潜水艦 海上自衛隊に関するニュース

自衛隊vs.帝国陸海軍 「普通の軍隊」になるのか――徹底解剖 日本の大組織

文春オンライン / 2017年08月24日07時00分

しかし日本の場合は、戦略物資の取り合いだけでなく、相互不信が生じて陸軍が空母や潜水艦を建造した例に見られるように、戦争遂行にも問題が生じたことを考えると相当に深刻であった。 その要因の1つに、陸海軍双方が別個に兵学校で教育を行い(陸軍は幼年学校から)、相互の理解がないまま軍務についていたことが考えられた。そこで戦後の保安大学校・防衛大学校では陸海空の別なく [全文を読む]

北朝鮮の新型潜水艦は、いずれ海上自衛隊が沈めることになる

デイリーNKジャパン / 2017年07月24日12時22分

北朝鮮海軍の潜水艦が日本海で1週間にわたって活動していると、NHKが23日に米国政府当局者の話として報じた。 それによると、「潜水艦はディーゼル型のロメオ級で、アメリカの監視記録では、この型の潜水艦の場合、通常、4日程度で活動を終えるが、今回はこれを超えておよそ1週間に及び、これまでで最も長い」という。また、「アメリカ軍はこれまでにない特異な行動だとしてそ [全文を読む]

採用事例が拡がるリチウムイオン電池。海上自衛隊のそうりゅう型潜水艦にも採用

clicccar / 2017年02月26日16時33分

GSユアサグループのジーエス・ユアサ テクノロジー(本社:京都府福知山市 GYT)は、「海上自衛隊向け潜水艦搭載リチウムイオン電池」を、2017年3月より滋賀県草津市の専用工場で量産を開始する予定であることを発表しました。 搭載されるのは、海上自衛隊の「そうりゅう」型潜水艦。従来は鉛蓄電池が使用されていましたが、新造される「そうりゅう」型潜水艦からリチウ [全文を読む]

日独仏三つどもえの豪次期潜水艦受注合戦、「影の主役」は中国

Record China / 2016年03月17日04時00分

2016年3月15日、オーストラリアの次期潜水艦建造計画の共同開発先をめぐり、日本とドイツ、フランスが三つどもえの受注合戦を展開している。日本が選ばれれば、14年に安倍政権が定めた「防衛装備移転三原則」に基づく本格的な武器輸出の第1弾となる。日本政府が力を入れているのは、そのためだが、この受注合戦には「影の主役」がいる。中国だ。 次期潜水艦建造計画は、メン [全文を読む]

日本の“海軍力”はアジア最強 海外メディアが評価する海自の実力とは

NewSphere / 2017年06月01日11時30分

ビジネス・スタンダード紙は、「そうりゅう」型8隻と「おやしお」型11隻を擁し、2021年までに23隻に拡大する予定の潜水艦戦力も、中国に脅威を与えるとしている。 また、南シナ海を経てシンガポール入りし、その後さらに南シナ海で「デューイ」との共同訓練を行った「いずも」の動きを、ニール氏は尖閣諸島など日本周辺海域での「中国の執拗な動き」への対抗策だと断言する。 [全文を読む]

日中海戦 米誌の日本勝利の根拠に海自隊員の能力の高さあり

NEWSポストセブン / 2012年09月05日07時00分

海上自衛隊が保有するのは艦船48隻とディーゼル潜水艦16隻。対する中国海軍は主要艦艇73隻、ミサイル艇84隻、潜水艦63隻。数では中国が日本を上回っている。 にもかかわらず、日本が有利とする理由として、次の2つを挙げている。 第一は、<戦力の質>だ。閉鎖的な共産主義の下では〈失敗を隠蔽する傾向がある〉ため、旧ソ連軍がそうであったように、中国海軍も〈重大な欠 [全文を読む]

「日本の海上自衛隊はアジア最強だ」ロシアの軍事専門家の見立ては本当か?=中国メディア

サーチナ / 2017年08月09日22時12分

また、第2次世界大戦終戦後に敗戦国として軍備開発が制限されるなかで、海上自衛隊は静かに排水量2万トン前後のヘリ空母や世界最先端の「こんごう」型護衛艦、「あたご」型護衛艦、潜水艦、ミサイル艇、揚陸艦、掃海艦艇など各種の艦艇100隻あまりに加え、各種固定翼機、ヘリコプターなど160機あまりを有し、総兵力は約5万人という軍備を整えていったと伝えている。 さらに [全文を読む]

中ロが共同で日本海に巨大港建設、米軍が守ってくれない自衛隊は戦力を2倍にできるのか?

