小池徹平 視聴率に関するニュース

NHK紅白がヤバイ?視聴率挽回策が軒並み頓挫、審査員席の恋敵・滝クリ&杏が一触即発?

Business Journal / 2013年12月18日21時00分

ちなみに『あまちゃん』で主演を務めた能年玲奈は、バーニング傘下のレプロエンタテインメント所属であり、同じく出演者の小池徹平はバーニング所属。 視聴率挽回を狙うNHKは、ポール・マッカートニーやサザンオールスターズ、ザ・タイガースを出演させようとしたが、これらも頓挫したともいう。 ただ、東京五輪招致のプレゼンテーションでの「お・も・て・な・し」が「2013 [全文を読む]

能年玲奈、橋本愛、小池徹平に脚本のクドカンまで…『あまちゃん』大人気の裏で相次ぐスキャンダル

メンズサイゾー / 2013年06月16日08時00分

元SDN48の芹那との熱愛報道があった小池徹平、俳優・落合モトキとの熱愛報道が飲酒疑惑や淫行条例違反疑惑にまで発展した橋本愛などがそうだ。さらに、俳優陣だけではなく、同作品の脚本家である宮藤官九郎までもが、9月公開予定の映画『謝罪の王様』についてパクリ疑惑を報道されている。「人気のある作品だけに、出演者に対するマスコミのマークがすごい。能年の他に出演してい [全文を読む]

絶好調『ドクターX』全話20%超え確実も、米倉涼子は“第4シリーズ”に難色!?

日刊サイゾー / 2014年12月18日11時00分

それに、若手人気俳優だった小池徹平に小出恵介。第2弾の高視聴率は、彼らの存在が大きかったといわれている。 しかし、米倉主演の『ドクターX』は、光る脇役やゲストは出演するが、ジャニタレのように即、視聴率に影響力を持つ出演者はいない。にもかかわらず、初回から連続して、20%超えを記録。8週連続となった時点で、最高40%超えを果たした日テレの高視聴率ドラマ『家政 [全文を読む]

ド派手アクションの刑事もの?悪に立ち向かう所轄の正義?イケメン満載の兄妹愛?心に残った2017年春ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年07月20日17時30分

物語のキーとなる主人公の親友「広沢由樹」を演じたのは小池徹平さん。後半どんどん明らかになっていく真実、怒涛の展開にドキドキさせられたものです。個人的には志賀廣太郎さん演じる広沢由樹の父親の味のある演技が大好きでした。 CRISIS~公安機動捜査隊特捜班~ この作品も忘れてはいけません。『CRISIS~公安機動捜査隊特捜班~』。とにかく、演者たちのアクション [全文を読む]

湊かなえドラマ『リバース』、藤原竜也の「大根役者ぶり」が緊張感をブチ壊す深刻な問題

Business Journal / 2017年04月15日06時00分

地味な会社員の主人公・深瀬和久(藤原竜也)は当時大学生だった10年前、ゼミ仲間の広沢由樹(小池徹平)、浅見康介(玉森裕太)、村井隆明(三浦貴大)、谷原康生(市原隼人)と雪山にスノボー旅行に行った際、事故で親友の広沢を亡くした悲しさを今でも心に抱えている。そんな4人が恩師である教授の退官記念パーティーで久しぶりに顔を合わせると、そこに広沢の母親が現れる。さ [全文を読む]

NHK新大河ドラマ『真田丸』に藤原紀香が熱烈オファー? 三谷幸喜・堺雅人の意向は……

日刊サイゾー / 2015年03月19日11時00分

言われてみれば紀香は、消防士たちの活躍を描いた小池徹平主演の『ボーダーライン』でNHKから高い評価を得たばかり。一方、現場でのワガママな振る舞いから、共演者やスタッフ受けは悪いという話もあるが、どんなに売り込みをかけようとも難しいのは、関係者が言うとおり、三谷と堺のハードルだ。 まず三谷は、遅筆で知られる俳優泣かせの脚本家。それだけに、三谷をよく知る者でな [全文を読む]

『FNS歌謡祭』、口パク復活! “禁止令”きくち伸P異動のウラにバーニングとWaTの影

サイゾーウーマン / 2014年12月05日09時00分

「実は昨年、あるフジの音楽番組にウエンツ瑛士と小池徹平のユニット・WaTが出演した際、こんな出来事がありました。本番前のリハーサル中、WaTが予定していた時間に突然、ジャニーズ所属のグループが割り込む形で、先にリハを行ったんです。どういう理由でそうなってしまったかは不明ですが、突然数時間待ちぼうけにされてしまったWaTに対して、プロデューサー格のスタッフ [全文を読む]

フジ新春番組に「批判殺到」のワケ

NewsCafe / 2017年01月15日08時00分

誰がターゲットに? 「タレントの小池徹平(31)は、連続で穴に落ち、『何なん? これは怒るでしょ!』と本気で怒りを露わにするシーンが笑いの対象になりました」 視聴者には、かなり笑えたドッキリだったんだ。 「いいえ、実はとんでもないハプニングが起きました。番組の後半で、人気上昇中のお笑い芸人『ANZEN漫才』みやぞん(31)がひどい目に遭ったんです。まず仕 [全文を読む]

草食の進む今だからこそ観直したい!懐かしのヤンキードラマ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月21日13時55分

新人俳優の起用が多く、松本潤さん、小栗旬さん、成宮寛貴さん、石垣佑磨さん、上地雄輔さん、松山ケンイチさん、亀梨和也さん、速水もこみちさん、三浦春馬さん、小池徹平さん、小出恵介さん、水嶋ヒロさん、三浦翔平さん、ユージさん、他にも特撮系ドラマで大活躍している俳優さんなど、数多くのイケメン俳優を輩出しているのも特徴のひとつです。 不良を更生させようと、野球経験も [全文を読む]

『あまちゃん』 今後のストーリーを占う驚くべき情報入手

NEWSポストセブン / 2013年07月22日16時00分

アキの恋の行方については、最終的にユイの兄・ヒロシ(小池徹平)と結ばれるというファンの予想もあるが……。 ※週刊ポスト2013年8月2日号 [全文を読む]

すでに1話延長が決定!? 多部未華子『浪速少年探偵団』に1社提供パナソニックが異例の大盤振る舞い!

日刊サイゾー / 2012年07月15日08時00分

共演者で関西出身の小池徹平クンやスタッフにイントネーションを聞いたり、プライベートでもずっと関西弁を使っていたそうです。また、このドラマには子役が多数出演していますが、子どもたちにもかなり懐かれていましたよ」(同) そんな多部の人柄がスポンサーであるパナソニックにも伝わったのか、このご時世ではかなり珍しいことが起こったそうだ。「実は、第1話を撮影していると [全文を読む]

フォーカス