原因 徳永英明に関するニュース

芳根京子、博多大吉も「難病」に襲われていた!?

日刊大衆 / 2017年05月02日18時05分

元グラビアアイドルでタレントの山田まりや(37)は、14年前に腹痛、下痢発熱、体重減少などの症状が見られる原因不明の難病、“クローン病”にかかっている。当時、舞台の仕事中に貧血を起こしたような状態で何回か倒れていた山田。千秋楽の前日に激しい下痢、嘔吐(おうと)、発熱に襲われて病院に駆け込むと、盲腸と診断されて、後日、手術を受けた。しかし体調は改善しなかっ [全文を読む]

徳永英明も受けた「もやもや病」はどのような手術か?

tocana / 2016年03月08日08時00分

はっきりした原因はわかっていないが、発症には遺伝的要因や環境的要因が考えられている。 ■「もやもや病」の手術ってどんなの? ここからが本題だ。「もやもや病」は、病気を引き起こす要因がわからない故に根本的な治療法が存在しない。つまり、細くなっていく脳の血管を止めることができないのだ。そのため、代わりに頭の皮膚にある動脈と脳の表面にある動脈を直接つなぐバイパス [全文を読む]

難病・もやもや病で緊急手術の徳永英明 4月に活動再開予定

NEWSポストセブン / 2016年03月07日07時00分

「もやもや病とは厚労省が指定する原因不明の特定疾患(難病)のひとつで根本的な治療方法はありません。 脳に酸素と栄養を送る太い動脈(内頸動脈)が詰まり、不足した血液を補うために細い血管が発達する。この微細な血管をレントゲンで撮影するともやもやっとしたタバコの煙のように写るので、もやもや病と名付けられた。 歌を歌ったり、ラーメンをフーフーしながら食べたりする [全文を読む]

長渕剛や徳永英明を謎選出…NHK紅白を私物化した男

デイリーニュースオンライン / 2014年11月30日07時30分

というのも、紅白を制作しているのはNHKのエンターテインメント番組の部署ですが、ここのトップのMという人物が原因のようです。元々、人気音楽番組『SONGS』に深く関わっている彼ですが、とにかく自己チューな発想の持ち主で、周囲を度々困らせていることがある。今回の場合は『自分の好きな歌手を出したい』という私的な理由だけで、今年はヒット曲がなく話題にも出なかった [全文を読む]

雨の日だって悪くない!恋のチャンスに巡りあう可能性も

しらべぇ / 2016年08月27日19時00分

その理由は、「天気が悪いから、気分も落ち込むのだ」と、気分を害する原因を理解したためだそう。「今日は天気が悪いから調子がでないんだ」と開き直ってしまえば、逆に明るく過ごせるかもしれない。▽元の記事はこちら【ぜんぶ雨のせいだ!!】悪天候による「不幸せな気分」を和らげる方法 (2)雨の日だからこそ心を打つ音楽雨音を聞くと、感傷的な気分になってしまう人もいるだ [全文を読む]

【紅白歌合戦】出場者の80%がB社とジャニーズ枠…民意が反映されないウラ事情

デイリーニュースオンライン / 2015年12月06日12時30分

その視聴率がイマイチなのは、民意が反映されないそんな現状が原因なのかもしれない!? (取材・文/横島忠彦) [全文を読む]

堺雅人、ブラピも…有名人が抱える「耳慣れない病気」

WEB女性自身 / 2015年04月24日10時00分

脳のウイルス感染が原因とも。 「それ、どんな病気?」と聞きたくなる、よく知らない病気も、有名人の告白で一気に知名度が上がることも。選出の渡邊先生は次のように語る。 「影響力のある有名人の方々が症状を語ることで話題となり、世間にあまり知られていない病気の認知度が高まるのです。それが病気への理解を促進し、治療法の改善も進めていくのです」 [全文を読む]

星野源、KCO、桜井和寿――ミュージシャンを襲う脳疾患の恐怖

日刊サイゾー / 2013年01月02日09時00分

「1980年くらいまでは、ミュージシャンの突然死といえば大方がドラッグによる中毒死だっため、それを脳疾患が原因だと発表していました。80年代以降のトップミュージシャンで中毒に陥るまでドラッグをやる人はほとんどいなくなりましたから、ドラッグによる死は考えにくい。また、医学的には、習慣的に歌うことと脳疾患の間には因果関係はないそうです。強いて言えば、近年大規 [全文を読む]

フォーカス