新井浩文 毒島ゆり子に関するニュース

前田敦子、ラブホMVの衝撃! 女優として生き残る道は“エロ売り”だけの現況

サイゾーウーマン / 2016年06月13日12時45分

同ドラマで前田は、あけぼの新聞政治部記者・毒島ゆり子役を演じ、そのライバル紙・共和新聞政治部のエース記者・小津翔太(新井浩文)とドロドロの不倫関係となっている。8日放送の第8話では、弁護士を交えた話し合いになり、小津の娘が現れるなど、修羅場となった。 2012年8月にAKB48を卒業した前田は、女優に転身したが、出演するドラマの視聴率はパッとせず、いつし [全文を読む]

「付き合っちゃうんじゃないか!?」錯覚させるほど生々しい、前田敦子と新井浩文のラブシーン『毒島ゆり子のせきらら日記』

messy / 2016年05月10日20時00分

敏腕政治記者・小津を演じる俳優の新井浩文(37)と、ヒロイン前田敦子との相性があまりに抜群すぎて、演技だけでなくリアルでも、もしかして……と思わされるほどなのだ。 [全文を読む]

新井浩文の“クズ男”芝居が話題「小津、クズすぎ!」

Smartザテレビジョン / 2016年06月09日12時00分

6月8日に第8話がオンエアされると、新井浩文演じる政治記者・小津翔太の“クズ男”ぶりが話題になり、SNSでは「小津」がトレンド入りした。 同ドラマは、超恋愛体質の新聞記者・毒島ゆり子(前田敦子)が恋や仕事に奮闘する姿を描いた作品。常に恋人がいないと耐えられないゆり子は、「二股はかけても不倫はしない」をモットーに複数の男性と交際していた。 ある日、政治部に異 [全文を読む]

前田敦子 勇気と覚悟見せる『毒島ゆり子』で脱皮か

NEWSポストセブン / 2016年05月14日16時00分

そしてゆり子は、スクープ連発の先輩政治記者・小津翔太(新井浩文)に惹かれていく。だが、実は小津は既婚者だった……。「毒島」は「どくじま」ではなく「ぶすじま」と読ませる。性格ブス、「毒ある人格」ということも含んだ凝った主役名だ。古来よりトリカブトからとれる毒は「附子」(ぶす)と呼ばれてきた。その毒は口に含むと神経系の機能が麻痺して無表情になるがゆえ、「附子 [全文を読む]

『毒島ゆり子』前田敦子演じるヒロインのクズっぷりが話題に 「イライラするけど観てしまう」

AOLニュース / 2016年05月05日12時00分

第2話までの放送で、「二股マスト」の肉食系女子・ゆり子は、恋人・美登里(渡辺大知)のほかにも、ライバル紙のエース記者・小津(新井浩文)と不倫関係に陥ってしまったり、そればかりか、ジムのインストラクターである男性とゆきずりの関係を持つなど、二股どころか三股状態に突入していた。そんな矢先、小津と逢っているところに鉢合わせた美登里から突然の別れを告げられたゆり [全文を読む]

主演ドラマ『毒島ゆり子』好評の前田敦子に暗雲?「大成しない」の声

しらべぇ / 2016年04月30日17時30分

新井浩文、八木将棋康らと熱い濡れ場を演じた。#毒島ゆり子のせきらら日記 で #前田敦子 ちゃん キスしまくり pic.twitter.com/xKVJ3S3SnE— インターネット副業案内所 (@sucok2000) April 18, 2016グループ卒業後、女優としての活躍がめざましい彼女。アイドル俳優の域を超え、もはや立派な女優と言えるかもしれない。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】SKE48松井珠理奈 あっちゃん主演の『毒島ゆり子』に「眠れなくなりそう」

