花燃ゆ 平清盛に関するニュース

『花燃ゆ』、ラスト1話残して『平清盛』下回る! 最終回12.5%割れで「大河ワースト」に

サイゾーウーマン / 2015年12月12日12時45分

井上真央主演のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』(日曜午後8時~)が、まさに断崖絶壁に立たされた。大河史上ワースト視聴率を更新しかねない状況なのだ。『花燃ゆ』第49話が12月6日に放送され、視聴率は13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、残り1話を残して、ここまでの平均視聴率は12.00%ジャスト。大河ドラマの全話平均視聴率のワーストは、2012年の [全文を読む]

NHK大河ドラマ『真田丸』 まずまずのスタートを切ったが“不安要素”も……

日刊サイゾー / 2016年01月14日21時00分

『平清盛』は17.3%、14年の『軍師官兵衛』(岡田准一主演)は18.9%、15年の『花燃ゆ』(井上真央主演)は16.7%のスタートで、それらと比較すれば上々の発進といえる。 15年の『花燃ゆ』は、主人公が思想家・吉田松陰の妹・杉文(後の久坂美和)という極めて無名な人物。その上、主役の井上はトップ女優とはいえず、当初から視聴者の関心も低く、まったく盛り上が [全文を読む]

『花燃ゆ』、大河ワースト『平清盛』下回る視聴率推移! 「乙女ゲー」「花男みたい」と違和感噴出

サイゾーウーマン / 2015年02月03日13時44分

今年1月4日からスタートしたNHK大河ドラマ『花燃ゆ』が、5回目の放送を経た今も低迷状態にあり、ネット上でも心配の声が絶えない。初回の平均視聴率が16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と歴代ワースト3位の発進となってしまった同作は、年間平均視聴率12.0%で大河史上ワーストを記録した『平清盛』(2012)を下回る視聴率の推移をみせているのだ。 [全文を読む]

井上真央『花燃ゆ』視聴率1ケタ転落に“史上最速”ペース……女優生命の危機へ!?

日刊サイゾー / 2015年02月03日00時00分

NHK大河ドラマ『花燃ゆ』の視聴者離れが止まらない。 初回平均視聴率16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、大河史上最低レベルでスタートした同作。1日放送の第5話では、過去最低の12.8%まで落ち込んだ。 「大コケといわれる2012年の『平清盛』でさえ、第5話でまだ16.0%を保っていましたから、『花燃ゆ』の前代未聞の低迷ぶりがうかがえます。 [全文を読む]

NHK大河『花燃ゆ』 大コケの背景に作品巡る政治的配慮あり

NEWSポストセブン / 2015年01月18日16時00分

NHKの大河ドラマ『花燃ゆ』が視聴率歴代ワースト3位という不名誉な記録とともにスタートした。大コケの背景には作品を巡る”政治的配慮”があると指摘するのは、本作決定時からその経緯に疑問を呈してきたジャーナリストの鵜飼克郎氏である。籾井勝人会長のもと、安倍ポチ路線を突き進むNHKに公共放送を名乗る資格はあるのか。 * * * 幕末の長州藩士で維新志士の理論的指 [全文を読む]

柴咲コウ、大河主演決定も女性主人公に不満続出!? “オンナ大河“が不安視されるワケ

メンズサイゾー / 2015年08月27日17時05分

現在放送中の大河ドラマ『花燃ゆ』では井上真央(28)が主役を務めているが、開始当初から視聴率の低迷が叫ばれており、柴咲もその二の舞になるのではと危惧する人もいるようだ。 『花燃ゆ』を含めたこれまでの大河ドラマ全54作中、女性を主人公(単独もしくは女優数人)の作品は10タイトルある。しかしここ数年に限っていえば、2008年に放送された宮崎あおい(29)主演の [全文を読む]

『花燃ゆ』、「大奥編」スタート&どぶろっく出演に失笑の嵐! テコ入れまで“迷走”か?

