村川絵梨 花芯に関するニュース

初写真集で水着も裸も…写真を撮られることが苦手な村川絵梨、渾身の一冊

Woman Insight / 2016年07月30日21時23分

女優としてキャリアを積んできた村川絵梨さんが、自身初の写真集を発売。タイトルは、『Miles Away』、テーマは、台湾・台東を舞台にした“ひとり旅”。「渾身の一冊」と語る写真集には、いままで見せることのなかった等身大の彼女を知ることができる内容になっています。 その写真集をもって、7月30日(土)、村川絵梨さんが、福家書店・新宿サブナード店にて写真集発売 [全文を読む]

村川絵梨『花芯』インタビュー

NeoL / 2016年07月30日10時00分

親が決めた許嫁・雨宮(林遣都)と結婚し、子をもうけながらも夫の上司である越智(安藤政信)に恋をする主人公・園子(村川絵梨)の生き様を描いた本作は、時代背景から遠い物語のように感じられるかもしれないが、女性の恋愛や性、それにまつわる感情を鋭利に描き、今を生きる女性にも深い共感を呼ぶに違いない秀作となっている。子宮の命じるままに生きる、からだじゅうのホックが外 [全文を読む]

男性に知られてはいけない“女の秘密”とは…。自身の結婚観も語る【村川絵梨インタビュー】

Woman Insight / 2016年08月08日20時30分

「園子というひとりの女性を演じきったことは、ひとつ大きな恋を経験したような感覚でした」 そう語るのは、映画『花芯』で主人公・園子を演じた、女優の村川絵梨さん。 原作となっている恋愛文学『花芯』は、1957年、新進作家として賞を受賞するも「子宮作家」と批判を浴び、長く文壇的沈黙を余儀なくされた、瀬戸内寂聴さんによるもの(当時は瀬戸内晴美として執筆)。 『花芯 [全文を読む]

村川絵梨が命がけで挑んだ役に、キャスト&原作者・瀬戸内寂聴も絶賛

Woman Insight / 2016年08月07日23時13分

主人公“園子”を演じるのは、2002年にダンス&ボーカルユニットで歌手デビューし、その後、朝ドラのヒロインなどで注目を集めた女優の村川絵梨さん。肉体の悦びに目覚め、世間の常識に背を向けながらも、子宮の命ずるまま生きることを選んだ女性を体当たりで演じています。 8月6日(土)、初日を迎え、村川絵梨さんをはじめ、林遣都さん、安藤政信さん、藤本泉さん、落合モト [全文を読む]

瀬戸内寂聴原作 映画『花芯』 村川絵梨・妖艶な女性を演じて新境地を切り開く

NeoL / 2016年05月22日12時51分

主人公・園子を演じるのは村川絵梨。肉体の悦びに目覚め、 世間の常識に背を向けながらも子宮の命ずるまま生きることを選んだ女性を体当たりで演じる。 予告編では、「きみという女は、からだじゅうのホックが外れている感じだ―」という衝撃的な台詞から始まり、主人公・園子が安定した家庭を離れ、愛人・越智との底の見えない愛の関係にどっぶり浸かる様子が垣間見る事が出来る。 [全文を読む]

濡れ場チャレンジの村川絵梨、瀬戸内寂聴からの手紙に涙「やってよかった」

Movie Walker / 2016年08月06日17時18分

瀬戸内寂聴による同名小説を映画化した『花芯』の初日舞台挨拶が8月6日にテアトル新宿で開催され、村川絵梨、林遣都、安藤政信、藤本泉、落合モトキ、毬谷友子、安藤尋監督が登壇。初めての濡れ場とヌードに挑戦した村川が、原作者の瀬戸内からの手紙に瞳を潤ませた。 瀬戸内寂聴がまだ新進作家の頃に発表し、“子宮”という言葉が多く出てくる事から、“子宮作家”と批判を浴びた問 [全文を読む]

満島ひかり、村川絵梨、沢尻エリカ…あの人気女優もスタートはアイドルグループだった!?

日本タレント名鑑 / 2016年08月30日12時05分

村川絵梨は朝ドラ時まで4人組グループのメンバーとして活躍 NHK連続テレビ小説『風のハルカ』(2006年)のヒロイン役でブレイクした村川絵梨さん。あれから10年、映画『花芯』では大胆な演技を披露し、大人の女優への変貌を見せた彼女は10代の頃、「BOY STYLE」という4人組グループで活動していました。村川さんはメンバーの中でも特にダンスの実力で定評があ [全文を読む]

NHK朝ドラヒロイン・村川絵梨が瀬戸内寂聴の問題作実写化で体当たり演技!

