政治家 内田茂に関するニュース

【巨額利権】築地移転「延期」は、どこまで既定路線だったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年09月02日05時00分

小池知事はこれらの言葉を繰り返すが、政治家の「精査」「総合的に」はたいていの場合「逃げ口上」や「ごまかし」に使われる。 甘利明は口利き金銭授受疑惑について「精査してから、きちんと申し上げる」と述べたが、いまだに精査した結果どうなったかについて、説明責任を果たしていない。 安倍首相は集団的自衛権の行使ができる「存立危機事態」とはどんな事態を指すのかについて「 [全文を読む]

「都議会のドン」に追われた男が、小池都知事と共に仕掛ける復讐劇

まぐまぐニュース! / 2016年08月19日05時00分

小池氏の父と浜渦氏を結んだ意外な政治家の名 一つの手がかりは、小池の父、勇二郎(故人)が昭和40年代、浜渦武生、鴻池祥肇(現参院議員)らとともに「青年作家・石原慎太郎を総理に」という運動に参加したという縁だ。浜渦は昭和45年に関西大を卒業後、石原慎太郎の事務所に出入りし、秘書に採用されている。 石油会社などを経営し関西経済同友会の幹事をつとめたほどの勇二郎 [全文を読む]

今の政局で運気が強いのは…出馬を噂される長谷川豊・元アナはアリ!?

週プレNEWS / 2017年03月16日06時00分

逆に、政治家になったらツメが甘く、悪事を暴かれる立場になってしまいそう(笑)。政治家にならないことを勧めますね。厄年が明けて、来年、再来年なら運気は上がるので、まぁ出馬を考えてもいいとは思いますが……。 もうひとり、大阪維新の会から政界に進出するのではとウワサされている元読売テレビアナウンサーの清水健さん。関西地方ではかなり有名な方のようです。若くして奥さ [全文を読む]

ドン後継は自由でパワフル27歳女子

Japan In-depth / 2017年05月10日18時20分

「官僚」は政策を実行するプロだけど、その政策を作るのは「政治家」だ、と気づき、それなら「政治家」になろう、と決めました。高校1年生の時ですね。 Q ずいぶん早くに将来の進む道を決めたんですね。(笑)その後はどんな活動をしたんですか?A 慶應の法学部法律学科に進学し、大学院で憲法学を専攻しました。学部の時は選挙のボランティアをしたりしていました。それで大学院 [全文を読む]

次の敵は石原慎太郎。「小池劇場」第二シーズンの絶妙なシナリオ

まぐまぐニュース! / 2017年02月10日05時00分

メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんはこの動きに対して「もちろんいいことだ」と評価する一方で、石原氏が豊洲のすべてを任せていたという当時の副知事からこれまで一切ヒアリングしてこなかった小池知事の姿勢を疑問視、その正体について「本当に都民を第一に考える政治家なのかよくわからない」としています。 小池勧善懲悪劇の悪役・石原の狼狽とその腹心の [全文を読む]

小池氏懇談会の人選はアラフォーまで 伊勢谷友介が影響か

NEWSポストセブン / 2017年02月02日07時00分

「小池知事は内田茂氏、森喜朗氏、石原慎太郎氏ら高齢政治家とバトルしている。『若い人と東京の未来を考える』というのは、彼らへの嫌味や当てつけという意味もあるのではないかと、記者たちの間では囁かれています」 しかし気になるのは、なぜ上がアラフォー(40歳前後)までなのか、ということ。メンバーには都内の高校に通っている「高校生内閣」なる市民グループも入っており [全文を読む]

小池7人の侍が決死の告発「都議会自民のウラの顔」

プレジデントオンライン / 2017年01月13日09時15分

今、メディアから逃げ回っているあの態度を見ても、到底政治家とは思えない。政治家ならきちんと自分の言葉で何が起きているかを発信すべきです。 私たちへの処分でもそうですが、締め付けることでしか組織を維持できない人たちを、誰が信頼するというのでしょうか。閉鎖的な世界で、幹部の顔色だけを窺っていれば出世が約束されてきた、彼らにとっての「古き良き時代」は小池知事の誕 [全文を読む]

