsCafe / 2014年04月18日15時00分

東京女学館はあまりそういう縁はなかったんですが、近年は大学の経営に失敗するなど芳しい話題がなかっただけに、芸能人を入れたなんて深読みする向きもあります」デスク「へぇ~」記者「そんなことより、松嶋の娘の入学式では、事務所の人間と取材のカメラマンと写真を撮る撮らせないでひと悶着があり、松嶋の評判は悪いですよ」デスク「それでも、お受験も一服なら女優業も本格化かな [全文を読む]

フォーカス