アサ芸プラス / 2016年04月10日17時57分

主演は05年放送のNHK朝ドラ「風のハルカ」でヒロインを演じた、女優・村川絵梨(28)。08年のヒットドラマ「ROOKIES」では、紅一点のマネージャー役で好評を博した。 監督は市川由衣(30)のヌード濡れ場で話題を呼んだ映画「海を感じる時」(14年)を手がけた安藤尋氏。女性器を思わせる「花芯」だが、意味するところは中国語の“子宮”ということで、強烈なエロ [全文を読む]

瀬戸内寂聴が小保方晴子氏に熱烈エール!「必ずあなたはよみがえります」

Business Journal / 2016年04月15日07時00分

波瀾万丈の人生を体現する寂庵氏の作家人生の支柱となった作品『花芯』は安藤尋監督により映画化が決定しており、女優の村川絵梨主演で8月6日から全国で公開される。 (文=上田眞実/ジャーナリスト) [全文を読む]

2016年「神ってる艶美女」大賞!<映画・ドラマ部門>(1)矢吹春奈が綾野剛とのベッドシーンで…

アサ芸プラス / 2016年12月27日09時57分

続いてライターの松井修氏が推すのは、瀬戸内寂聴氏が「子宮作家」と称された問題作の映画化「花芯」(クロックワークス)で初ヌードを披露した村川絵梨(29)である。「今年最大の収穫です。村川は夫の上司と不倫する人妻役ですが、その内に秘めた本能のままの情欲が、村川の淫靡な表情と哀感漂う細い肢体で、みごとに表現されていた。村川は朝ドラのヒロインまでやったことがあり [全文を読む]

「せいせいするほど、愛してる」話題の妖艶女優が登場

Smartザテレビジョン / 2016年08月23日06時02分

TBS系・火曜ドラマ「せいせいするほど、愛してる」では、村川絵梨と好井まさおの出演が決定。 村川は、'05年に放送された連続テレビ小説「風のハルカ」(NHK総合ほか)で2005名の応募者の中から主人公・水野ハルカに抜てきされ好演。以降、ドラマや映画、舞台など幅広く活躍し、現在公開中の映画「花芯」では主演を務め、妖艶かつ大胆な演技が話題を呼んでいる。 一方、 [全文を読む]

北川景子、“柔らかくない”上司役が好まれる理由 若手脚本家が『家売るオンナ』の演技から考察

リアルサウンド / 2016年08月14日06時10分

参考:村川絵梨「ラブシーンは女優をやる上でいつか辿る道」 映画『花芯』インタビュー ドラマ『家売るオンナ』(日本テレビ)で、北川景子さん演じる三軒家万智は軸がブレません。家を売る事こそが正義、という価値基準のもとに行動します。持っているこだわりが分かりやすいですよね。 親や教師に対して不信感を覚えたきっかけとして、「怒っている理由に矛盾を感じたから」と答 [全文を読む]

あの朝ドラ女優が主演映画で渾身の初脱ぎ!28歳の遅咲きブレイクなるか

アサ芸プラス / 2016年08月04日09時58分

2005年のNHK朝ドラ「風のハルカ」に主演した女優の村川絵梨が7月30日、初写真集「Miles Away」発売記念握手会を行った。「村川の趣味は旅行で、以前から行きたがっていた台湾・台東地区を一人旅するコンセプトで制作。6月の熱い太陽のもと、大自然の中で思いっきりリラックスする姿を切り取っている。元々写真写りの悪さを気に病んで一生写真集とは無縁を決め込ん [全文を読む]

あの朝ドラヒロインが体当たりで濡れ場に挑戦!

Movie Walker / 2016年07月26日19時06分

容赦のない濡れ場が満載の本作で、主人公の園子を演じ、体当たりの演技を披露しているのが村川絵梨だ。 村川は、連続テレビ小説「風のハルカ」でヒロインに抜擢され、女優デビュー。あらから約10年、ドラマや映画と幅広く活躍を続けてきた彼女が本作で演じているのは、親が決めた許嫁の雨宮(林遣都)と結婚した園子だ。雨宮の上司・越智(安藤政信)と出会ったことで、彼女は初めて [全文を読む]

フォーカス