演説 今井絵理子に関するニュース

バノン解任! オルタナ右翼とトランプの今後を暗示する発言を読み解く

文春オンライン / 2017年08月26日07時00分

ドナルド・トランプ 米大統領 「政府を閉鎖しなければならなくても、壁を建設する」 ロイター 8月23日 バノン氏退任後の8月22日、トランプ大統領はメキシコと国境を接するアリゾナ州フェニックスでの支持者集会で演説を行った。大統領就任以来、初めての米西部訪問となる。注目されていたのは、バージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義者と反対派の衝突事件に対 [全文を読む]

参院選候補のSPEED・今井絵理子は“ファン票ゼロ”!? 「落選してほしい」「議員より歌を」の声多数

日刊サイゾー / 2016年07月07日11時00分

選挙戦当初の都内演説は70人程度の聴衆しか集まらず、歌手としての人気が過去のものであることを露呈してしまった。かつてのファンはどこへ行ってしまったのかとも思うが、実はファンの間では「できれば落選してほしい」という意外な反応が見られるのだ。 先日、大宮での演説を「見に行った」という30代女性は、SPEED時代からの熱狂的ファン。 「握手できたのは感激だったけ [全文を読む]

7.10参院選「スネに傷」ないいオンナ候補!(2)三原じゅん子は前回の公約による問題で…

アサ芸プラス / 2016年07月05日05時55分

演説に来られた三原さんを直撃して何度も伝えているんですが、その場で『わかりました』と言っても、そのあとにちゃんとした話し合いの場を持ってくれたことはないんです。事務所に問い合わせても、『忙しくて返事ができない』『いつならできるのかもわからない』と言われて‥‥。困難から逃げてばかりの態度はすごく不誠実、政治家としてまったく信頼を置けません」 ちなみに三原議員 [全文を読む]

演説にも人まばら…今井絵理子がまさかの苦戦で“スピード当選”が危うい!?

週プレNEWS / 2016年07月02日06時00分

演説が始まり、きれいな通る声で「デビューライブの時を思い出します」「ここに立っているのは、ファンの皆さんのおかげです」などと語り始めると、現場はライブ会場にも似た雰囲気に!? 聞いていた人たちも 「話し方が上手でした」(30代・女性)、「すごくかわいかったです」(30代・女性)、「報道陣が多いですね」(20代・女性) と、立候補者の演説を聞くというよりか [全文を読む]

不倫の今井絵理子議員、陰で「暑いのに、なんで自分が応援演説に」…別宅住まいの目的

Business Journal / 2017年07月30日06時00分

知名度で当選した議員は、党大会の司会をやったり、選挙の時に応援演説したりするのですが、今井議員って話がヘタなんです。それでいて、先の都議選では『この暑い時に、なんで自分が狩り出されなきゃならないんだ』などと、けっこう陰で文句言ってたんですよ。それが自民党幹部の耳にも入って、怒られたりしていました」 今井議員は沖縄出身だが、昨年7月の参院選で当選確実が報じら [全文を読む]

結末やいかに…「“乱闘”都知事選」ドブ板特報!(3)知名度が上がらない増田寛也

アサ芸プラス / 2016年07月31日09時55分

演説では『野党は有名人を選んで選挙に臨んでいる』と、都知事選が人気投票になることを必死で批判している。とはいえ、顔と名前の認知度は低いため、選挙カーの上で『私が、増田寛也、本人です』と叫ぶ姿は都知事候補とは思えない涙ぐましさです」(政治部記者) 15日、池袋での街頭演説では、元SPEEDの今井絵理子参議院議員を引き連れていたにもかかわらず、耳を傾け足を止 [全文を読む]

ネトウヨが保守論壇をダメにした #1――古谷経衡×辻田真佐憲

文春オンライン / 2017年10月21日07時00分

かつては、「あの政党、あの候補を応援したい」と思えば、演説を聴きに行ったり、選挙を手伝ったりと手間がかかった。それが、ツイッターやフェイスブックのボタンを一つ押すだけで、支持していることを表現できるようになったのです。反対に面倒な議論は避けられ、揚げ足取りがよりやりやすくなった。 古谷 大多数のネットユーザーは「ネタ」としての政治には興味があるけれど、本気 [全文を読む]

ファンは「辞めてほしい」も、議員辞職はあり得ない? 今井絵理子の図太い“恋愛体質”

日刊サイゾー / 2017年07月31日09時00分

毎日新聞が行った候補者アンケートでも、憲法改正や消費税の引き上げなど24の質問すべて無回答というありさまで、出身である沖縄の問題についても「これから考えます」と無知ぶりをさらしていたが、それでも演説に駆けつけたファンたちからは「絶対に入れるね!」と約束される場面が目立った。 1996年にデビューした女性4人組のアイドルグループSPEEDは、デビュー当時にメ [全文を読む]

今井絵理子 長男の育児協力も…“献身”半同棲恋人と極秘破局

WEB女性自身 / 2017年07月04日00時00分

でも、演説では明るい笑顔を見せていましたが、選挙直前の5月に恋人と別れてしまったようなんです」(今井の知人) 昨夏の参院選で自民党から出馬し、初当選した今井絵理子参院議員(33)。そんな今井の熱愛が発覚したのは、16年2月。参院選の目玉候補として注目されていた今井が、沖縄の中学校時代に同級生だったという男性・Aさんと都内で半同棲中と報じられたのだ。今井は0 [全文を読む]

心配の声も多い鳥越俊太郎 一発合格のジンクスなるか

NEWSポストセブン / 2016年07月23日07時00分

「参院選で当選した今井絵理子(32才)や朝日健太郎(40才)が応援演説に入りました。増田さんだけだと、“え、誰?”“この人、知らない”となってしまうのですが、今井さんらと歩くと若者がどんどん寄ってくる」(自民党関係者) 積極的に写真撮影に応じ、撮影が終わると必ず“フェイスブックに載せてね”と声をかける。「今井さんや朝日さんとの写真ならSNSで拡散してもらい [全文を読む]

【ウラ芸能】高樹沙耶、政界ねらう真意は…

NewsCafe / 2016年05月10日15時00分

デスク「GWも終わって、マスコミ界は夏の参院選に注目する時期になってきたね」記者「かつては女優、高樹沙耶として知られ、今は本名の益戸育江(52)として地味にナチュラリストとして活動する彼女を新党改革が比例区から出馬させることになりました」デスク「現職でそれなりに実績もある自民党の三原じゅん子(51)は、比例から神奈川選挙区に鞍替えし、トップ当選の勢いだって [全文を読む]

欅坂46最年少・平手友梨奈の出現で、改めて見直されるSPEEDの価値 今井絵理子には“カラスボーイ”志願者が続出?

おたぽる / 2016年04月27日19時00分

しかし、それでもめげない熱狂的な今井ファンは『どんな時でも味方だよ』『一緒に日本を変えよう!』と意気込み、ウグイス嬢の男性バージョンである“カラスボーイ”として、選挙カーでの演説回りに参加したいと志願する人が続出しているようです」(同) 選挙といえば平手も、AKB48兼任となればいずれは、シングル選抜総選挙への出馬が余儀なくされる事態となるかもしれないが、 [全文を読む]

フォーカス