週刊文春 内田茂に関するニュース

「週刊文春」の都政を巡る記事をまとめた「都知事・小池百合子vs.都議会のドン・内田茂」を 電子書籍オリジナルで3月10日(金)緊急発売!

@Press / 2017年03月09日12時30分

株式会社文藝春秋・電子書籍編集部では、電子書籍オリジナル作品『文春e-Books 「週刊文春」が報じた 都知事・小池百合子vs.都議会のドン・内田茂』を3月10日(金)より配信します。 これは「週刊文春」2016年8月4日号から9月8日号まで5回にわたって掲載された東京都の知事と都議会の対立を報じた記事をまとめて一冊にした電子書籍オリジナルコンテンツです。 [全文を読む]

【巨額利権】築地移転「延期」は、どこまで既定路線だったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年09月02日05時00分

週刊文春9月1日号によると、環状2号線の仮設道路整備工事を受注している中堅ゼネコン、ナカノフドー建設(千代田区)の大島名誉会長は2012年から3年間、内田が代表者になっている自民党東京都千代田総支部に12万円ずつ献金している。 地下トンネルの仕上げを受注している鹿島道路は、1992年、内田の長女の結婚式に当時の専務や東京支店営業部長が出席するなど、古くか [全文を読む]

猪瀬元都知事が語る「豊洲問題」「五輪」「都議会のドン」

WEB女性自身 / 2016年10月14日06時00分

週刊文春』(8月4日号)の報道によると、現在、建設中止を含めた抜本的な見直しが提言されている3施設のうち、2つの競技会場(有明アリーナ、オリンピックアクアティクスセンター)の工事を落札した共同企業体(JV)の中に、 ドン が監査役を務める電気整備会社が含まれていることが判明したのだ。さらにその後、豊洲新市場の電気工事も受注していることがわかった。 「五輪 [全文を読む]

東京都議会にドン内田茂よりコワモテな”ヤジ大王”の存在|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2016年08月21日19時05分

『東京都議会のドン 内田茂の正体』(週刊ポスト8月12日号) 『都議会ドン内田茂「疑惑の核心」』(週刊文春8月25日号) この1ヵ月で大ブレイク中の内田茂都議。ドンの大ネタに注目が集まっているが、都議会のうさんくささをふりかえるには同じく忘れてはいけない事件がある。今から2年前の「都議会ヤジ事件」だ。 女性都議に「早く結婚しろ」「産めないのか」とヤジが飛ん [全文を読む]

税金の無駄遣いを見逃すな! 築地市場移転問題でまるで“ヒーロー気取り”の小池百合子が抱える本当の闇

tocana / 2016年09月27日08時00分

9月21日発売の週刊文春(文藝春秋)によると、そもそも汚染された豊洲の土地を買ったのは、バブル崩壊で臨海副都心開発事業に失敗して抱えた5千億円以上の赤字を隠そうとした石原慎太郎が、足早に築地市場跡地の売却を試みたことに起因するというのだ。政治に詳しいジャーナリストにも話を聞いた。 「東京五輪開催に向けて築地を移転するという話はあとづけに過ぎず、バブル期に調 [全文を読む]

フォーカス