これが「日本のドン」の闇豪腕だ!<内田茂・前自民都連幹事長>(1)政治資金パーティーには大物政治家が出席

アサ芸プラス / 2016年09月18日17時55分

「故金丸信氏の秘書の秘書、いわゆる使いっ走りが政治家人生のスタートです。75年、千代田区議に初当選すると着々と力を積み上げ、98年に都議会幹事長になった。名をはせたのは05年、石原慎太郎元都知事(83)の腹心・浜渦武生元副知事(69)の答弁偽装騒動です。辞任を求める都議会側に対し、石原氏は譲歩を要求しました。この事態で、石原氏に膝を折らせたのが“都議会のド [全文を読む]

小池百合子と敵対「都議会のドン」内田茂の暴力団人脈

WEB女性自身 / 2016年09月15日06時00分

「内田さんは尊敬する政治家です。『(これからは)仏の高島が頑張ればいい』と言われましたよ!」 9月7日、新しい自民党東京都連幹事長に選出された高島直樹前都議会議長(66)は、内田茂都議(77)をこう持ち上げた。 内田氏の「親分気質」は、政治の世界にとどまらない。ある土木関係者は「内田さんに悪い印象はありません」と絶賛する。 「数年前、都内の道路拡幅工事に内 [全文を読む]

舛添要一氏 豊洲の謎の地下空間は「全く報告を受けてない」

NEWSポストセブン / 2017年06月08日07時00分

気鋭の国際政治学者として華やかに登場し、政治家に転身すると厚労大臣を経て、都知事まで上り詰めた。そしてよもやの転落。1年の謹慎を経て、前都知事は、いま何を思うのか。沈黙を破って『都知事失格』(小学館)を上梓した舛添氏に、石原慎太郎時代から都政を取材してきたジャーナリスト・青木理氏が訊く。 * * * 東京都の異常は都議会にも及んでいたとメディアは盛んに伝え [全文を読む]

小池vsドン内田 都議選代理戦争火ぶた切られる

Japan In-depth / 2017年06月05日09時37分

政治家の自らの進退は自ら決めるものではないか。」と語気を強め、対決姿勢を隠そうとしなかった。中村氏の対抗馬は、都民ファーストの会の公認候補樋口高顕氏(34)と、「憲法をいかす超党派と市民の会・千代田」の擁立を受け立候補する須賀かずお氏(61)との三つ巴の戦いとなる。 [全文を読む]

小池百合子が 「本当に許せない」政治家たち

日刊大衆 / 2017年02月08日10時30分

「小池氏が競技会場の移設を検討した長沼ボート場や横浜アリーナなどの問題で、森氏が横浜市長らに執拗にプレッシャーをかけた結果、小池氏は競技会場の移設を諦めざるを得なくなりました」(政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏) [全文を読む]

森、与謝野、内田…小池都知事の高齢政治家口撃なぜウケる?

NEWSポストセブン / 2017年01月25日16時00分

とにかく“高齢政治家”がターゲットに見える。コラムニストの石原壮一郎氏が解説する。 「森さんや内田さんへの反感は、小池知事が昨年7月に当選して最初に都政ブラックボックス批判をブチ上げた頃より確実に強くなっている。対立構図が固定化して時間が経つほど高齢の重鎮政治家側に“あれだけ批判されたのに、まだ利権にしがみついている”というイメージが強くなる。小池さんはそ [全文を読む]

小池都知事&橋下徹「二人の動き」で日本が揺れる!?

