高倉健 武田鉄矢に関するニュース

高倉健さん、元恋人や板東英二ら“記者が違和感を抱く”自称・縁の人々! 追悼企画で秘話暴露も

サイゾーウーマン / 2014年12月01日13時00分

今月10日に死去していた高倉健氏に、各メディアが追悼記事を企画し、数多くの著名人の“お悔やみ”が掲載されている。プライベートが謎のベールに包まれていた高倉だけに、親交を持つ著名人のコメントは貴重な証言となるはずだが、「違和感を覚えざるを得ない」(週刊誌記者)という人物のものも含まれているようだ。 大物タレントがこの世を去った時、まず注目されるのが配偶者、あ [全文を読む]

北海道に住む人も、北海道観光に行く人も。観ておきたい北海道映画3選

TABIZINE / 2015年12月20日13時00分

ひょんな流れから一台の車に同乗することとなった、出自の全く異なるの3人(高倉健、武田鉄矢、桃井かおり)。道中でお互いを理解していくなかで、刑務所を出所したばかりの男(高倉健)にとって深い意味を持つという黄色いハンカチを確かめに、皆で夕張を目指す物語です。 現在の夕張駅には、駅のホームに黄色いハンカチが見られます。映画の登場人物のように、実際に確かめに行っ [全文を読む]

追悼・高倉健 銀幕を共にした盟友が語る「高倉健」という人物(2)自身のデビュー作で共演した武田鉄矢が語る“健さん”像

アサ芸プラス / 2014年12月03日09時58分

「寡黙」や「不器用」のイメージが先行する健さんだが、素顔は気さくで、ちゃめっ気もたっぷり。意外な特技に「催眠術」があり、弟分の小林稔侍などは、すぐに引っ掛かると喜んでいたこともあった。 ヒット作「幸福の黄色いハンカチ」(77年)で俳優デビューを飾った武田鉄矢は、直後の会見でこんな1コマを明かした。 「北海道のロケ中に健さんと桃井かおりの3人で、レストランで [全文を読む]

武田鉄矢インタビュー 「高倉健さんと俺の黄色いハンカチ」

NEWSポストセブン / 2014年11月23日07時00分

武田氏は1977年公開の映画『幸福の黄色いハンカチ』(山田洋次監督)で故・高倉健さんと共演した際のエピソードを数多く明かしている。ここでは、武田氏が語った連載本編に未掲載のエピソードを特別公開する。 * * *『幸福の黄色いハンカチ』の撮影はストーリー展開の通りに順撮りで進められましたから、劇中で出会う場面で本当に健さんと初めてお会いしたんですよ。恐ろしく [全文を読む]

「佐藤勝音楽祭」小林淳による解説と、中野昭慶監督の「語る」動画その2公開

DreamNews / 2017年07月14日15時30分

出演は、高倉健、倍賞千恵子、武田鉄矢、桃井かおり、渥美清など。 高倉健が演じる勇作のテーマ、彼と倍賞千恵子扮する光枝の愛の主題でもあり、ふたりのドラマを彩った楽曲が情感豊かに演奏される。リリカルな旋律を弦楽器群が静かに、ときに明るくうたっていく。この楽曲が映画を包み上げる。そうしたイメージを醸し出した。勇作と光枝の愛の形が最高潮に達した時点で映画は終幕を迎 [全文を読む]

武田鉄矢が落語家転身?成功の可能性を過去3人から検証

しらべぇ / 2016年07月01日21時00分

そんな彼を変えたのは、山田洋次監督、高倉健主演の映画『幸福の黄色いハンカチ』。真っ赤なファミリアに乗って珍道中をくりひろげる若者役を熱演し、俳優としてブレイクすることに。その後『3年B組金八先生』や『刑事物語』などの主演作品で人気を不動のものとし、現在に至る。しかし本人によると、俳優業は不本意な転身だったそう。■落語家に転身して成功する可能性は?落語家に転 [全文を読む]