サイゾーウーマン / 2015年06月03日12時45分

好調な視聴率が続く朝の連続テレビ小説とは対照的に、先月17日放送の20話で、9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)というワースト記録を更新してしまったNHK大河ドラマ『花燃ゆ』。想像以上の苦戦に、主演・井上真央の苦悩が報じられるようになって久しいが、7月よりスタートするという「大奥編」の情報解禁には、ネット上で失笑を買ってしまっているようだ。 放 [全文を読む]

大河ドラマが安倍首相の地元に決定するまでの「異例」の経緯

NEWSポストセブン / 2014年01月18日07時00分

NHKは2015年に放送する大河ドラマを長州藩士・吉田松陰の妹・文(ふみ)が主人公の『花燃ゆ』に決定したと発表。ドラマの主な舞台となる長州(山口県)は安倍晋三・首相のお膝元である。地元に莫大な経済効果をもたらす大河ドラマの決定に至る過程を検証すると、「異例」続きだったことが浮かび上がった。 昨年12月3日、大河ドラマ『花燃ゆ』の制作発表が行なわれ、主人公を [全文を読む]

“強敵”羽生結弦に大苦戦!? NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』視聴率急降下で、早くも黄信号!

日刊サイゾー / 2017年02月22日13時00分

しかも、大河で早々に12%台以下を記録したのは、近年では2015年の井上真央主演『花燃ゆ』第7話(11.6%)、13年の綾瀬はるか主演『八重の桜』第10話(12.6%)、12年の松山ケンイチ主演『平清盛』第12話(12.6%)といったくらいで、いずれも最終的に低視聴率に終わっている。 「いくら裏番組が強かったからといって、まだ第7話なのに12%台まで落ち [全文を読む]

日テレ『鉄腕!DASH!!』に惨敗の大河ドラマ『おんな城主 直虎』望みは子役による演技終了後か

日刊サイゾー / 2017年01月24日23時30分

近年の大河ドラマの中で、第3話までに15%を割ったのは、歴代ワースト視聴率(全話平均)を記録した『花燃ゆ』(2015年/井上真央主演)の第2話(13.4%)以来のこと。その『花燃ゆ』と並んで、歴代ワーストの『平清盛』(12年/松山ケンイチ主演)でさえ、第5話までは15%を超えていたのだから、いかに『直虎』の出足が悪いかが如実にわかる。 脚本家・森下佳子氏 [全文を読む]

“男前ナンバーワン女優”松たか子の人魚姿にファン歓喜! 井上真央には、「花燃ゆショック」を心配する声

おたぽる / 2016年02月08日12時00分

「去年放送された、井上主演のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』の全話平均視聴率が12.0%と、12年に放送された『平清盛』と並ぶ歴代ワーストタイを記録。より厳密に計算すれば、『平清盛』よりも0.01%低いという話もあるようですが、細かい計算を抜きにしても、惨敗と言う結果に変わりはありません。この結果に対して、『脚本・演出が悪い』『真央ちゃんをはじめ、キャスト陣に [全文を読む]

土屋太鳳の井上真央へのゴマすりに「皮肉?」 声優初挑戦には批判の声も

おたぽる / 2016年01月07日19時00分

「ネットでの指摘でもある通り、井上真央が主演したNHK大河ドラマ『花燃ゆ』は、2012年に放送された『平清盛』とタイ記録となる、NHK大河史上ワースト平均視聴率12.0%を記録してしまいました。その一方で土屋は、ヒロインを務めたNHK朝ドラ『まれ』が平均視聴率19.4%と、近年の朝ドラとしては低視聴率を記録してしまったものの、主演・阿部寛の娘役として出演 [全文を読む]

『真田丸』に“俺たちのシブサワ・コウ”が映像提供!さらに『戦国立志伝』が「大河ドラマから、大阪城のCGを…」の超朗報!!

おたぽる / 2015年12月17日20時00分

今月13日に最終回を迎えた井上真央主演『花燃ゆ』は、全話平均視聴率12.0%と、『平清盛』と並ぶ、大河ドラマ史上歴代ワーストタイを記録してしまった。その『花燃ゆ』の嫌なバトンを受けて始まるのが『真田丸』(すべてNHK)。ただ、視聴率は懸念されるものの、主演・堺雅人、脚本・三谷幸喜の同作は世間からの注目度も高い。また14日には、映像の一部をコーエーテクモホー [全文を読む]

踏ん張れなかったNHK大河ドラマ『花燃ゆ』、『平清盛』と仲良く並んで“歴代ワーストタイ”を徹底分析!

