病院 大阪大学に関するニュース

大幸薬品株式会社と大阪大学大学院医学系研究科、「空間環境感染制御学共同研究講座(産学連携・クロスイノベーションイニシアティブ)」を設置

PR TIMES / 2017年06月05日14時00分

)空気飛沫感染対策や多剤耐性菌を含む付着感染源に対する感染制御技術を開発、確立するとともに、細胞培養室、無菌室、動物実験室、手術室、薬剤管理室、移植病棟を含む病室、病院内全体の空間環境下での安全性と有効性の科学的評価を行い、その実用化を推進し、さらに、食品工場や製薬工場など幅広い環境管理への適用に向けて、基礎的研究と実証を行います。さらに、大阪大学大学院医 [全文を読む]

もし、あなたが急病で倒れたら?救急医療の裏側を見せちゃいます! 「一般公開!救急医療シミュレーション」

PR TIMES / 2014年11月12日18時05分

当日は、両校の医療を学ぶ学生たちが、医師、看護師、救急救命士、患者、通行人などの役を演じ、同大学医学部附属病院高度救命救急センターの監修のもと、本物の救急車及び医療機器を使って本格的に実演、わかりやすく解説します。また、吹田市消防本部の協力のもと、救急車の展示も同日開催します。この機会に、一般の方にも「救急医療」をより身近に感じてもらい理解を深めてもらう [全文を読む]

手術が下手、鬱の過去も。ノーベル賞の山中教授、iPS細胞発見物語

まぐまぐニュース! / 2017年05月12日19時30分

鴨川の畔にある京都大学医学部付属病院。敷地の中心にそびえる真新しい巨大な建物が、総工費100億円を投じたiPS細胞研究所だ。 その所長を務める山中の一日は、まさに分刻みの忙しさ。同時進行する様々なiPS研究を進めながら、所長として研究資金集めにも奔走する。 「日本の普通の大学では教授ごとに部屋が区切られていて、隣の研究室が何をしているのかわからない」(山中 [全文を読む]

Symetis、日本初のACURATE TA(TM)およびACURATE TF(TM) TAVIシステムの移植成功を発表

JCN Newswire / 2013年08月14日11時46分

- 手術は大阪大学医学部附属病院で実施; - 初期フィージビリティスタディにより4人の患者の治療に成功; - この結果を受け医薬品医療機器総合機構(PMDA)への申請準備開始ECUBLENS, SWITZERLAND, Aug 13, 2013 - (JCN Newswire) - 経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)システムを専門とする個人所有のスイス [全文を読む]

6才未満の子供の臓器移植について賛成派と反対派の意見紹介

NEWSポストセブン / 2012年07月02日07時00分

心臓は大阪大学医学部付属病院で10才未満の女児に、肝臓は東京の国立成育医療研究センターで10才未満の女児に、腎臓は富山県立中央病院で60代の女性に、また臓器以外にも左目の角膜は金沢大学付属病院で50代の男性に、そして最後に、右目の角膜が関東地方の病院の入院患者(性別不明)にそれぞれ移植された。 「わが子の体を提供できますか?」 同年代の子供がいる母親たち [全文を読む]

スギ花粉症 花粉成分含む「緩和米」を食べる治療法に期待

NEWSポストセブン / 2017年03月13日07時00分

日本医科大学教授で同付属病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科部長を務める大久保公裕さんが説明する。 「スギ花粉の原因抗原を含むシダトレンを、毎日少量ずつ、舌の裏側の付け根に垂らしていくことで、長期間かけて少しずつアレルギー反応を抑えていく方法です。花粉症のアレルギーに深く関係するリンパ節は鼻の奥にあるので、舌下からエキスを吸収させることで届けやすくなる」 花粉の中の [全文を読む]

膀胱がんに対する遺伝子治療? 小倉智昭は<白衣を着た詐欺師>に騙されるな!

