徳永英明 中島みゆきに関するニュース

【和田アキ子と大友康平が持ち歌を交換】ジワジワ売れ続けている男女逆転カヴァーコンピの続編が登場

リッスンジャパン / 2012年10月12日01時00分

本来、無名のアーティストが1コーラスずつ歌った音源を50~60曲繋げたカヴァー・コンピがヒットの主流となる中で、徳永英明や山本潤子など確かな実力を持つアーティストが歌う曲を丁寧に収録したことで、大人のリスナーに確かな信頼感を得たのがヒットの要因と考えらている。そのシリーズの続編となる今回は、男女逆転カバー路線を継承しつつ、徳永英明「雪の華」や、JUJU「ク [全文を読む]

徳永英明、山口百恵の「さよならの向う側」をカヴァー、ミュージックビデオも公開

Entame Plex / 2014年09月01日12時39分

シリーズ累計600万枚以上のセールスを記録している徳永英明のVOCALISTシリーズ。その最新作となる「VOCALIST 6」の発売が決定した。さらには、そこから山口百恵の「さよならの向う側」のカヴァーが先行シングルとして、9月24日にリリースされることとなった。 女性アーティストの名曲をカヴァーする徳永英明のVOCALISTシリーズは、これまで数多くの作 [全文を読む]

【紅白】徳永英明が10回目の紅白でドキドキの演出?

Smartザテレビジョン / 2015年12月30日15時30分

12月31日(木)にNHK総合にて生放送される「第66回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが行われ、出場10回目となる徳永英明が会見に出席した。 '05年に発売した最初のカバーアルバム『VOCALIST』から、中島みゆきの「時代」を歌う徳永は、紅白での歌唱曲について、「『VOCALIST』からだったらなんでもよいですよとNHKさんから言っていただいて、きっかけ [全文を読む]

土方隆行&渡嘉敷祐一の名コンビがプロデビュー40周年を記念したスペシャル・ライブを開催

okmusic UP's / 2015年12月24日19時00分

同時にセッションミュージシャンもしくはアレンジャーとして、浅川マキ、吉田美奈子、松田聖子、浜田省吾、井上陽水、吉田拓郎、角松敏生、玉置浩二、徳永英明、河村隆一等、プロデューサーとしてもエレファントカシマシの「悲しみの果て」、スピッツの「空も飛べるはず」等、数え切れない程のヒット作品に参加している。最近では東京女子流など、いわゆるアイドル系のアーティストの作 [全文を読む]

徳永英明、自身初となるアコースティックスペシャルライブ2DAYS開催決定

okmusic UP's / 2014年12月14日15時00分

徳永英明が人気カバーアルバムシリーズVOCALISTの最新作『VOCALIST 6』を1月21日(水)にリリースすることを記念して、1月22日(木)と23日(金)に豊洲PITで自身初となるAcoustic Special Liveの開催が決定した。【その他の画像】徳永英明累計600万枚を突破した、徳永英明の人気カバーシリーズ『VOCALIST』。女性アーテ [全文を読む]

ももクロ×中島みゆき『泣いてもいいんだよ』の歌詞はなぜ刺さる? 瀬尾アレンジが示す“歌の本質”とは

リアルサウンド / 2014年05月14日16時58分

徳永英明「壊れかけのRADIO」、バンバン「『いちご白書』をもう一度」など、上げればキリがないほどの日本音楽界屈指の編曲家であり、中島とは1988年リリースのアルバム『グッバイガール』以降、ほとんどの楽曲でアレンジを担当する、中島作品に無くてはならない存在である。だが、多くの歌手・アーティストに提供されてきた中島楽曲では、実は瀬尾がアレンジを施した作品は少 [全文を読む]

平原綾香 アルバムMV撮影中に西川貴教が即レスアドバイス

dwango.jp news / 2017年03月29日12時00分

2016年にリリースされた『LOVE』(中島みゆき・財津和夫・玉置浩二・徳永英明ら豪華アーティストが書き下ろしたオリジナルアルバム)の第2章として、「愛」をテーマに豪華アーティストが平原綾香のために書き下ろした楽曲を提供。楽曲提供いただいたアーティストに直筆手紙でオファーし、このコラボレーションが実現した。宇崎竜童(70)、阿木燿子(71)、原 由子(6 [全文を読む]

紅白歌合戦出場歌手決定!ネット上では「乃木坂無念すぎる」「地味に小林幸子もダメ」など

AOLニュース / 2014年11月26日15時30分

<以下、各組の出演者> 【紅組】絢香(7)、E-girls(2)、いきものがかり(7)、石川さゆり(37)、HKT48(初)、AKB48(7)、SKE48(3)、NMB48(2)、神田沙也加(2)、きゃりーぱみゅぱみゅ(3)、香西かおり(18)、伍代夏子(21)、坂本冬美(26)、椎名林檎(2)、天童よしみ(19)、中島みゆき(2)、西野カナ(5)、Pe [全文を読む]

浜崎あゆみ、椎名林檎らが参加する宇多田ヒカルのカバーアルバム“13の解釈“はファンに受け入れられるのか?

メンズサイゾー / 2014年11月12日15時05分

ただ、徳永英明(53)が中島みゆき(62)の『時代』などをカバーして大ヒットを記録したように、カバー曲を通じてアーティストが再ブレイクしたケースもありますし、参加アーティストたちにとっては大きなチャンスになると思います。特に、最近では新曲の売り上げ不振が叫ばれ、ゴシップネタばかりが話題になる浜崎はなんとかこれで名誉挽回できるといいのですが」(芸能関係者) [全文を読む]

やっぱり泣ける!「失恋したときに聴きたい曲」1位はあの名曲!

Woman Insight / 2014年10月24日15時45分

■調査期間 : 2014年9月8日~9日 ■調査:CD&DLでーた編集部 ずらりと名曲が並びました! そんな中、見事1位を獲得したのはプリンセス プリンセスの『M』! つるの剛士さん、徳永英明さん、山崎まさよしさん、エリック・マーティンさんなどなど多くの方がカバーしていることでも有名。名曲はいろいろなアーティストがカバーしているので色褪せないですよね。 中 [全文を読む]

竹内まりや、7年ぶりのオリジナルアルバム『TRAD』が史上初の快挙を達成!

okmusic UP's / 2014年09月16日14時45分

今作の2010年代を加えた4年代連続でのオリジナルアルバム首位は、松任谷由実(70~90年代)、中島みゆき(70~90年代)、徳永英明(80~2000年代)、B'z(90年代~2010年代)らの3年代連続を上回る、男女グループ/ソロを通じ、史上初の快挙となった。 また、59歳6ヵ月でのアルバム首位は、松任谷由実の58歳10ヵ月(2012年『日本の恋と、ユー [全文を読む]

竹内まりや 7年ぶりのアルバムで、史上初4年代連続1位

dwango.jp news / 2014年09月16日12時46分

今作の2010年代を加えた、4年代連続でのオリジナルアルバム首位は、松任谷由実(1970年代~90年代)、中島みゆき(1970年代~90年代)、徳永英明(1980年代~00年代)、B'z(1990年代~10年代)らの3年代連続を上回る、男女グループ・ソロを通じ史上初の快挙となった。また、59歳6ヵ月でのアルバム首位は、松任谷由実の58歳10ヵ月(2012/ [全文を読む]

フォーカス