演技 毒島ゆり子に関するニュース

主演ドラマ『毒島ゆり子』好評の前田敦子に暗雲?「大成しない」の声

しらべぇ / 2016年04月30日17時30分

演技も好評の様子だ。ところで、川栄李奈さんはあれ、かなり素質あるって言うか、演技の才能あるね。なにより真摯に向き合ってる。他の卒業生も色んな人居るし表面上の知名度ではアレかもだけど、映画やドラマ好きはちゃんと「いい演技」する俳優さんは見逃さないから、これからも精進して行ってほしい。— 洞窟の偶像 (@creamzone621) April 27, 2016 [全文を読む]

『毒島ゆり子』『不機嫌な果実』『コントレール』……春ドラマ、大胆な“不倫ラブシーン”を考察

リアルサウンド / 2016年05月07日06時00分

女優魂を感じられる演技の数々には、彼女たちの新境地を垣間見ることも多く、今後の映画・ドラマ界を考えるうえでも注目に値するポイントであることは間違いない。そこで、『毒島ゆり子のせきらら日記』、『僕のヤバイ妻』、『不機嫌な果実』、『コントレール~罪と恋~』の四作品を、特にラブシーンに集中してじっくりと鑑賞してみた。参考:石田ゆり子、刹那の“キスシーン”に心奪わ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】前田敦子 『毒島ゆり子』振り返り「最高でございました!!!」

TechinsightJapan / 2016年06月23日11時40分

“深夜の昼ドラ”と銘打ったドロドロの不倫劇や前田の体を張った演技で話題となったが、22日深夜ついに最終回が放送された。前田のInstagramには視聴者から多くの感想が届いたが、彼女自身も「最高でございました!!!」と撮影を振り返っている。 前田敦子は23日、自身のInstagramを更新。TBS系深夜ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』で“不倫相手”として [全文を読む]

トホホ……前田敦子主演『毒島ゆり子のせきらら日記』濡れ場&セクシーシーン満載も、爆死スタートの悲劇

日刊サイゾー / 2016年04月24日09時00分

『毒島ゆり子』は前田にとって、まさに“脱アイドル”の覚悟を示した体当たり演技となりそうだが、これで視聴率が伴わなければ“低視聴率女優”のレッテルは張られたままになりそうだ。 (文=森田英雄) [全文を読む]

朝ドラで脚光!清原果耶が“深夜の昼ドラ”に

Smartザテレビジョン / 2016年04月22日05時00分

私も14歳でデビューしたのですが、あんなにしっかりと演技できていなかったと思います」とコメントし、その演技力に太鼓判。 番組ポスターに「深夜の昼ドラ」と銘打たれている本作。清原の出演回はまだ発表されていないが、今後はゆり子と絵美が舌戦を繰り広げるシーンの撮影も予定されている。 ■清原果耶コメント 今回演じる絵美は、正義感の強い女の子というイメージです。お父 [全文を読む]

毎度話題はラブシーンのみ…前田敦子は「本格女優」の定義を勘違いしてる?

アサ芸プラス / 2016年04月13日17時59分

超・恋愛体質な主人公を演じる前田が、共演者の新井浩文や渡辺大知らと“体当たりの演技”に挑むという。「前田も今回ばかりは『ファンの皆さんを悲しませるかもしれない』と語っているほどの体当たり演技を見せるようで、前田ファンはすでに覚悟を決めた模様です」(アイドル誌ライター) 前田といえば、AKB48卒業後は女優業へとシフト。昨年は映画「イニシエーション・ラブ」で [全文を読む]

「付き合っちゃうんじゃないか!?」錯覚させるほど生々しい、前田敦子と新井浩文のラブシーン『毒島ゆり子のせきらら日記』

messy / 2016年05月10日20時00分

敏腕政治記者・小津を演じる俳優の新井浩文(37)と、ヒロイン前田敦子との相性があまりに抜群すぎて、演技だけでなくリアルでも、もしかして……と思わされるほどなのだ。 [全文を読む]

【ウラ芸能】前田敦子、「祭」は無理…

NewsCafe / 2016年05月01日18時09分

深夜枠ならではの色っぽいシーンに体当たりしてますが、視聴率は初回2・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と散々でした」デスク「『深夜の昼ドラ』というキャッチコピーらしく、生唾ごっくんモードだから見てるけど、演技的にはどうなのって感じ」記者「残念な結果ですが、相変わらず本人的には『売れてる女優』モードが冷笑されています」デスク「一部メディアのインタビューで、 [全文を読む]

「あさが来た」で注目の清原果耶、民放連ドラ初出演! 前田敦子と激しい舌戦も

Entame Plex / 2016年04月22日19時44分

私も14歳でデビューしたのですが、あんなにしっかりと演技できていなかったと思います」とコメントし、太鼓判を押した。 清原は「今回演じる絵美は、正義感の強い女の子というイメージです。お父さんのことが大好きな女の子の役なので、そのお父さんの前に現れるゆり子を圧倒できるような演技がしたいです。民放の連続ドラマが初めてなので、私のことを知らなかった方にも観て頂ける [全文を読む]

前田敦子、SNSでも色っぽさ発揮! 無防備な脇チラセクシーショットに反響続々

メンズサイゾー / 2016年05月31日22時00分

演技よりも見た目を重視することもあると思いますが、前田さんにはそういった意識が薄いようです。だからこそ濡れ場にも積極的に挑めているし、妊婦や避難民といったアイドル時代とはイメージの異なる役にもためらいがないのでしょう。こうした姿勢は、アイドルから女優にしっかり気持ちが切り替えられている証と言えそうです」(前同) いまだに「AKB48のあっちゃん」というイメ [全文を読む]

前田敦子が芦田愛菜より格上に?主演ドラマが「OUR HOUSE」を蹴散らす好調ぶり

アサ芸プラス / 2016年05月16日09時59分

演技は下手」という声はまだ多いものの、本人がこのドラマを楽しんでいるのは確かなようだ。その姿は、視聴率が低迷するドラマ「OUR HOUSE」(フジテレビ系)で主演を務める芦田愛菜と対照的だと、前出のテレビ誌ライターは指摘する。「芦田に関してはダブル主演のシャーロット・ケイト・フォックスと現場で一言も口を利かないとか、所属事務所がフジテレビにプレッシャーを [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】前田敦子 新井浩文の“パイセンあるある”に「ごめんなさい」

TechinsightJapan / 2016年03月21日14時50分

新井浩文と言えば、先日開催された『第39回 日本アカデミー賞授賞式』にて映画『百円の恋』で優秀助演男優賞に選ばれるなど、雰囲気のある演技で注目の俳優だ。彼が3月19日、『新井浩文(araihirofumi)ツイッター』で「うちと恋愛関係の絡みがあった女優さんで、吹き出さなかったのは誰もいない」と「#パイセンあるある」を明かした。 そこには戸田恵梨香(NH [全文を読む]

前田敦子、二股に不倫とドロドロの“深夜版昼ドラ”で超恋愛体質な役に挑戦!

Entame Plex / 2016年03月03日13時35分

そのほか、ゆり子の取材先である政治家や秘書役には、山崎銀之丞や橋爪淳など、演技派俳優陣が脇を固める。 本作がTBSドラマ初主演となる前田は、「初めて台本を読んだ時、“ドラマでここまで描いちゃっていいのかな?”と思った反面、“ここまでやっていいんだ。おもしろいな!”と感じました。ゆり子は自分とはまったく違うキャラクターですし、開き直って“せきらら”なゆり子の [全文を読む]

フォーカス