離婚 古舘伊知郎に関するニュース

古舘伊知郎 「報ステ」降板の真相は妻が突きつけた離婚届

NEWSポストセブン / 2016年01月14日07時00分

それで、とうとうAさんの堪忍袋の緒が切れたんです」(古舘夫婦の知人) そこでAさんが持ち出したのは「離婚」の2文字だった。その時ばかりは、怒濤のしゃべりで知られる古舘も絶句。しかもAさんは、自分がサイン、捺印した「離婚届」まで突きつけたという。 「さすがの古舘さんも折れ、今年3月末で『報ステ』のキャスターを辞めることを約束しました。それでもAさんは“本当は [全文を読む]

これも『報ステ』古舘伊知郎切りの効果!? 米倉涼子“大幅ギャラアップ”で『ドクターX』25%超えへ

日刊サイゾー / 2016年08月03日13時00分

「現在も離婚問題が長引いてはいますが、まったく問題ありませんね。それを補って余りある数字でしたからね。この結果を受けて、テレ朝の上層部は『10月クールは、最低でも平均で25%は欲しい』と、現場にハッパをかけているようですよ」(テレビ局関係者) 第1期の平均視聴率が19.1%、第2期の平均視聴率が23.0%と、放送を追うごとに数字が上がっているだけに、25 [全文を読む]

古舘伊知郎“離婚報道”直撃に堅実夫人がキッパリ否定

WEB女性自身 / 2016年01月29日06時00分

一部では、A子夫人(56)が古館に「報ステを辞めなければ別れる」と離婚届を突きつけていたとも報じられた。1月下旬、自宅から外出するA子さんを直撃した。――女性自身です。A子さんが古舘さんに離婚届を突きつけたという記事に驚いて、事情を伺いに来ました。 「あれには、私たちもびっくりしているんですよ(笑)。離婚届なんて嘘です。離婚なんて、考えたこともありませんか [全文を読む]

古舘伊知郎、上げ潮の先の落とし穴

NewsCafe / 2016年06月29日13時01分

「今回のバラエティー2本の成功もあり、古館の元にはキー局の幹部も日参して仕事依頼が続いていますが、実は心配なことがあります」 …なんだろう? 「元日本航空の客室乗務員だった古舘の妻・A子さん(56)との関係ですよ」 多忙を極めた夫との間に離婚のうわさが報じられたこともあった。 「毎日のレギュラーがあるから…という理由で、長く古舘は自宅を出て、東京・六本木 [全文を読む]

2015年、芸能界総ざらい!言っちゃいけない話ばっかり大放談スペシャル!!【前編】

日刊サイゾー / 2015年12月30日22時00分

【対談メンバー】城下尊之 芸能リポーター片岡亮 フリージャーナリストハイセーヤスダ フリーライター/編集者片岡 今年も芸能界、いろいろありましたねぇ……と振り返ろうと思ったら、吉田栄作と平子理沙とか、道端ジェシカが離婚で、元モー娘。の安倍なつみが年下俳優の山崎育三郎と結婚を……古舘伊知郎の降板発表とか、ホント、ニュースが途切れないですね。城下 なっちなんて [全文を読む]

古舘伊知郎に共感する父に娘 「年齢同じでも年収違いすぎ」

NEWSポストセブン / 2012年07月19日16時00分

※女性セブン2012年8月2日号 【関連ニュース】鶴瓶似夫 エセ関西弁を必死に使い大阪出身妻からブーイングゴルフの勝負よりお風呂での股間勝負にこだわる夫に妻呆れる42才人妻 あまりに潔癖症だった夫に耐えられず離婚した過去佐藤浩市似夫 キャンディーズをあまりに好きすぎて妻が困るロン毛自営業男 同級生会社員を「あいつら型にはまって…」 [全文を読む]

渡辺謙「女性スキャンダル」文春砲でテレビ業界に大余震!(2)第3子を妊娠中の娘・杏は…

アサ芸プラス / 2017年04月17日05時57分

そのため、両親の離婚後は父と距離を置いていたんです。それでも、東出昌大(29)との結婚式には渡辺謙・南果歩夫妻がそろって出席するなど関係修復の兆しが見えたのですが‥‥。この一件でまた両者の溝が深まるのでは‥‥」(前出・芸能記者) その東出も、義父の不貞に気が気でない様子だという。4月18日スタートのドラマ「あなたのことはそれほど」(TBS系)の撮影現場では [全文を読む]

No.1“炎上アナ”・宮根誠司 度重なる失言、共演者イビリの裏にある「力」とは……

日刊サイゾー / 2015年11月06日20時30分

で“不倫・離婚スキャンダル”の渦中にあった矢口真里の出演告知の際、「世間さまにご迷惑をかけたんじゃなくて、相手様(中村昌也)に迷惑かけただけですから!逆にありがたかった」と語り、ネット上では「宮根ってクソ」「不倫は悪いから」「矢口擁護が気持ち悪い」と散々に叩かれた。今年7月、番組内でピース・又吉直樹の『火花』(文藝春秋)の印税に関する話題を紹介した際は、又 [全文を読む]

番組30周年で振り返る「アッコにおまかせ!」消えた共演者の「なぜ?」

アサ芸プラス / 2015年10月07日09時58分

また生島は番組中、和田の2度の離婚のことを持ち出して返答したことが逆鱗に触れて降板。田中は同番組とニッポン放送の『ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』で相棒を務めましたが、1993年に両番組ともに降板しています」 30年の歴史で峰が22年も続いたのはなぜか?「和田がトンチンカンなことを言っても暴言を吐いても、決して逆らわず意見もしないからで [全文を読む]

高橋真麻、小林麻耶、馬場典子……フリー転身後の勝ち組は女子アナは?

日刊サイゾー / 2014年11月15日19時00分

3位 魚住りえ(元日本テレビ) 出演回数:46回 主な出演番組:『ソロモン流』(テレビ東京系)、『皇室が愛した風景』(BS-i) 04年に後輩の森圭介アナと結婚、同年に日テレを退社したものの、翌年には離婚。12年に4歳年下の会社員と再婚。現在はナレーションの仕事が多い。 4位 杉崎美香(セント・フォース) 出演回数:44回 主な出演番組:『世界ナゼそこに [全文を読む]

フォーカス