ヘルスプレス / 2016年10月18日17時13分

アナウンサーがこの病院で治療を受けているのかどうかわからないが、膀胱がんの遺伝子治療など、私の知る限り承認を受けているもの、科学的に実証されているものはない。 そして、メディアに登場する人が、無責任な発言をすると、他の患者さんにまで大きな影響を及ぼし、白衣を着た詐欺師の害をまき散らす。 いったい、どのクリニックが、どのような科学的根拠に基づいて、自由診療と [全文を読む]

【新刊】『妻の病気の9割は夫がつくる』~医師が教える「夫源病」の治し方~

@Press / 2012年12月14日18時00分

著者は大阪市内の病院で「男性更年期外来」を開設して以来、600人以上の中高年男性を診察してきました。そして夫婦同伴で治療を行う中、患者さん本人だけでなく、その妻も同じように、深刻な体調不良に苦しむケースが非常に多いことに気づきました。その症状は、頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、胃痛、不眠、気分の落ち込みなど、これまで「更年期障害」とされてきたものばかり。しか [全文を読む]

6才未満の子供からの臓器移植 難しかった理由を医師解説

NEWSポストセブン / 2012年06月30日16時00分

心臓は大阪大学医学部付属病院で10才未満の女児に、肝臓は東京の国立成育医療研究センターで10才未満の女児に、腎臓は富山県立中央病院で60代の女性に、また臓器以外にも左目の角膜は金沢大学付属病院で50代の男性に、そして最後に、右目の角膜が関東地方の病院の入院患者(性別不明)にそれぞれ移植された。 事前のドナー登録が認められていないため、家族の判断に委ねられ [全文を読む]

秋津壽男“どっち?”の健康学「戸締まりが気になって仕事が手につかない。日常生活に支障があれば病院への通院を」

アサ芸プラス / 2017年06月05日05時55分

外出後に「家のカギをかけたっけ?」と心配になることは誰にでもあるでしょうが、毎回のように気になってしまう場合、病院へ行くべきか、行かないままで様子見すべきでしょうか。 毎朝、家を出る時に何度も確認しないと気が済まないような症状は「不安神経症」と呼ばれます。これは心配事が頭から離れない症状で、いったん外出しても戸締まりや火の元などが気になってしまいます。ト [全文を読む]

うつ病の重症度、“血液”から判定可能に? 関連する血中代謝物20種類を同定

QLife / 2017年01月11日10時00分

自殺念慮の有無を予測するアルゴリズムも開発 研究は、九州大学病院、大阪大学医学部付属病院、国立精神・神経医療研究センター(各機関の連携病院・クリニックを含む)を受診した患者を対象に実施。まず、患者に対してハミルトンうつ病評価尺度とPHQ-9を行い、抑うつ重症度を評価しました。次に、患者の血液成分をメタボローム解析で分析し、100種類以上の血中代謝物を計測 [全文を読む]

秋津壽男“どっち?”の健康学「風邪の対処には「寝て過ごす」がベスト 免疫力を高めれば薬を飲まない選択肢も」

アサ芸プラス / 2016年02月08日01時55分

ボルタレンや抗生物質といった薬のおかげで治るわけではないので、病院へ行って「風邪」と診断されても、処方された薬を飲まない、という選択肢も考えられます。 ただし1週間以上長引くと、この限りではありません。例えば肺炎の場合、免疫力で追いつかないので抗生物質が必要となります。「風邪は万病のもと」と言われます。これは「風邪はさまざまな病気を招く」という意味ではなく [全文を読む]

多職種で再現する医療劇 ! 『チーム医療~事故発生から退院まで~』 大阪大学×大阪医専 JOINT企画

PR TIMES / 2015年11月04日14時24分

同大学医学部附属病院高度救命救急センター並びに大阪医専の監修のもと、大阪大学医学部と大阪医専で学ぶ医療のプロの卵たちが、医師、看護師、救急救命士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床検査技師、患者、一般人などの役を演じ、実際の医療機器や救急車を使いながらわかりやすく解説。また、吹田市消防本部の協力のもと、救急車の公開展示も行います。 [画像: http [全文を読む]

近藤誠医師の“がん放置“理論は現代医学への警鐘か、危険な宗教か

リテラ / 2014年12月08日21時06分

最近は「FLASH」14年11月4日号「近藤誠(元慶応病院医師)が『子宮頸ガン検査不要』と憤る理由」で「お手軽な検査を受けたら、いつの間にか子宮全摘に追い込まれてしまうこともある」「医療業界の金儲け主義」と指摘した近藤医師に対して、大阪大学産婦人科・木村正教授が「一人ひとりの女性が適切な診療が受けられるよう『診療ガイドライン』」があり、「精密に診断をした [全文を読む]

品川スキンクリニック 梅田駅前院・心斎橋院、2014年4月5日(土) NEW OPEN!