TechinsightJapan / 2016年04月28日18時10分

本作でゆり子が惹かれるライバル紙の記者・小津翔太(新井浩文)がクロワッサンを食べるシーンが第2話のポイントとなる。 すでにドラマ撮影はオールアップしており、花束を贈られて号泣した前田敦子。ストーリーの展開とともにさらなる熱演が期待できるものの、松井珠理奈をはじめAKB48グループの後輩たちが見ているのであまり過激になると心配だ。 出典:https://tw [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】前田敦子 新井浩文の“パイセンあるある”に「ごめんなさい」

TechinsightJapan / 2016年03月21日14時50分

前田敦子が主演ドラマで共演する俳優・新井浩文のツイートに対して、素直に「ごめんなさい」と詫びている。新井はこれまで共演した女優にまつわる「#パイセンあるある」についてつぶやいたものだが、前田がそれを認めた形だ。 4月20日にスタートするTBS系のテッペン!水ドラ!!『毒島ゆり子のせきらら日記』で、主人公の超恋愛体質な政治記者・毒島ゆり子役を務める前田敦子。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】前田敦子 『毒島ゆり子』振り返り「最高でございました!!!」

TechinsightJapan / 2016年06月23日11時40分

TBS系深夜ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』で“不倫相手”として共演した新井浩文とのツーショットを披露した。 投稿の直前に最終回を迎えていた同作。放送開始当初からその過激な内容と前田の体を張った熱演で話題となったが、最終話では前田演じる“不倫に溺れる女”毒島ゆり子がどのような決断をするのか注目を集めていた。 放送後、視聴者もその結末に納得したようでフォロ [全文を読む]

「毒島ゆり子」最終回好評!前田敦子のつぶやきに大反響

Smartザテレビジョン / 2016年06月23日11時04分

ある日、ライバル新聞社の記者・小津翔太(新井浩文)と出会ったゆり子は、「不倫はしない」と決めていたのにもかかわらず、既婚者の小津と恋におちてしまう。 6月22日、最終回のオンエア目前に、Twitterでは前田自身がコメントを発表。「とうとうこの日が来てしまいました。『毒島ゆり子のせきらら日記』最終回今夜24時10分~ ゆり子としての人生がものすごかった。 [全文を読む]

前田敦子が「魔性の女」を怪演 元アンチも思わず「ゴクリ」

しらべぇ / 2016年05月15日07時00分

仕事のライバルにあたる小津(新井浩文)と交際することになった。昨日毒島ゆり子のせきらら日記をいっき見した( ^p^ )よい...あっちゃんのクズエロっぷりがよい...あんなに乱れた性生活が自分とは全く正反対なので見てて面白い— ぷーやん。 (@chiishuukee) May 8, 2016昨日毒島ゆり子を見て、あっちゃんは魔性の女みたいな役が似合うんだな [全文を読む]

「毒島ゆり子」魅惑的な濡れ場の演出が好評

Smartザテレビジョン / 2016年04月28日16時08分

それでも、ゆり子は小津(新井浩文)のことが頭から離れない。そんな中、政治家と記者の会食に初めて参加したゆり子は、会食後、小津に喫茶店に誘われる。「不倫はしない」というポリシーを持つゆり子だが、その夜、小津と一夜を共にしてしまう。 同回では、前田が八木、新井の2人とのラブシーンを熱演。 スポーツジムを訪れたゆり子は野村から告白され、2人はキスをした後スタッ [全文を読む]

「あさが来た」で注目の清原果耶、民放連ドラ初出演! 前田敦子と激しい舌戦も

Entame Plex / 2016年04月22日19時44分

そんな清原が今回演じるのは、新井浩文演じる小津翔太の娘・小津絵美。先日クランクインし、ひょんな事から前田演じる主人公・毒島ゆり子と出会うシーンが撮影された。前田は、清原について「さわやかでかわいかったです。私も14歳でデビューしたのですが、あんなにしっかりと演技できていなかったと思います」とコメントし、太鼓判を押した。 清原は「今回演じる絵美は、正義感の [全文を読む]