日刊大衆 / 2017年01月17日10時30分

小池都知事は、とにかく“見出しになる”政治家。立ち食いステーキ屋に行っただけで記事になりますから(笑)」(夕刊紙記者) 昨年12月25日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)では、小池氏がたけしを都庁に招き入れて対談。丁々発止のやり取りを披露した。 都知事の報酬カットについて触れた小池氏は、「貢いでくれる? その分……」と、たけしにおねだり。 [全文を読む]

都議会のドン「内田茂」が1200人を前に「小池百合子を討て!」

WEB女性自身 / 2016年09月03日06時00分

心底、政治家として尊敬をしています」と絶賛。 マイクを引き継いだ二階幹事長は、小笠原諸島に空港を建設する計画を進めていることを話し、「内田先生のおかげで解決する見通しができた。内田先生には、我々自民党を挙げて感謝申し上げたい」と持ち上げた。小池氏についてふれる者はいない。終始内田氏を手放しで礼賛する者ばかりだ。 さらに異様さが増したのは都議会議員たちがマイ [全文を読む]

「猪瀬都知事誕生」を妨害する自民党“都議会のドン”の存在

週プレNEWS / 2012年11月29日09時00分

つまり、政治家と業者の癒着と利権の構図に、猪瀬氏は踏み込んでしまったのだ。 「長年かけてきた“おいしい仕事”を、仕上げの段階になって土壇場で新参者の猪瀬さんにひっくり返された。メンツも潰された。それ以来、内田さんは猪瀬さんを目の敵(かたき)にしているというか、完全に恨んでいますね。だから知事にさせたくなかっただろうし、党本部が猪瀬さんへの支援を決定した今に [全文を読む]

小池「新党」は自民・民進に次ぐ「第三極」に化けるのか?

プレジデントオンライン / 2017年03月02日09時15分

「みんなの党」の場合、電力(電事連、電力総連等)、医師会及び農協を「既得権益」とし、それらと結びついた政治家(自民党及び旧民主党)をさまざまな機会を捉えて口撃した。また、「既得権益」や「利権」との結びつきという点では、財務省や経済産業省を筆頭に、霞が関の中央省庁も批判の対象にした。 無論、これらは単なる批判のための批判ではなく、具体的な政策(電力であれば [全文を読む]

小池百合子氏、ケンカのうまさは小泉純一郎氏を超えた

NEWSポストセブン / 2017年02月16日07時00分

森喜朗氏、石原氏、内田氏といったザ・自民党政治家を敵に回し、政治の素人集団を「刺客」に立てることで反対派を駆逐してヘゲモニー(主導権)を握る。 この戦法、言うまでもなく、かつて仕えた小泉純一郎・元首相流だ。政治ジャーナリストの角谷浩一氏はこう話す。 「もはや小池氏のケンカのうまさは小泉氏を超えた。小泉氏は総理・総裁だったが、小池氏は自民党を追われるように [全文を読む]

エド・はるみ、政治家の可能性は…

NewsCafe / 2016年12月05日11時00分

デスク「この前、小池百合子都知事(64)が立ち上げた政治塾『希望の塾』に参加したことで話題になったタレント、エド・はるみ(52)って本当に政治家になるの?」 記者「小池塾には応募が4827人あり、合格した2902人の中に入った…と本人が10月末にブログで書いてましたが、その後ブログの更新もなく、目立った話は聞きませんよ」 デスク「おいおい、どこにアンテナ張 [全文を読む]

小池塾 反対するなら刺客立てるとの都議会への牽制

NEWSポストセブン / 2016年11月04日07時00分

現在の小池人気を支えているのは、既得権益や旧態依然の利権政治家と戦う姿であることは間違いない。だからメディアも寄ってたかって彼女を「悪者を討つヒロイン」に仕立て上げようとしている。 それを誰よりも分かっているからこそ、小池氏は都知事選挙という〈第1ラウンド〉で「自民党」を敵と位置づけて増田寛也元総務相との戦いを勝ち抜き、〈第2ラウンド〉ではオリンピック会 [全文を読む]

フォーカス