江戸幕府 徳川慶喜に関するニュース

谷中、根津、千駄木、上野のお散歩にピッタリ! 普段使いの行楽地・下町エリアの街歩きガイド

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月27日11時00分

本書ではその代表として、江戸幕府最後の将軍である徳川慶喜公の墓所を取り上げている。将軍家の墓所だけにそこは広く区画が取られていて、脇に目印となる「徳川慶喜公墓所」と書かれた石柱も立っている。だが、墓所を仕切るフェンスに掲げられた三つ葉葵こそが、もっともそれを指し示すのではないだろうか。葵の御紋は、今でもその威光を失っていないと思う。また園内には俳優の森繫久 [全文を読む]

日本はなぜいち早く近代国家の仲間入りができたのか?「神話」の秘密は江戸時代にあった!―中国メディア

Record China / 2016年09月17日13時40分

江戸幕府を開いて、1867年に徳川慶喜が大政を奉還するまでの260年余り江戸時代が続いた。記事は、「家康は抜群の見識の高さと学問への崇拝心を持っていた」とし、家康に大きな影響を与えた京都の儒学者・藤原惺窩が林羅山など傑出した学者を輩出、その林羅山が江戸幕府の文教事業において重要な役割を担ったと指摘した。 江戸時代には、幕府の指導の下、全国で藩士の子弟を教育 [全文を読む]

将軍・徳川慶喜を生で見た105歳のおばあちゃんの出現にネット上が騒然!

AOLニュース / 2015年07月16日12時00分

その中で、100年以上前に没した江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜(1837-1913)を生で見たことがあるという、なんとも驚くべき体験をしたことのある老人が現れ、話題となっている。 この日、同番組では『徳川慶喜を生で見たことがある人はまだギリこの世にいる説』を、ビビる大木が紹介。100歳を超える老人たちにインタビュー取材を行い、関東大震災で被災したという話や、 [全文を読む]

地域密着で大手に勝つサザコーヒーの秘密

プレジデントオンライン / 2017年05月12日09時15分

当時の文献を調べると、江戸幕府15代将軍・慶喜(水戸藩9代藩主・徳川斉昭の七男)がフランス人の料理人を雇い、1867年に大坂(現大阪)の晩餐会で欧米の公使をもてなし、コーヒーを出した献立も残っていた。「当時は世界のコーヒー流通の6割をオランダが占めていた」という歴史にちなみ、江戸末期に飲まれたコーヒーを現代風に再現したのだ。 当時オランダ領だったインドネシ [全文を読む]

「事を成さんとするには戦国武士の覚悟を要す」(渋沢栄一)【漱石と明治人のことば126】

サライ.jp / 2017年05月06日06時00分

【今日のことば】 「およそ人、この世に処し、事を成さんとするには、須(すべから)く戦国武士の覚悟あるを要す」 --渋沢栄一 渋沢栄一は江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の家臣だった。もともとは藍商や荒物商も兼ねる裕福な農家の生まれ。知人を介して一橋家に出仕していたところ、主の一橋慶喜が徳川15代将軍となったため、これに付き従って幕臣となったのだ。 その後、慶喜 [全文を読む]

MMDやVRも活用! 来館者が触れるコンテンツも楽しい国立歴史民俗博物館『デジタルで楽しむ歴史資料』

ガジェット通信 / 2017年03月16日20時05分

室町時代の連歌師・宗祇、室町幕府第13代将軍・足利義輝、江戸幕府初代将軍・徳川家康、同じく15代将軍・徳川慶喜の肖像画を呼び出し、持ち物の説明が表示されるようになっています。 『正倉院文書』をデジタルで復元する意味 歴博の重要文化財でもとりわけ貴重な奈良時代の『正倉院文書』。奈良時代の戸籍が含まれる貴重な資料ですが、裏紙にも書き込まれている個所があり、天保 [全文を読む]

徳川家末裔宮司による靖國神社「賊軍合祀論」発言で議論百出

NEWSポストセブン / 2017年02月22日07時00分

徳川宮司は、江戸幕府将軍・徳川慶喜のひ孫。徳川家の末裔が“薩長神社”とも呼びうる神社の宮司を務めているのは不思議に思えるが、戦後の靖國神社では旧皇族・華族出身者が宮司を務める例がしばしばあり、その流れで「大きな異論もなく徳川さんが就任した」(神社関係者)という。 しかし明治維新から約150年、現役の靖國神社宮司が「戊辰戦争に“賊軍”はいない」と言わんばか [全文を読む]

130年間受け継がれてきた松戸神社の絵画を松戸市・戸定歴史館で公開!

PR TIMES / 2017年01月21日11時51分

江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の弟である徳川昭武が建てた、国内で唯一、一般公開されている徳川の住まいである戸定邸(とじょうてい・国指定重要文化財)とあわせて、松戸に息づく歴史と文化をぜひ体感してみてください。当初の画風を損なうことなく残した保存修復に関する講座やトーク、体験型のワークショップなども開催します。松戸神社の神楽殿の格天井36面と杉戸4面には、動植 [全文を読む]

実はスタバやコメダをしのぐ人気の個人経営のコーヒー店が存在した!そのこだわりがハンパない

Business Journal / 2016年12月21日06時00分

江戸幕府15代将軍・慶喜(水戸藩9代藩主・徳川斉昭の七男)がフランス人の料理人を雇い、1867年に大坂(現大阪)で欧米の公使をもてなした歴史にちなみ、江戸末期のコーヒーを再現した。 インドネシア産の最高級マンデリンを用い、慶喜の曽孫にあたる徳川慶朝氏がサザコーヒーで焙煎技術を学び、製造したものだ。店舗では「徳川将軍カフェオレ」の名前で提供して人気商品に育て [全文を読む]

高橋英樹も感激!「ぶっちゃけ寺」で話題の上野巡り

Smartザテレビジョン / 2016年07月11日05時00分

さらに、現在の寛永寺の境内では、寛永寺の中心「根本中堂」の内部、徳川慶喜が江戸幕府の終焉を見届けた部屋「葵の間」、歴代将軍の霊廟を特別公開。将軍の墓に隠された秘密も明らかになる。 もちろん、2人は江戸時代には寛永寺の境内だった上野恩賜公園内に点在するお堂巡りも敢行。“知られざる江戸文化の知識”にも、たっぷり触れていく。 一方、爆笑問題・太田光と星野真里は [全文を読む]

擬似恋愛でもキレイになれる!おすすめ恋愛スマホゲーム3選

LBR - Life & Beauty Report / 2016年05月13日21時00分

■「イケメン幕末◆運命の恋」新選組や江戸幕府最後の将軍徳川慶喜、明治維新のキーパーソン大久保利通や坂本龍馬など、実在した人物が登場するこちら。史実に基づいたストーリー仕立てなので、リアル感満載!物語は主人公が会社帰りに立ち寄った居酒屋「池田屋」で、幕末にタイムスリップしてしまうところから始まります。総勢13名の登場人物と織りなす幕末ストーリーは、誰を恋の相 [全文を読む]

フォーカス