PR TIMES / 2014年04月04日12時28分

【品川スキンクリニック 梅田駅前院 院長略歴】 院長 宮西 重史 医師 2005 年 兵庫医科大学医学部 卒業 2005 年 済生会千里病院 勤務 2006 年 大阪大学医学部附属病院 勤務 2007 年 大阪厚生年金病院 形成外科 勤務 2007 年 医療法人社団 翔友会 入職 2014 年 品川スキンクリニック 梅田駅前院 院長 【ご挨拶】 カウンセ [全文を読む]

日本最古の私学 高野山大学が別科「スピリチュアルケアコース」を今春新設 大阪サテライトキャンパス(大阪大学中之島センター)

@Press / 2014年02月25日17時30分

病院、在宅、施設などあらゆる場面で役に立つ理論に基づいた技を学びます。◆日本スピリチュアルケア学会の資格認定に必要な教育課程(「認定プログラム」提供団体として申請予定)を提供し、スピリチュアルケアに携わることのできる人材を育成します。◆平日を主体とした学び、土曜日を主体とした学び、平日と土曜日を組み合わせた学び等、社会人の為に自由度の高い履修形態を用意し [全文を読む]

QLife 大容量CT画像など、医療専門のデータ伝送システム『QLifeBOX』を提供開始~「高速」「安価」「医師実務ニーズ対応」が特徴で、既に複数の病院が使用

PR TIMES / 2013年06月26日14時33分

月600万人が利用する日本最大級の病院検索サイト、医薬品検索サイト、医療情報サイトを運営する総合医療メディア会社の株式会社QLife(キューライフ/本社:東京都世田谷区、代表取締役:山内善行)は、医療分野専用の大容量画像送受信システム『QLifeBOX』の提供を始めた。医療の研究・臨床現場の実情に即して利便性とセキュリティ度合いを高めたほか、2GB(ギガバ [全文を読む]

AI技術で“音”から眠りの特徴を分析

QLife / 2017年04月07日16時00分

従来、睡眠のパターンは専門的な施設や病院でなければ計測できず、不眠症治療の観点から、自宅でも簡単に計測できるシステムの開発が待たれていました。また、周囲の雑音などを含む睡眠環境音は役立つ情報が多いものの、ノイズ処理や睡眠関連音の識別が困難という課題がありました。 研究グループでは、複数の機械学習の手法を組み合わせて、睡眠環境音から睡眠関連音のみを高精度に [全文を読む]

医療機器の製造・設計に関する展示会「MEDTEC Japan 2017」 ■ 医療用ロボット、ウェアラブルチェアなど注目製品の展示が決定! ■ 全国各地の地方自治体、大学からも続々出展!

DreamNews / 2017年03月31日11時30分

[テムザック技術研究所]人間に近いリアリティを追求したシミュレータロボット 鳥取大学医学部・附属病院シミュレーションセンターとの共同開発により、人体の構造、柔らかさ、多様性を再現したシミュレータロボットを開発。 利用者のニーズに応じて、トレーニングできる手技が選択できます。また併せて立位作業・就労支援ロボット等福祉向けロボットの展示も行う予定です。[有限会 [全文を読む]

【医師取材】”脳の疲労”を取る睡眠のコツと「いびき」の改善

nemgym(ネムジム) / 2017年03月13日22時00分

簡易型PSG検査では病院に泊まって検査をする必要はありません。検査機器を宅配便でご自宅にお送りし、測定後に送り返していただくという形で検査が可能です。 この検査を行うことによって睡眠時の無呼吸や低呼吸状態はもちろん、酸素飽和度や睡眠の時間や深さ、つまり睡眠の質がわかります。その検査結果は、ご本人が朝起きたときに疲れがとれている(あるいは疲れがとれていない) [全文を読む]

フォーカス