次期朝ドラにも出演の注目俳優、大野拓朗「芝居への情熱は誰にも負けたくない」

Movie Walker / 2016年03月04日11時30分

『どういうものを見たらいいですか?』と勉強法を聞いたら、『高倉健さんのヤクザはかっこいいと憧れる人も多い。憧れの人を見て、近づこうとするのがいい役作りになると思うよ』とアドバイスをいただいて。高倉健さんの映画を見たり、あとはジェームズ・ディーンの不良性が、演じる役に近いのかなとも思ったので、ジェームズ・ディーンの悪ガキや、暴れ馬的な雰囲気を勉強しました」現 [全文を読む]

総額100万円!「現金10万円」か「ビール1年分」どちらかが当たるプレゼントキャンペーン実施

PR TIMES / 2014年12月05日11時29分

10日(水)は、特番『スタア伝説・永遠の高倉健』(10日午後7時00分~8時00分)山田洋次監督、武田鉄矢、倍賞千恵子が語る“高倉健”。昭和36年放送『宮本武蔵』の秘蔵音源も初蔵出し! パーソナリティは吉田照美と佐藤利明(娯楽映画研究家)。映画音楽とともに、健さんの俳優人生をトークで浮き彫りにしていきます。『大竹まことゴールデンラジオ!』(月―金午後1時0 [全文を読む]

追悼・高倉健 銀幕を共にした盟友が語る「高倉健」という人物(3)石倉三郎は役者としての気概を教えられた

アサ芸プラス / 2014年12月04日09時58分

やがて、大スターの高倉健も東映と決別する日がやって来た。映画館のドアが閉まりきらないほどの熱狂を生んだ「任侠映画」のブームが終わると、冷遇されるようになった。 「もう鶴田浩二や高倉健の時代やない。東映は実録や。もう任侠映画は作らんで」 岡田茂社長(当時)の言葉に、高倉は退社を決意。ほぼ同時期に監督の専属契約を解除された佐藤純彌氏は高倉の心境を思いやる。 [全文を読む]

高倉健さん出演作「幸福の黄色いハンカチ」の赤いクルマは?

clicccar / 2014年11月20日12時02分

名優、高倉健さんが亡くなられたことが報じられています。 氏の代表作を絞るのは難しいところですが、クルマ好きにとっては、北海道を舞台にしたロードムービー『幸福の黄色いハンカチ』に登場した赤いクルマの印象が強烈という世代もいるのではないでしょうか。 映画中では武田鉄矢さん演じた花田欽也の愛車として登場する、この赤いクルマは、マツダ・ファミリアAPでした。現在の [全文を読む]

武田鉄矢 喜劇は泣きながら作り、悲劇は笑いながら作るもの

NEWSポストセブン / 2014年11月17日16時00分

主演が高倉健さん、共演が倍賞千恵子さんに、当時最も若手に人気のあった桃井かおり。自分の名前が四番手なんですよ。海援隊の二人を呼んで、『とにかく手柄を立ててくるからな。当ててコンサートにお客さんがいっぱい来るようにするぞ。待ってろ』と言い置いて、北海道ロケに出発しました」 演技経験はなかったため、全て現場で覚えていくことになる。「山田学校の演劇講座の開始です [全文を読む]

武田鉄矢 著書で紳助に「降りてゆくは引き返すことではない」

NEWSポストセブン / 2013年06月24日16時02分

先生がストレートにガツンと言ってくれたことで目が覚めたんです> ほかにも、映画『幸福の黄色いハンカチ』で共演した高倉健との撮影秘話や今まで語らなかった亡き実兄の話も綴られている。 6月26日(水)、18時半からリブロ池袋本店地下1階でサイン会が行われる。サイン会参加整理券は同店で商品予約の上、購入した先着100名に配布される。 [全文を読む]

フォーカス