注目 平清盛に関するニュース

Twitterトレンド2012年テレビドラマ部門第1位!大河ドラマ「平清盛」2017年2月CS初放送

PR TIMES / 2016年12月15日11時17分

平家一門の棟梁として平氏政権の礎を作った平忠盛に中井貴一、父・清盛と主君・後白河上皇との板挟みとなって苦しむ平重盛には、今注目の若手俳優・窪田正孝。源氏側にも、清盛の生涯のライバル・源義朝に玉木宏、語りも務めた源頼朝に岡田将生などが続く。また、女性陣の活躍も見逃せない。清盛と平家一門を支え続ける時子を演じた深田恭子や、頼朝を奮起させた情熱の女・北条政子を熱 [全文を読む]

中川大志、永野芽郁、浦上晟周…『真田丸』キャストの中で光った「2017年ドラマ&映画界の顔」

日本タレント名鑑 / 2016年12月22日11時10分

真田信繁(幸村)を演じた堺雅人さんはもちろん、その父親・昌幸役の草刈正雄さん、豊臣秀吉役の小日向文世さんらの多くの“真田丸俳優”が話題になりましたが、そんな芸達者ぞろいのキャスト陣の中で、キラッと光った3人の若手キャストに注目しました。 “注目の若手イケメン”から成長 「秀頼」役で幅広い層に支持を広げた中川大志まず『真田丸』終盤のストーリーで強い印象を残し [全文を読む]

しば漬けに秘められた哀しい物語。京都三大漬物の歴史を紐解く

まぐまぐニュース! / 2015年10月22日13時00分

そのため、やや知名度は劣るものの、最近は健康食材として、国内外から注目を集めています。 京都三大漬け物の歴史を1つずつ知ることで、今後食べた瞬間に一層美味しさが加わると思います。それではそれぞれの歴史や経緯を見てみましょう! 千枚漬け 千枚漬は、今から約150年前、江戸時代後期に生まれました。当時、御所内で江戸時代最後の天皇である、孝明天皇の宮中大膳寮(皇 [全文を読む]

合計利用者数60万人の大ヒット「イケメンシリーズ」ケータイ恋愛ゲーム「イケメン恋戦◆平清盛for GREE」の待望のスマートフォン版が登場!歴史上のイケメンたちとの禁断の恋の行方は…!?

PR TIMES / 2012年02月21日17時06分

彼とのドキドキの恋愛シーンも、スマートフォンでプレイすればさらに盛り上がること間違いなし♪■可愛い「ミニ丈着物」や「鎧」アバターも、高画質でさらにおしゃれに♪フィーチャーフォン版『イケメン恋戦◆平清盛forGREE』で登場したアバターは、イケメン武将たちと恋する今作ならではの「乙女鎧」や、変わったシルエットの着物も多数登場…!スマートフォンでより高画質にな [全文を読む]

大河ドラマの題字でも注目の天才書家、文化財にて11月21日から個展開催 「ダウン症の天才書家 金澤翔子×百段階段 ~共に生きる~」目黒雅叙園にて

@Press / 2014年10月23日09時30分

◆企画展 概要 企画名 : 「ダウン症の天才書家 金澤翔子×百段階段 ~共に生きる~」 開催日 : 2014年11月21日(金)~12月28日(日) ※会期中無休 開催時間: 10:00~18:00(17:30最終入館) 会場 : 東京都指定有形文化財「百段階段」 〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1 入場料 : 当日 1,200円/前売 1 [全文を読む]

夏の甲子園で東京代表優勝の翌年は巨人リーグ優勝のジンクス

NEWSポストセブン / 2012年03月24日16時00分

プロ野球も注目だ。過去のデータから、日本なら巨人、アメリカならヤンキースといった人気チームが強い年は景気が上向く傾向にある。過去62年の記録をみると、夏の甲子園で東京の代表が優勝した年の翌年には、必ず巨人がリーグ優勝するという法則がある。昨年は西東京代表の日大三高が制しており、このジンクス通りならば、今年は巨人優勝→景気上向き→株価上昇のシナリオも期待で [全文を読む]