週プレNEWS / 2014年10月29日06時00分

「ロシアは近い将来、対米海軍の圧力として各種潜水艦戦力を復活させるとみられていますが、その配備先は日本海ではなく、カムチャツカ半島になるはず。日本海の港に関しては、軍事的理由より経済的理由のほうが大きいと思われます。ポシェット湾に巨大な不凍港を手にすれば、シベリアから出る石油、天然ガスなどの輸出が非常に便利になりますからね」 一方、中国のほうはもう少し話 [全文を読む]

【書評】「やられたら倍返し」たった1000億で北から日本を守る術

まぐまぐニュース! / 2017年05月15日18時00分

中国や北朝鮮からの攻撃パターンとして軍艦、潜水艦や航空機による接近襲撃は自衛隊による監視・撃退能力が高く、相手も相当なリスクを覚悟しなければならない。それに対して長射程ミサイル攻撃は最小のリスクで、我が国にダメージを与えられる。 現在、我が国のミサイル攻撃への防御は迎撃ミサイルで撃ち落とすシステムが中心になっているが、撃ち落とし漏れで被害が出る。しかも、 [全文を読む]

中国軍 空軍力で露を抜き世界2位に、海軍力も先進国水準に

NEWSポストセブン / 2014年02月12日07時01分

米軍の専門家は「中国空軍は安定した成長を遂げ、大きな力を備えている」と指摘しているほか、海軍も潜水艦を中心に欧米先進国並みの水準に達していると評価する。 世界最大の空軍力を有するのは米国で、戦闘機や攻撃機、爆撃機などを合わせると計2740機と中国よりも約1300機多く、世界中の作戦機数全体の19%を占めておりダントツでトップ。 4位以下はインド、北朝鮮、エ [全文を読む]

海上自衛隊 今後10年以内にイージス艦をさらに2隻建造方針

NEWSポストセブン / 2014年01月24日16時00分

保有する“戦力”は護衛艦、潜水艦、機雷艦艇など約140隻、航空機約170機である。その任務は近年、ますます多様化しているという。 「海自の基本任務は海を経由した脅威に対処し、資源の乏しい日本にとっての“命綱”であるシーレーンの安全を確保すること。昨今は中国の軍備増強や北朝鮮の弾道ミサイルや不審船による不法行為があり、海自の任務が非常に多様になっています」( [全文を読む]

海上自衛隊に伝わる伝統の宴会芸「人間シャワートイレ」とは

NEWSポストセブン / 2016年12月09日16時00分

自衛隊関係者を取材するため、SNSで自衛官と思しきプロフィールの人を検索していたら、横須賀の潜水艦乗員と名乗る男性が、宴会場で撮影された“衝撃写真”を掲載していたのを見つけた。 寝そべる1人の男性。その顔の上には、下半身を露出した別の男性がしゃがみこんでいる。しかも、寝ている男性は、しゃがむ男性の肛門に向かって、水を吹きかけている。 「人間シャワートイレ」 [全文を読む]

【画像】同時開催された横須賀サマーフェスタ&フレンドシップデーに始発で行ってきた!(後)

ガジェット通信 / 2016年08月19日15時00分

話を伺ってみた範囲だと、アメリカ海軍内のCTF(コマンドタスクフォース)の部隊やロジスティクス、潜水艦艦隊の情報部隊など、実に多種多様な部隊がそれぞれTシャツを作り、オリジナルのフードメニューを販売。言ってしまえば、巨大な大学の学園祭の様な雰囲気である。 エナジードリンク『モンスター』は大量入荷していたようで、どこでも購入する事ができた。 意外と広い範囲を [全文を読む]

