人物 平清盛に関するニュース

いま話題の、あの平清盛と恋に落ちる?!ケータイ恋愛ゲーム「イケメン恋戦★平清盛」サービス開始!源平時代のイケメンたちとの禁断の恋の行方は…?

PR TIMES / 2012年03月01日15時50分

同僚と一緒に、仕事先で見つけた怪しげなトンネルを抜けると…その先で出会った人物は、あの「平清盛」だった…――。平清盛、源義朝、後白河天皇…歴史上のイケメンたちとの、禁断の恋■恋の相手は…時代を彩るイケメン達!飄々とした雰囲気を纏う「平清盛」、クールで寡黙な「源義朝」、色気たっぷりにあなたに迫る「後白河天皇」など、個性豊かなイケメンが勢揃い…!他にも歌人とし [全文を読む]

【無料で読める!!】「学研まんが人物日本史」シリーズの『勝海舟 江戸城明けわたし』(電子書籍版)を期間限定で無料配信!

PR TIMES / 2015年05月01日13時26分

学研グループのデジタル事業会社である株式会社ブックビヨンド(東京・品川/社長:織田信雄)は、電子書籍ストア「学研BookBeyond」、Kindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、iBooks、GooglePlayストアの各電子書店にて、5月14日(木)までの期間限定で「学研まんが人物日本史」シリーズの『勝海舟 江戸城明けわたし』を無料にて配信します。 [全文を読む]

会員数50万人を誇る人気タイトル 恋愛ソーシャルゲーム『イケメン恋戦◆平清盛』の 待望のAndroidアプリが登場!

PR TIMES / 2013年01月17日12時57分

同僚と一緒に、仕事先で見つけた怪しげなトンネルを抜けると… その先で出会った人物は、あの「平清盛」だった…――。 平清盛、源義朝、後白河天皇… 歴史上のイケメンたちとの、禁断の恋の行方は…? ■恋の相手は…時代を彩るイケメン達! 飄々とした雰囲気を纏う「平清盛」、クールで寡黙な「源義朝」、色気たっぷりに あなたに迫る「後白河天皇」など、個性豊かなイケメン [全文を読む]

4月から初めて「歴史」を学び始める全国の小学生6年生に 歴史好きになってもらいたい…と、 進研ゼミ小学講座が「しゃべる巻物型 歴史教材」を投入

PR TIMES / 2013年03月14日09時20分

~進化し続ける進研ゼミの付録~肖像画・写真・銅像などの資料をもとに聖徳太子からペリーまで11人の歴史人物の音声を独自に再現4月から初めて「歴史」を学び始める全国の小学生6年生に歴史好きになってもらいたい…と、進研ゼミ小学講座が「しゃべる巻物型 歴史教材」を投入--------------------- 株式会社ベネッセコーポレーションの通信講座「進研ゼミ小 [全文を読む]

平安時代「絶世の美女」にまつわる、京都・恋塚寺の悲しすぎる物語

まぐまぐニュース! / 2016年10月10日04時45分

歴史に詳しい方でも、「袈裟御前(けさごぜん)」という人物の存在について詳しく知る人は少ないのではないでしょうか。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では、ある意味鎌倉幕府の生みの親とも言える、この袈裟御前と遠藤盛遠(もりとお)の悲しすぎる恋物語と、京都市内でいち早く紅葉が見られる「神護寺」の魅力が紹介されています。 袈裟御前と神護寺 ~歴史を変えた男女 [全文を読む]

GREE、Mobageで大人気の恋愛ソーシャルゲーム 『イケメン恋戦◆平清盛』がいよいよmixiにも登場! ~スマートフォン版&フィーチャーフォン版 提供開始!~

PR TIMES / 2012年08月20日17時13分

同僚と一緒に、仕事先で見つけた怪しげなトンネルを抜けると… その先で出会った人物は、あの「平清盛」だった…――。 平清盛、源義朝、後白河天皇… 歴史上のイケメンたちとの、禁断の恋の行方は…? ■恋の相手は…時代を彩るイケメン達! 飄々とした雰囲気を纏う「平清盛」、クールで寡黙な「源義朝」、色気たっぷりに あなたに迫る「後白河天皇」など、個性豊かなイケメン [全文を読む]

歴史上のイケメンと禁断の恋…!?Mobage版 恋愛シミュレーションソーシャルゲーム「イケメン恋戦◆平清盛 for mobage」スマートフォン版&フィーチャーフォン版 提供開始!

