北島康介 子供に関するニュース

「水泳で本当に頭が良くなるのか?」東大生の6割が「小学生時代にスイミング教室」

プレジデントオンライン / 2017年03月07日15時15分

金メダリストの北島康介選手の泳ぎをビデオでよく分析していました」(理Ⅱ・男性Gさん・鹿児島県立鶴丸高校出身) 「悔しくなったときに自分から解決方法を考え、人の想像を上回るくらい努力をして、負けた相手を負かす負けん気」(前出・Cさん) 負けた相手を負かす負けん気……。水泳にはそんなメンタル強化の要素もあったのだ。自分の弱点を発見し、それを克服するための目標設 [全文を読む]

ナイナイが熱血アスリートの猛アピールにたじたじ?

Smartザテレビジョン / 2017年05月19日18時15分

もっと自分たちのことを知ってほしい、と強く願うスポーツ関係者が「熱血アピール部」を結成し、ナインティナインたちを振り向かせるべく、一団となってVTRやトークで熱烈プレゼンを行うバラエティー「ナインティナインの発足!熱血アピール部 もっと好きと言って!」(ABCテレビ)が、5月21日(日)昼4時から放送。まず部室にやって来たアピール部のメンバーは、北京・ロン [全文を読む]

競泳銀メダリスト・松田丈志×山岸舞彩、特別対談「背泳ぎは顔のいいヤツがやらされるんです(笑)」

週プレNEWS / 2014年07月29日11時00分

ロンドン五輪では水泳チームの主将として北島康介、入江陵介、藤井拓郎らと4×100メートルメドレーリレーに出場し、日本史上初となる銀メダル獲得に貢献。個人としても200メートルバタフライで二大会連続となる銅メダルを獲得した。4歳で地元・東海スイミングクラブに入り、久世由美子コーチにその才能を見いだされる。中学時代にジュニアオリンピックで自由形の200、400 [全文を読む]

「浅田真央VSキム・ヨナ」死闘10年の“裏”真実(11)

アサ芸プラス / 2014年02月25日09時57分

五輪で連続メダルを目指す、柔道の谷亮子や水泳の北島康介、ハンマー投げの室伏広治など、皆が上手に4年間のスケジュールを組み立てている。休養は肉体よりも気持ちの面で、とても大切になってきます」 アイドル的存在としても人気を集めている浅田は、日常の過ごし方が大きなストレスになりかねない。 「海外に拠点を置いたヨナは1人でタクシー待ちするくらいにのびのびとリラック [全文を読む]

日体大からF1レーサー誕生も? モータースポーツ分野にも力

NEWSポストセブン / 2013年04月19日07時00分

過去を遡れば、メキシコ、ミュンヘン、モントリオールと3大会連続で体操男子団体で金メダルを獲得した塚原光男、バルセロナで銀、アトランタで銅メダルを獲ったマラソンの有森裕子、最近でも水泳の北島康介や体操の内村航平、なでしこジャパンの川澄奈穂美ら挙げればキリがないほどだ。 とはいえ、もちろん学生全員が五輪を目指しているわけではない。4年生の9割が教職課程を履修し [全文を読む]

ホテル・飛行機も続々導入 白鳥舞う浅田真央選手も愛用寝具

NEWSポストセブン / 2012年11月16日16時00分

他にも、水泳の北島康介選手、テニスの錦織圭選手、ゴルフの宮里美香選手など、多くの一流選手が『エアウィーヴ』を愛用している。 そして今年。日本人選手がメダル38個を獲得したロンドンオリンピックでは、文部科学省がオリンピック選手を支援する“チーム『ニッポン』マルチサポート事業”に『エアウィーヴ』が採用され、200名近くの選手たちの活躍を支えた。 医師で早稲田大 [全文を読む]

「北島と同じ水泳教室通ってた」自慢男 溺れても自慢続ける

NEWSポストセブン / 2012年08月09日07時00分

* * * 「小学生のときはあの北島康介と同じスイミングクラブに通ってて、中学生の時は水泳部のキャプテンだったんだ」 さんざん聞かされた自慢話だけど、ダンナ(40才)のいまの風体を見たら誰も信じないって。実際、本当かどうかもアヤしい。体重なんか100kg近いし、アゴは二重どころか三重だもん。 そのダンナが息子に水泳を教えてやるといいだしたから必死で止めた [全文を読む]

吉田麻也 得点後に「かめはめ波」「俳句読む」案を却下してた

NEWSポストセブン / 2012年08月07日16時01分

44年ぶりのメダルに向けひた走る吉田の、「オレだ! オレだ! オレだ!」のパフォーマンスは果たしてマネされるか? 【関連ニュース】五輪サッカーに「松木安太郎の絶叫足りない」とテレビ関係者北島康介失速の原因「水着で浮気したから」と水泳連盟関係者恋人と別れていた内村航平 休日は体育座りで「ピカル」鑑賞五輪で世界が注目する俊足FW永井謙佑 年俸は現在1000万円 [全文を読む]

「スカイツリー」から「ツイッター」まで2012年大人の楽しみ方

NEWSポストセブン / 2012年01月05日16時00分

競泳の北島康介選手や入江陵介選手、体操の内村航平選手、レスリングの吉田沙保里選手なども、かなり騒がれそうです。見事にメダルを獲得できた場合は、大人げなく大はしゃぎしたり「オレは獲ると思ってたんだよ」としたり顔で言ったりするのが、むしろ大人の祝福。しかし、みんなが期待に応えられるとは限りません。 ガッカリさせられたときにこそ大人力が問われるし、ガッカリさせ [全文を読む]

フォーカス