15代 徳川慶喜に関するニュース

地域密着で大手に勝つサザコーヒーの秘密

プレジデントオンライン / 2017年05月12日09時15分

当時の文献を調べると、江戸幕府15代将軍・慶喜(水戸藩9代藩主・徳川斉昭の七男)がフランス人の料理人を雇い、1867年に大坂(現大阪)の晩餐会で欧米の公使をもてなし、コーヒーを出した献立も残っていた。「当時は世界のコーヒー流通の6割をオランダが占めていた」という歴史にちなみ、江戸末期に飲まれたコーヒーを現代風に再現したのだ。 当時オランダ領だったインドネシ [全文を読む]

「事を成さんとするには戦国武士の覚悟を要す」(渋沢栄一)【漱石と明治人のことば126】

サライ.jp / 2017年05月06日06時00分

知人を介して一橋家に出仕していたところ、主の一橋慶喜が徳川15代将軍となったため、これに付き従って幕臣となったのだ。 その後、慶喜の弟・昭武の随員としてパリの万国博覧会に派遣され、引き続く昭武の欧州留学にも同行。帰国したのは、幕府瓦解直後の明治元年(1868)11月だった。 実業界入りした渋沢は、洋行体験を生かし、第一国立銀行、王子製紙、東京瓦斯など500 [全文を読む]

MMDやVRも活用! 来館者が触れるコンテンツも楽しい国立歴史民俗博物館『デジタルで楽しむ歴史資料』

ガジェット通信 / 2017年03月16日20時05分

室町時代の連歌師・宗祇、室町幕府第13代将軍・足利義輝、江戸幕府初代将軍・徳川家康、同じく15代将軍・徳川慶喜の肖像画を呼び出し、持ち物の説明が表示されるようになっています。 『正倉院文書』をデジタルで復元する意味 歴博の重要文化財でもとりわけ貴重な奈良時代の『正倉院文書』。奈良時代の戸籍が含まれる貴重な資料ですが、裏紙にも書き込まれている個所があり、天保 [全文を読む]

大河舞台・浜松市が「直虎」を使えない 商標めぐる事情

NEWSポストセブン / 2017年01月24日11時00分

その後、15代将軍・徳川慶喜に幕府の行く末について意見を述べたが、受け入れられず江戸城中で腹を切った。須坂では「将軍を叱った男」として知られる。 こちらも今年が没後150年ということもあり、関連イベントで須坂は大いに盛り上がっている。その一環として醸造業者と堀直虎没後150年祭実行委員会が連携して商標を取得したという。 この状況に困った浜松市と同市の商工会 [全文を読む]

実はスタバやコメダをしのぐ人気の個人経営のコーヒー店が存在した!そのこだわりがハンパない

Business Journal / 2016年12月21日06時00分

江戸幕府15代将軍・慶喜(水戸藩9代藩主・徳川斉昭の七男)がフランス人の料理人を雇い、1867年に大坂(現大阪)で欧米の公使をもてなした歴史にちなみ、江戸末期のコーヒーを再現した。 インドネシア産の最高級マンデリンを用い、慶喜の曽孫にあたる徳川慶朝氏がサザコーヒーで焙煎技術を学び、製造したものだ。店舗では「徳川将軍カフェオレ」の名前で提供して人気商品に育て [全文を読む]

日本唯一の「現代に生きるサムライ」! 阿部一刀斎師範インタビュー「瞑想では、10分ほどで完全な無音に」

tocana / 2016年10月25日07時30分

江戸時代末期、第15代将軍徳川慶喜から明治天皇へ政権が返上され、武家が世を治める時代は終わりを告げた。さらに明治9年、武士の魂である刀を旧士族が帯刀することを禁じる廃刀令の発令をきって、事実上侍は消滅したとされる。しかし今年2016年、山形市はふるさと納税の返礼品として、山形市内に道場を構える「阿部派一刀流」の抜刀道体験を採用した。その開祖、阿部一刀斎師範 [全文を読む]

靖国神社150周年 西郷隆盛や幕府軍の合祀計画が急浮上

NEWSポストセブン / 2016年10月04日07時00分

15代将軍・徳川慶喜を曾祖父にもつ徳川宮司は、徳川家康を祀った芝東照宮に奉職した後、靖国神社の宮司となった。「賊軍の長の末裔」が「官軍を祀る神社のトップ」に就任したのである。 2013年1月の就任時、「幕末の動乱期、曾祖父の慶喜は身を挺して朝廷と御所を守った」と発言して注目された徳川宮司は、今年6月に共同通信のインタビューで、自らの「明治維新史観」を一歩 [全文を読む]

靖国神社の徳川宮司「明治維新という過ち」発言の波紋

NEWSポストセブン / 2016年06月20日11時00分

徳川宮司は徳川家の末裔であり、“賊軍”の長であった15代将軍・徳川慶喜を曾祖父に持つ。徳川家康を祀った芝東照宮に奉職した後、靖国神社の宮司になった。「賊軍の末裔」が「官軍を祀る神社のトップ」に立ったわけである。◆「大村益次郎像を撤去せよ」「明治維新史観」の見直しは最近のムーブメントだった。昨年1月に発売された原田伊織氏の『明治維新という過ち 日本を滅ぼした [全文を読む]

ビックリ! 趣味の時間を満喫する将軍がいたってホント?

マイナビ進学U17 / 2016年05月27日12時01分

徳川家15代将軍だった徳川慶喜は、明治になるとヨーロッパの最先端ファッションを着こなし、自転車や写真、釣りや油絵など、さまざまな趣味に没頭していました。しかも、それを隠すことなく、むしろ堂々と人前でやっていたのです。当時、多くの旧幕臣たちが貧困にあえいでいた中での、慶喜のこの振る舞いは、多くの幕臣たちの批判を浴びることになりました。しかし、慶喜にはこうせざ [全文を読む]

日本人の肉食は紀元前から 進歩的な人ほど好んだという説も

NEWSポストセブン / 2014年08月17日16時00分

安政年間に大阪で牛鍋を食した福沢諭吉のほか、「豚一様」と呼ばれるほど豚肉好きだったという15代将軍徳川慶喜など、進歩的な人間ほど肉を好んだという。こうした歴史の物語に思いを馳せながら、「夏バテ防止に牛」としゃれ込むのもいい。 [全文を読む]

「やはり政治家には不向き?」デート写真で、ある疑惑が浮上した小泉孝太郎

日刊サイゾー / 2012年09月09日08時00分

所属事務所を含め、孝太郎のバックは強力でスキャンダル対策は万全だが、そのうちかばいきれなくなるのでは」(週刊誌記者) 孝太郎は来年のNHKの大河ドラマ『八重の桜』に15代将軍・徳川慶喜役での出演も決まっているだけに、女遊びも含め、もろもろ自粛したほうがよさそうだ。※画像は『孝太郎Wキッチン傑作選~爆笑!孝太郎・雄輔料理初挑戦~』(ポニーキャニオン)【関連記 [全文を読む]

フォーカス