PR TIMES / 2012年06月28日17時31分

同僚と一緒に、仕事先で見つけた怪しげなトンネルを抜けると… その先で出会った人物は、あの「平清盛」だった…――。 平清盛、源義朝、後白河天皇… 歴史上のイケメンたちとの、禁断の恋の行方は…? ■恋の相手は…時代を彩るイケメン達! 飄々とした雰囲気を纏う「平清盛」、クールで寡黙な「源義朝」、色気たっぷりに あなたに迫る「後白河天皇」など、個性豊かなイケメン [全文を読む]

サイバード提供の女性向け恋愛ソーシャルゲーム「イケメンシリーズ」利用者数が50万人を突破!

PR TIMES / 2012年01月12日15時33分

同僚と一緒に、仕事先で見つけた怪しげなトンネルを抜けると…その先で出会った人物は、あの「平清盛」だった…――。平清盛、源義朝、後白河天皇…歴史上のイケメンたちとの、禁断の恋の行方は…?◆「イケメン源氏(R)★恋物語 forGREE」≪物語≫~男女逆転の源氏物語の世界~平安時代―。これは時の天皇の娘として生を受けた、一人の娘の華やかな恋物語…。娘はその美しさ [全文を読む]

累計会員数1,500万人を誇る女性向け恋愛ゲーム「イケメンシリーズ」の過去配信ストーリーをauスマートパス向けに提供開始!~『イケメン大奥◆恋の園』と『イケメン恋戦◆平清盛』が待望の復刻~

PR TIMES / 2016年11月04日15時12分

同僚と一緒に、仕事先で見つけた怪しげなトンネルを抜けると…その先で出会った人物は、あの「平清盛」だった…――。平清盛、源義朝、後白河天皇…歴史上のイケメンたちとの、禁断の恋の行方は…?◆『【イケメンシリーズ】イケメンライブラリ for au』の概要タイトル:【イケメンシリーズ】イケメンライブラリ for au配信開始日WEB:2016年11月4日アプリ:2 [全文を読む]

「誰それ……」井上真央NHK大河『花燃ゆ』“超マイナー主人公”に、大河ファンから不満噴出か

日刊サイゾー / 2013年12月04日17時30分

尊皇攘夷運動をけん引した久坂玄瑞に嫁ぎ、のちに毛利家の奥女中となる人物だ。 明治維新の志士たちを間近で見つめた文を通し、激動の時代を描くというが、マイナーすぎる主人公に、大河ファンから不満が噴出しているようだ。 「3日に行われた会見では、井上さんも『どういう人物かパッと思い浮かぶ偉人ではないので、不安もあります』と本音を漏らしていた。大河ファンは、ただ時代 [全文を読む]

大河『直虎』 史実が少ないため大胆な脚色OKでドラマ向き

NEWSポストセブン / 2017年01月28日07時00分

「これまでの女性主人公は、歴史的に有名な人物の妻であったり、お姫様だったりで、内助の功で夫を支えるものが多かった。でも今回は、生涯独身だった女性が自ら道を切り開いていく。女性リーダーとして領民を助け、井伊家のために跡継ぎを育てていく直虎は、今の女性リーダーの時代にピッタリの人物像と思います」 現代になぞらえれば小池百合子都知事のようなものか。その女性リーダ [全文を読む]

NHK大河ドラマ『真田丸』 まずまずのスタートを切ったが“不安要素”も……

日刊サイゾー / 2016年01月14日21時00分

15年の『花燃ゆ』は、主人公が思想家・吉田松陰の妹・杉文(後の久坂美和)という極めて無名な人物。その上、主役の井上はトップ女優とはいえず、当初から視聴者の関心も低く、まったく盛り上がらぬまま幕を閉じた。全話平均視聴率は12.0%で、大河史上ワーストの視聴率となってしまった。 それだけに、視聴者の『真田丸』への期待感は高かまっていた。主役は、“新・視聴率男 [全文を読む]

オープニングには成海璃子さんも!清盛フェアin広島ブランドショップ「TAU」開催決定!