朝ドラで脚光!清原果耶が“深夜の昼ドラ”に

Smartザテレビジョン / 2016年04月22日05時00分

そんな清原が今回演じるのは、新井浩文演じる小津の娘・絵美。先日クランクインし、ひょんなことから前田敦子演じる主人公・毒島ゆり子と出会うシーンが撮影された。 前田は清原について「爽やかでかわいかったです。私も14歳でデビューしたのですが、あんなにしっかりと演技できていなかったと思います」とコメントし、その演技力に太鼓判。 番組ポスターに「深夜の昼ドラ」と銘 [全文を読む]

「毒島ゆり子」前田敦子&新井浩文がセクシーと話題沸騰

Smartザテレビジョン / 2016年04月21日12時05分

初回視聴率は2.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)にとどまったが、恋愛体質の女性を演じる前田敦子と相手役の新井浩文のセクシーさが注目を集めている。 同作は、複数の男と付きあうことをいとわない超恋愛体質の女性・毒島ゆり子(前田)が、仕事や恋に奮闘する姿を描いたもの。 第1話では、念願の政治部に異動になった新聞記者・ゆり子が、ライバル社の記者・小津翔太(新井 [全文を読む]

前田敦子の濃密すぎるキスシーンの連発に視聴者大興奮!新ドラ『毒島ゆり子のせきらら日記』が想像以上にエロすぎる

AOLニュース / 2016年04月21日12時00分

そこで彼女はライバル紙のエース記者である小津翔太(新井浩文)と出会い、彼に惹かれていく...と、"深夜の昼ドラ"と謳うだけあって、その内容は男と女の情念が激しく蠢くドラマとなりそうな予感をさせる初回放送であった。さらに、前田演じるゆり子が、恋人・美登里と激しいキスをする場面もあり、そのあまりに濃密すぎるセクシーなキスシーンは、男性視聴者をテレビの前の釘付け [全文を読む]

前田敦子、新ドラマの過激な濡れ場に高まる期待...一方で「映画祭構想」にバッシング

メンズサイゾー / 2016年04月18日18時30分

地上波でも過激な濡れ場を含んだ予告が放送されており、前田が新井浩文(37)や渡辺大知(25)、八木将康(28)といった面々とディープキスしたり裸で抱き合ったり...さらには勝負下着であるTバックのパンティを手にしているシーンもあった。 これを目にしたネット上の視聴者からは「あっちゃんがここまで...」「とりあえず録画予約した!」「ファンにとっては複雑」「エ [全文を読む]

毎度話題はラブシーンのみ…前田敦子は「本格女優」の定義を勘違いしてる?

アサ芸プラス / 2016年04月13日17時59分

超・恋愛体質な主人公を演じる前田が、共演者の新井浩文や渡辺大知らと“体当たりの演技”に挑むという。「前田も今回ばかりは『ファンの皆さんを悲しませるかもしれない』と語っているほどの体当たり演技を見せるようで、前田ファンはすでに覚悟を決めた模様です」(アイドル誌ライター) 前田といえば、AKB48卒業後は女優業へとシフト。昨年は映画「イニシエーション・ラブ」で [全文を読む]

前田敦子、二股に不倫とドロドロの“深夜版昼ドラ”で超恋愛体質な役に挑戦!

Entame Plex / 2016年03月03日13時35分

キャストには、昨年大ヒットしたTBS日曜劇場『下町ロケット』をはじめ、数々のドラマ・映画であらゆる役を巧みに演じる俳優・新井浩文が、ゆり子と恋に落ちるエリート政治記者・小津翔太を演じる。さらに、ゆり子の長年の恋人・幅美登里役には、ロックバンド:黒猫チェルシーのボーカリスト渡辺大知を抜擢。そして、ゆり子が担当する大物政治家・黒田田助役に片岡鶴太郎。そのほか [全文を読む]

フォーカス