平清盛 源頼朝に関するニュース

【京都】絶世の美女・常盤御前の生涯と、義経が剣を磨いた鞍馬寺

まぐまぐニュース! / 2016年09月23日16時12分

憎き夫の敵「平清盛」の妾として生きる道を選ぶ 平治の乱で源氏の棟梁だった義朝が敗れます。義朝一族は平氏によって殺されましたが、嫡男の頼朝は伊豆へ流刑。常盤御前は子供たちと逃亡したとされています。すると平氏によってその残党狩りが行われました。常盤御前はなおも子供を連れて逃げ回ります。しかし母親が拷問に掛けられていると聞き、3人の子供と共に平清盛の元に自首し [全文を読む]

Twitterトレンド2012年テレビドラマ部門第1位!大河ドラマ「平清盛」2017年2月CS初放送

PR TIMES / 2016年12月15日11時17分

『#平清盛の面白きことを教えてやろう』Twitterキャンペーン実施CSエンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」(チャンネル銀河 株式会社、東京都千代田区、代表取締役社長:関本好則)では、大河ドラマ「平清盛」を2017年2月からCS初放送することを決定しました。2012年のTwitterトレンドテレビドラマ部門で [全文を読む]

「お騒がせ男女」に激辛直言 オマンら、許さんぜよ!(7)大河ドラマ「平清盛」←碓井広義(上智大教授メディア論)

アサ芸プラス / 2012年03月12日10時54分

「松ケンのギャンギャンしたセリフは視聴者無視だ!」 歴代ワースト3という低い視聴率でスタートしたNHK大河ドラマ「平清盛」の視聴率急落が止まらない。50年の歴史を誇る大河ドラマに、いったい何が起こっているのか!? 上智大学教授の碓井広義氏(メディア論)が、この惨状に物申す!! * 「大河ドラマは幕末、戦国時代に続いて源平合戦ものが視聴率を取ると言われてきま [全文を読む]

平安時代「絶世の美女」にまつわる、京都・恋塚寺の悲しすぎる物語

まぐまぐニュース! / 2016年10月10日04時45分

平清盛率いる平氏に流刑にされ、挙兵する気のなかった源頼朝を配流先の伊豆に出向いて説得した話は有名です。 文覚は遠藤盛遠という北面の武士でした。この時代は歴史上初めて武士が台頭してきた頃で、鳥羽上皇を守護する北面の武士はエリートとされていました。 同僚には平清盛や源渡(わたる)がいました。盛遠はこの渡の新妻に恋い焦がれていました。それが袈裟御前です。袈裟は気 [全文を読む]

日本史上初の東西対決「源平合戦」 どちらに加勢する?

しらべぇ / 2016年10月03日05時30分

日本史上初めて政治の頂点に君臨した武士は平清盛だ。そもそも被差別階級だった武士が、朝廷から太政大臣を任ぜられるという形で事実上の国主となった。ところが清盛がやったことは「公家社会との同化」であり、「朝廷に武家政権樹立を認めさせる」という本来の目的がいつの間にか失われてしまった。そこで立ち上がったのが源頼朝。最終的には彼が征夷大将軍となることで決着がついた。 [全文を読む]

高熱で苦しんだ末に死んだ平清盛 死因はインフルエンザか

NEWSポストセブン / 2016年05月14日16時00分

平清盛(1118~1181年。享年63)の死因は何だったのか? 1159年の平治の乱で源義朝を破り、武士として初めて太政大臣となった平清盛。平家の棟梁として独裁政権を樹立したが、源頼朝ら反平家の源氏が蜂起した1181年、謎の熱病に侵された。 『平家物語』の第六巻「入道死去」には、清盛が1週間にわたり高熱に苦しむ様子が「悶絶躄地して、つひにあつち死にぞし給け [全文を読む]

岡田将生に大河の語り部は重荷過ぎる! 実力以上のオファーばかりで耐えられるのか?

サイゾーウーマン / 2012年02月15日09時00分

また、NHK大河ドラマ『平清盛』にも源頼朝役で出演、ドラマの語り部にも大抜擢されました。大河ドラマには幅広い世代の視聴者がつくので、ここでさらに知名度を上げたいところですが、岡田さんのナレーションでは若すぎて重みがないと不評のよう。このままでは人気上昇どころか低迷してしまわないでしょうか?占い師の遼庵先生に、霊視・霊感、数秘術などから鑑定してもらいました。 [全文を読む]

徳川家康 老獪な策士イメージだが「験担ぎ大好き」だった

NEWSポストセブン / 2017年04月02日16時00分

平治の乱に敗れた源義朝の嫡男でありながら、頼朝が命を長らえて幕府を樹立できたのは、平清盛が頼朝の命を助けたからだ。伊豆の流人から再び身を興した頼朝の姿に、家康は自らの人質時代を重ね合せていたかもしれない。家康は大坂の陣の際に、この清盛の脇の甘さと頼朝の強運が当然念頭にあっただろう。清盛の轍を踏むまいと。◆関ヶ原の勝利は「桃」のおかげ? 家康にとっての一番の [全文を読む]