PR TIMES / 2012年09月04日18時12分

9月16日(日)から28日(金)まで,東京銀座の広島ブランドショップ「TAU」で「清盛フェア」を開催します! さらに,16日(日)14時からのオープニングイベントでは,大河ドラマ「平清盛」で滋子(建春門院)役で出演している成海璃子さんと人物デザイン監修をされている柘植伊佐夫さんによるスペシャルトークもあります(オープニングイベントの観覧は抽選となります)。 [全文を読む]

「前例がない低視聴率」NHK大河『平清盛』10.2%ショック! いよいよ前人未到の一桁へ──

日刊サイゾー / 2012年05月31日08時00分

関係者の落胆も大きい」(同) 視聴率低迷の原因として画面が暗い、人物が汚い、役者の演技に難があるなど、これまでいくつも挙げられてきたが、なんといっても登場人物のなじみの薄さはいかんともし難いところ。そもそも、清盛自体が、幕末志士や戦国武将などと違って思い入れがしにくいキャラ。 「ここ数年の大河は、上野樹里主演の『江~姫たちの戦国~』や宮崎あおい主演の『篤姫 [全文を読む]

平清盛 暴君イメージ強いが気遣いでき優しい人と文献に記述

NEWSポストセブン / 2012年01月15日16時00分

しかし、同じく歴史上の人物でいえば、豊臣秀吉のように部下思いで優しい“上司”という意外な一面も。 「多くの武将は権力行使のために敵はもちろんのこと、自分の兄弟や家来までも殺すことがありましたが、清盛は一切それをしませんでした。また、家来の家族がいるところでは自分より身分の低い家来を立てたり、誰かがギャグですべってもひとり大声で笑うなど、気遣いができる優しい [全文を読む]

日テレ『鉄腕!DASH!!』に惨敗の大河ドラマ『おんな城主 直虎』望みは子役による演技終了後か

日刊サイゾー / 2017年01月24日23時30分

主人公である井伊直虎役の柴咲はもちろんのこと、重要な登場人物である、いいなずけの井伊直親(亀之丞)役・三浦春馬、幼なじみの小野政次(鶴丸)役・高橋一生も、まだ出て来ていない。さすがにこの条件下では、視聴率が低迷するのも当然のことなのだろう。 「『直虎』は第4話でも苦戦するのは間違いないでしょう。本当の勝負となるのは、柴咲、三浦、高橋が登場する第5話以降とな [全文を読む]

18年NHK大河ドラマ『西郷どん』主役は、鈴木亮平で大丈夫? 不安視される松山ケンイチの二の舞い

日刊サイゾー / 2016年11月04日11時00分

救いは、ドラマの主人公となる人物が平清盛より、西郷隆盛のほうがはるかに著名であり、視聴者になじみがある点だ。鈴木には、「時期尚早」などといった下馬評を覆してほしいものだ。 (文=田中七男) [全文を読む]

日本史上初の東西対決「源平合戦」 どちらに加勢する?

しらべぇ / 2016年10月03日05時30分

加藤浩次演じる兎丸は架空の人物だが、実際の清盛がそうした海賊を大いに利用していたことは事実だ。ところが、強力な海軍戦力を保有していたにもかかわらず、平家は屋島の合戦、壇ノ浦の合戦と「洋上の戦い」に負けている。それに関しては源氏側の指揮官だった源義経が才能を発揮したと言われているが、一方で「この時の平家は海賊勢力から見放されていた」とも考えられる。現に大河ド [全文を読む]

裏の日テレが強すぎるわけじゃ、ない…? NHK大河ドラマ『真田丸』雲行きが怪しくなってきた視聴率

おたぽる / 2016年01月27日09時00分

『真田丸』の主人公・真田信繁(幸村)は、歴史上それなりに著名な人物であり、豪華キャストを結集させただけに、さすがに、『平清盛』や昨年の『花燃ゆ』(井上真央主演)のような低空飛行にはならないだろう。だが、三谷脚本にソッポを向く視聴者が多ければ、この先、視聴率が伸び悩む可能性もありそうだ。 (文=森田英雄) [全文を読む]

「花燃ゆ」田中麗奈 “次世代を感じる”銀姫役を語る

Smartザテレビジョン / 2015年08月09日06時00分

――演じられている銀姫の人物像や魅力、美和との関係性についてどのように捉えていますか?銀姫は情の厚い人ですが、それが“普段から、誰にでも通じるものではない”ということをわきまえているように感じます。でも、美和は人の思いや情を大切にする人ということで、銀姫はそういう部分に引かれたのではないかと思います。だからこそ、美和とのやりとりは大切にしたいですね。関係性 [全文を読む]

フォーカス