海上自衛隊の潜水艦がフィリピン・スービック湾に寄港へ、中国の動きをけん制=米国ネット「うまいことやったね、日本!」「中国はいつ目を覚ます?」

Record China / 2016年03月17日23時30分

2016年3月16日、AFP通信は海上自衛隊の潜水艦が南シナ海に面するフィリピン・スービック湾に寄港すると報じた。海自の潜水艦がフィリピンを訪問するのは15年ぶり。 海上幕僚監部は15日、海自の練習潜水艦「おやしお」がスービック湾に寄港することを明らかにした。「おやしお」は2隻の護衛艦と共に来月下旬にスービック湾に寄港する。若手幹部が乗り込む練習航海の一環 [全文を読む]

日本はこうして北朝鮮を「先制攻撃」することになる

デイリーNKジャパン / 2017年08月10日17時43分

その中で起こり得る事態として筆者が前々から懸念しているのが、北朝鮮の弾道ミサイル潜水艦が韓国や米国領に向かおうとするとき、海上自衛隊はどうするのか、というものだ。 今回の小野寺氏の認識が正しいものだとするならば、同じ理屈で、「海上自衛隊は北朝鮮の潜水艦を撃沈すべき」ということになりかねない。そしてそれは、日本が核武装国に先制攻撃を加えることを意味する。 [全文を読む]

北朝鮮のミサイルの脅威から日本は自国を守れるか?

NEWSポストセブン / 2017年08月08日07時00分

それに液体燃料に比べて保管も利き、小さいため、潜水艦からも発射できます。潜水艦なら海に潜ってしまえば、上空からの追跡を逃れやすい。わざわざ大陸間を横断できるミサイルを作らなくても、近くの海上から攻撃をしかけることが可能となります」 世界のミサイル保有国では、現在、固体燃料が主流のため、北朝鮮もその技術を持っている可能性が高い。それもあって、軍事兵器の専門家 [全文を読む]

護衛艦・あさひは中国版イージス艦に勝てるか?=「日本の艦艇は軽視できない」「中国にはこんなにも大きくて先進的な対潜駆逐艦はない」―中国ネット

Record China / 2017年02月14日06時30分

この中で、あさひは基準排水量が約5100トンで、FCS−3艦載武器システムや新型のソナーを装備し、中国の039型潜水艦など、新世代の潜水艦に対応する護衛艦だと紹介した。 また、あさひはハイブリッド推進機関を採用しており、燃費が飛躍的に向上。低速で電動機の使用ではノイズが大幅に軽減されたと伝えた。さらにQYQ−11戦闘指揮システムを装備していることは、海上自 [全文を読む]

東京初登場!海上自衛隊レトルトカレー12種類がTAUに集結「呉海自カレーフェア」開催

PR TIMES / 2016年06月06日13時40分

■場所:広島ブランドショップTAU1階(東京都中央区銀座1-6-10銀座上一ビルディング) ■内容:呉基地に所属する艦艇のうち、12隻のレシピを忠実に再現したレトルト商品の販売 ■商品ラインナップ:1.~11.600円(税抜)、12.700円(税抜) [画像1: http://prtimes.jp/i/13653/100/resize/d13653-10 [全文を読む]

10月24日(土)、WOLFWORK aviation videoより発売のDVD「平成二十七年度 自衛隊観艦式」を、書泉にて先行販売!!

DreamNews / 2015年10月22日12時30分

レーベル:WOLFWORK aviation video ※自費出版レーベル撮影編集:布留川 司メディア:DVD-R 収録内容: <総収録時間50分>■オープニング(収録時間約2分)■出港(収録時間約4分)■観閲-艦艇部隊-(収録時間約12分)・護衛艦あたご/しまかぜ/おおなみ/きりさめ/さみだれ/いかづち/いずも・潜水艦ずいりゅう/こくりゅう/うずしお・ [全文を読む]

鉄オタよりも厳しい軍事オタクの掟とルール…自衛官と遭遇したら「ご苦労様です」と挨拶

デイリーニュースオンライン / 2015年07月05日11時50分

ここは“最強の兵器”潜水艦を目前100メートルという間近でみられる。軍事マニアはもちろんのこと、中国、韓国の情報筋の間でもよく知られたスポットだ。 地元住民の話では、いつも誰かしらカメラや双眼鏡を手にして修理中の潜水艦をウォッチしている人がいるという。 アンタが何者かわからないから答えない 6月23日、海上自衛隊最新鋭の「そうりゅう型」潜水艦1隻がここに横 [全文を読む]

フォーカス