"お騒がせ聖子"復活!? 松山ケンイチにベタ惚れの松田聖子が収録を通じて急接近か

メンズサイゾー / 2012年01月08日18時00分

復縁が注目された。そうなれば、K氏は聖子の家から出て行かざるを得ない。一子さんが戻る場所ができると期待したが、復縁ならず、K氏は今も居座ったままだ。 だが、ここ数年、浮いたウワサがなかった聖子が、松ケンには「ビビビと来た」と言う。狙った獲物は貪欲におっかける聖子だけに、収録を通じて急接近することが想像に難くない。今年4月に8歳年上の女優・小雪と入籍した松ケ [全文を読む]

<急展開、森友問題>新理事長・籠池町浪氏が安倍総理へ反逆の声明文

メディアゴン / 2017年04月04日07時30分

注目すべき文言を要約列挙します。<以下、要約> 「愛国教育」、「国粋主義」と捉えられ、社会問題化するに至りました。これらは全て、教育基本法が平成18(2006)年に改正された際に新たに設定された「我が国と郷土を愛する態度を養う」との教育目標を、幼児教育の現場で生かそうとした前理事長なりの努力と工夫の結果であると理解。 再出発するにあたり、平成18(2006 [全文を読む]

【7歳男児死亡】自称祈祷師が「俺は平清盛の末裔だぞ!」と絶叫 → 1分で退廷 殺人罪が適用されない可能性も?

tocana / 2017年03月09日08時00分

注目の初公判では近藤被告が大暴れ。入廷と同時に「始まる前にちょっといいですか?」と切り出し、裁判長から「始まる前は発言禁止です」と即刻注意を受けた。めげない同被告は裁判員入廷後にまたも「開廷前に一言…」とお願い。再び制止されると「冤罪だ!」と絶叫した。 証言台では謎の資料を手に取り「まずはこれを出させて下さい」と要求。裁判長から「勝手な発言を禁止します」 [全文を読む]

大河ドラマ直虎 三浦春馬派と高橋一生派に女性ファン二分

NEWSポストセブン / 2017年01月29日07時00分

そこに至るプロセスをどう描くかに私は注目しています」 今川家と徳川家という2大勢力の狭間で、直虎は懸命に井伊家と領民たちを守っていくが、前出・小日向さんは、直親の息子・虎松(後の直政)を養子とし、育て上げていく直虎の“母親力”に注目している。 「直政は自分の愛する男性と別の女性との間に生まれた子供ですが、直虎はとにかく“井伊家のために跡継ぎを育てなければ” [全文を読む]

日本史上初の東西対決「源平合戦」 どちらに加勢する?

しらべぇ / 2016年10月03日05時30分

■海軍力はあったものの...そして注目すべきは、平家が「海軍主体」なのに対して源氏は「陸軍主体」だった点。松山ケンイチ主演の大河ドラマ『平清盛』でも、海賊と強力なコネを持っていたことが描写された。加藤浩次演じる兎丸は架空の人物だが、実際の清盛がそうした海賊を大いに利用していたことは事実だ。ところが、強力な海軍戦力を保有していたにもかかわらず、平家は屋島の合 [全文を読む]

眼鏡市場の新CMソングを松田聖子さんが作詞・作曲!「真夏のサングラス篇」 4月23日(土)より放送スタート

PR TIMES / 2016年04月22日09時45分

一足先 にサマーシーズンを存分に感じることができるCMに是非ご注目ください。【出演者情報】松田 聖子(歌手/女優)歌手としては、デビュー以来40以上の音楽賞を受賞、シングルチャート24曲 連続1位、全米ビルボードのダンスチャートの上位にランク・イン他、国内外で輝かしい記録を数々樹立。近年では、2013年 女性アーティスト初の武道館100回公演を達成。201 [全文を読む]

堺雅人『真田丸』初回20%割れ! 大絶賛のウラで「三谷脚本は軽い」「ただのコメディ」の声も

サイゾーウーマン / 2016年01月12日15時00分

全話平均視聴率が大河ワーストの『平清盛』と並ぶ12.0%となった井上真央主演『花燃ゆ』の次の作品ということで、視聴率を含め注目が集まっていたが、20%の大台に乗ることはできなかった。 第1話では、武田信玄(林邦史朗)の死後、織田・徳川連合軍の侵攻により、絶体絶命の危機を迎えていた武田家の様子が描かれた。真田昌幸(草刈正雄)は、織田を討つために家を発ち、また [全文を読む]

「NHKのせい」の意見大半も……『真田丸』堺雅人の発言が低視聴率『花燃ゆ』井上真央の傷口をえぐる?