日本にあった「暗殺への抑止力」 暗殺の世界史入門その4

Japan In-depth / 2017年03月17日07時15分

この保元の乱、それに引き続く平治の乱(1160年)の結果、平清盛を中心とする平家一門の権力が確立するが、その後、失地回復を狙っていた源氏の一門が、関東を拠点に相次いで決起し、ついには平家を滅亡させる。かくして源氏の統領・源頼朝が1192年、征夷大将軍に任ぜられて鎌倉幕府を開くわけだが(この年号については、近年では異説も多い)、その頼朝が1199年に急死して [全文を読む]

鎌倉幕府も日露戦争も、「仇討ち」で動いてきた日本の歴史

NEWSポストセブン / 2016年12月28日07時00分

平将門に父・平国香を殺され、何度も戦った末に、執念で打倒した平貞盛(生没年不詳)の仇討ちは、子孫の平清盛による平家政権を生み出すきっかけとなった。 平治の乱で敗北した父・義朝の無念を晴らして、平家を滅亡させた源頼朝(1147~1199)は、鎌倉に幕府を開設し、史上初の武家政権を樹立した。本能寺の変で主君・織田信長を葬った明智光秀を、山崎の戦いで討って、天下 [全文を読む]

なんだこれは!馬を背負った武士の銅像に隠された真実!

Business Journal / 2015年08月31日06時00分

しかしながら、全国的な知名度はいまいちで、平清盛、源頼朝や源義経といった源平合戦の時代のスーパースターと比べると、あまり知られていない。どちらかといえば、脇役キャラだ。 寿永3(1184)年2月。平家追討軍を率いる義経と源範頼らは、摂津国福原(現在の兵庫県神戸市)で、崖の上から平家軍を急襲した。一ノ谷の戦いにおける「鵯越(ひよどりごえ)の逆落とし」である。 [全文を読む]

【無料で読める!!】「学研まんが人物日本史」シリーズの『勝海舟 江戸城明けわたし』(電子書籍版)を期間限定で無料配信!

PR TIMES / 2015年05月01日13時26分

◇学研BookBeyond http://bit.ly/1EV16V8 ◇Kindleストア http://amzn.to/1zirx4l ◇楽天Kobo電子書籍ストア http://bit.ly/1bHTRT2 ◇iBooks http://bit.ly/1EV0hM0 ◇GooglePlayストア http://bit.ly/1EH27Os ■「学研 [全文を読む]

【三井ショッピングパーク ららぽーと首都圏5施設共通】 ららぽーと年末年始福袋・バーゲン 年初め運だめしくじ引き情報!

PR TIMES / 2014年12月15日18時10分

その後も映画「告白」や「悪人」への出演、大河ドラマ「平清盛」では源頼朝を演じ、また、人気ドラマ「リーガルハイ(シーズン2)」での対峙する役での出演が話題に。今年は映画「偉大なるしゅららぼん」、「オー!ファーザー」が公開し、11月には「彼女との上手な別れ方」と「想いのこし」と主演映画が立て続けに公開。さらに、来年2015年1月には今年主演したドラマ「ST 赤 [全文を読む]

放送局社長から入手した心霊写真!! 埼玉・大宮の「霊が通るトンネル」

tocana / 2014年04月26日17時00分

そして、川口市にはあの平清盛の嫡流である平家の御曹司、平六代(平高清)が落ち延びてきたという。また、川口には「六代御前の首塚」もあるのだとかー。 ■大宮のトンネルで激写! 心霊写真 この写真は、観音菩薩の姿にそっくりなのだが、何と、平六代が源頼朝から逃げきったのには、「観音様」が関係しているのだ! 平六代は文覚という僧侶から観音像の霊剣を授かり、それが彼を [全文を読む]

【三井ショッピングパーク ららぽーと共通】新コミュニケーションスローガン 「気分まで、いい買い物を。」に決定。新イメージキャラクターに「岡田将生」さん登場!

PR TIMES / 2014年04月09日14時33分

その後も映画「告白」や「悪人」への出演、大河ドラマ「平清盛」では源頼朝を演じ、最近では、人気ドラマ「リーガルハイ(シーズン2)」で主演の堺雅人さんと対峙する役を演じて話題に。この3月には主演映画「偉大なるしゅららぼん」が公開し、同じく映画「オー!ファーザー」が5月に、11月には「彼女との上手な別れ方」と主演する映画2本が公開を控えるなど、映画・ドラマを中心 [全文を読む]

フォーカス