有明アリーナ 内田茂に関するニュース

「都議会のドン」に追われた男が、小池都知事と共に仕掛ける復讐劇

まぐまぐニュース! / 2016年08月19日05時00分

東光電気工事は、大手ゼネコンとジョイントベンチャーを組み、バレーボール会場の「有明アリーナ」(落札額360億2,880万円)、水泳の「オリンピックアクアティクスセンター」(469億8,000万円)の工事を落札した。 内田がなぜ「都議会のドン」といわれるまでになったのかについて、猪瀬直樹元都知事はこう語る。 自民党の都知事の公認候補は、党本部ではなく、都連が [全文を読む]

都議が役員を務める会社が都の仕事を受注―兼職はどこまで許されるのか

政治山 / 2016年08月25日11時50分

内田茂氏のホームページ(http://uchida-shigeru.com/) 豊洲新市場、東京五輪とも関連JVが受注 東光電気工事を中心とするJV(ジョイントベンチャー)は2013年12月、豊洲新市場の管理施設棟の電気工事を約37億9000万円で落札したほか、東京五輪に関しても、新築される3つの恒久的施設のうち、大手建設会社とのJVで今年1月、バレーボ [全文を読む]

猪瀬元都知事が語る「豊洲問題」「五輪」「都議会のドン」

WEB女性自身 / 2016年10月14日06時00分

『週刊文春』(8月4日号)の報道によると、現在、建設中止を含めた抜本的な見直しが提言されている3施設のうち、2つの競技会場(有明アリーナ、オリンピックアクアティクスセンター)の工事を落札した共同企業体(JV)の中に、 ドン が監査役を務める電気整備会社が含まれていることが判明したのだ。さらにその後、豊洲新市場の電気工事も受注していることがわかった。 「五輪 [全文を読む]

これが「日本のドン」の闇豪腕だ!<内田茂・前自民都連幹事長>(2)森喜朗氏とは頻繁に会う仲

アサ芸プラス / 2016年09月19日05時55分

内田氏が監査役を務める「東光電気工事」は有明アリーナなど東京五輪関係の複数施設の「不正受注疑惑」が取りざたされている。「警戒を強める内田氏は記者の問いかけには『はい』や『いいえ』といった短い言葉で答えるだけになりました。ムダ口でボロを出し、地位を失うことが怖いのでしょう。代わりに5人の側近が内田氏の手足として暗躍しています。中でも高島直樹都議(66)、川井 [全文を読む]

小池都知事VS森・内田連合、熾烈極まる「激突」

日刊大衆 / 2016年12月28日12時00分

有明アリーナの新設を図る森会長に対して、“404億円もかけるのはもったいない”と、既存の横浜アリーナを活用しようとしたんです」(都庁担当記者) 12月21日に大会組織委員会、政府、都、国際オリンピック委員会(IOC)の4者によるテレビ会議が行われたが、小池知事がボート・カヌー会場と水泳会場に引き続き、3敗目を喫した。「横浜アリーナの活用には林文子横浜市長の [全文を読む]

小池百合子 意外に早い「賞味期限切れ」で壮絶手のひら返しが始まった!(1)各方面から懐疑的な目が…

アサ芸プラス / 2016年12月12日05時55分

バレーボール会場について小池氏が、「有明アリーナと横浜アリーナに関してはクリスマスまでに結論を出したい」 と先送りを訴えると、森氏はあきれた口調で切り返す。「あのねぇ小池さん、今日の時点で結論を出せないということだよね。クリスマスまで何をやるの?」 と畳みかけ、さらに、「僕の知りうる話では、横浜のほうが迷惑している、と聞いている」 などと、追及の手を緩める [全文を読む]

フォーカス