日刊サイゾー / 2015年12月15日00時00分

放送開始当初から低空飛行の視聴率ばかりが注目され、内容や出演者の演技などはほとんど語られることのなかった『花燃ゆ』。「幕末男子の作り方」という不可思議なキャッチコピーが「気色悪い」と非難され、吉田松陰の妹というほとんど知られていない存在を主役に据えた設定、『新選組!』や『龍馬伝』でさんざやった「幕末」への消化不良、大沢たかおの演技が『JIN-仁-』(TB [全文を読む]

【眼鏡市場】CMキャラクターに 西田敏行さん&松田聖子さん を起用 「価値あるレンズ、価値ある価格。篇」 11月20日(金)より放送スタート!

PR TIMES / 2015年11月20日09時51分

西田さんの泣いたり怒ったりの感情豊かな表現、松田さんの可愛らしい表情に注目です。おふたりの息の合った軽妙なやりとりを是非ご覧ください。 【出演者情報】 西田 敏行 昭和22(1947)年11月4日生まれ。 福島県郡山市出身。 中学卒業後、上京、明大中野高校から明治大学進学。 その後中退し、昭和45(1970)年劇団青年座入団。 70年「情痴」で初舞台。71 [全文を読む]

『花燃ゆ』、大河ワースト『平清盛』下回る視聴率推移! 「乙女ゲー」「花男みたい」と違和感噴出

サイゾーウーマン / 2015年02月03日13時44分

井上を始め、松坂慶子やかたせ梨乃、井川遥という人気女優陣、また大沢たかおに伊勢谷友介、高良健吾や東出昌大など、今をときめくイケメン俳優らの出演で注目を集めていた『花燃ゆ』だが、自己ワースト更新中の原因は、一体何なのだろうか?「主人公が吉田松陰の“妹”という、歴史的に認知度の低い人物という部分から、すでに『なぜ彼女を取り上げたのか?』と首を傾げている視聴者 [全文を読む]

井上真央、突然の“創価学会信者”報道にある疑惑!! 『花燃ゆ』低視聴率にテコ入れか?

サイゾーウーマン / 2015年01月19日13時00分

昨年末、一部メディアが報じた「嵐・松本潤との電撃結婚」により、俄然注目を集めている井上真央。4日からスタートしたNHK大河ドラマ『花燃ゆ』でも主演を務め、公私ともに見どころ豊富の状態だが、15日発売の「週刊新潮」(新潮社)にある記事が掲載された。井上は祖母の代からの創価学会信者であり、会合にも欠かさず参加していたというのだが……。 記事によると、創価学会が [全文を読む]

「誰それ……」井上真央NHK大河『花燃ゆ』“超マイナー主人公”に、大河ファンから不満噴出か

日刊サイゾー / 2013年12月04日17時30分

美人女優を主人公に起用すれば、そんな批判も起きないでしょうからね」(同) 近ごろは、“朝ドラ”ばかりが注目されているNHKだが、『花燃ゆ』は、『篤姫』に続くヒット作となるだろうか? [全文を読む]

『平清盛』の悪夢ふたたび!? NHK大河ドラマ『八重の桜』視聴率が“記憶にない”ほど急落中

日刊サイゾー / 2013年03月05日13時00分

『八重の桜』も同じ轍を踏むことになるか、あるいは挽回して見せるのか、まずは次回の数字に注目したい。 [全文を読む]

2回目“急落”、3回目は……? NHK大河『八重の桜』と綾瀬はるかの商品価値

日刊サイゾー / 2013年01月19日12時00分

まずは20日に放送される第3回の視聴率に、注目が集まっている。 [全文を読む]

フォーカス