おたぽる / 2015年12月15日19時00分

井上真央主演のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』(日曜午後8時~)最終回(第50話)が12月13日に放送され、視聴率は前週(第49話)の13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)よりダウンして、12.4%止まり。これで、全話平均は12.01%となり、2012年の『平清盛』(松山ケンイチ主演)と同率で、仲良く、大河ドラマ史上ワーストタイの不名誉な記録に並んだ [全文を読む]

NHK大河ドラマ『花燃ゆ』大河史上ワースト記録更新まっしぐら!? 相次ぐ“迷走テコ入れ”に「『真田丸』を前倒しで!」の声が噴出?

おたぽる / 2015年12月02日12時00分

NHK大河ドラマ『花燃ゆ』の先月放送分の平均視聴率が11%台と低迷を続けていることから、「このままだと、大河史上ワースト記録更新もあるぞ」「平清盛の悪夢再び、か?」など、ネット上では主演の井上真央のファンを中心に不安の声が上がっている。 「『花燃ゆ』は、ここ10年でワーストとなる初回平均視聴率16.7%を記録し、4月12日放送の第15話で早くも9.8%と1 [全文を読む]

NHK大河ドラマ惨敗の井上真央…松本潤との結婚に赤信号か

デイリーニュースオンライン / 2015年10月28日12時00分

井上は先日、1年以上に及ぶNHK大河ドラマ『花燃ゆ』の撮影を終えた。10月14日のクランクアップ会見では涙を見せる場面もあったが、その涙の意味は撮影を終えた感激や安堵ではなく、悔しさだったのだろう。『花燃ゆ』は低視聴率に苦しみ、このままでは2012年の『平清盛』の12%を下回る、過去最低視聴率という不名誉な称号を手にする可能性もあるからだ。 会見でも井上 [全文を読む]

ワースト視聴率確定!?柴咲コウが踏み込んだ“オンナ大河”のブラックホール

アサ芸プラス / 2015年08月28日09時59分

井上真央主演「花燃ゆ」の視聴率惨敗も記憶に新しいNHK大河ドラマ。2016年は三谷幸喜が脚本を手掛け、いまやCMタレントとして認知されている堺雅人が真田幸村を演じる「真田丸」の出陣が決まっているが、早くも再来年、2017年の企画が発表された。 主演は柴咲コウ。タイトルは「おんな城主 直虎」。1500年代半ば、戦国時代に現在の静岡県浜松市にあたる遠江井伊谷の [全文を読む]

【大河ドラマ】『花燃ゆ』不振でNHKが井上真央を“戦犯”扱い…どぶろっくでテコ入れの大迷走

デイリーニュースオンライン / 2015年05月16日11時50分

5月10日に放送されたNHK大河ドラマ『花燃ゆ』の第19話の平均視聴率が11.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことが13日にわかった。 同ドラマの視聴率は歴代ワーストレベルで推移し、前回18話の10.2%から0.9ポイント上げたものの依然として厳しい状況。4月には初のヒト桁に落ち込み、同ドラマの試写会見で主演の井上真央(28)が「主人公で [全文を読む]

影が薄すぎるヒロイン・井上真央の大河『花燃ゆ』視聴率は7%まで落ちる?

messy / 2015年04月21日17時00分

今年の大河ドラマ『花燃ゆ』が、4月にして「大河初の打ち切りか」と囁かれるほどの非常事態に直面している。初回の視聴率は16.7%で、「大河ドラマにしては低い」が、「民放のドラマと比べれば高い」数値であった(今期の民放ドラマ最高初回視聴率を獲った木村拓哉の『アイムホーム』(テレビ朝日系)も、初回視聴率は16.7%)。しかし二話では早くも13.4%まで下がり、4 [全文を読む]

視聴率惨敗中のNHK大河『花燃ゆ』、井上真央の「私の力不足」発言がバッシングを加速させる!?

日刊サイゾー / 2015年04月20日17時00分

放送中のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』の試写会が20日に行われ、東京・渋谷のNHK放送センターに主演で久坂文役の井上真央と、久坂玄瑞役の東出昌大が出席。同作の低迷ぶりについて、井上が自責の念を口にした。 同作は1月、初回平均視聴率16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)という、大河史上最低レベルの低視聴率でスタート。以降、さらに落ち込みをみせ、今月1 [全文を読む]

フォーカス